英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」が、ジャパンタイムズ出版が教材提供する英語学習アプリを開発。プログリット受講生を対象に提供を開始【PR】

【PR:プログリット様】

英語コーチングのプログリット_ロゴ_記事top

 英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、英字新聞や英語書籍を販売する株式会社ジャパンタイムズ出版(本社:東京都千代田区、取締役社長:伊藤 秀樹)が提供するコンテンツを組み込んだ英語学習アプリ「PROGRIT-学習アプリ」を開発し、プログリットの受講生を対象に提供を開始したことをお知らせいたします。

「PROGRIT-学習アプリ」開発の背景

 プログリットでは、学習の進捗管理をスマートフォン上でできる「PROGRIT-学習管理アプリ」を既に受講生向けに提供しております。学習の進捗と予定の管理をスマホ上で行うことができ、受講生の皆様からは大変ご好評をいただいております。このたび、受講時の利便性をさらに高めるため、プログリットでは受講中のシャドーイングおよび多読の教材をアプリに搭載した「PROGRIT-学習アプリ」を開発いたしました。学習管理アプリと併用することで、シャドーイングや多読の学習をスマホ一つで完結することができます。
 今回プログリットが開発した「PROGRIT-学習アプリ」では、今まで書籍の形で提供されていた多読教材や、シャドーイング用音声をアプリに追加し、スマホ上で同じトレーニングを行えるようにいたしました。シャドーイング教材には、英語学習者向けの書籍や新聞を発行しているジャパンタイムズ出版の教材を採用。『英語で聞く 知の最前線1、2』や『The Japan Times NEWS DIGEST 2019.12 特別号―未来をつくる希望の言葉 厳選スピーチ集』といった生きた英語に触れることのできる書籍コンテンツのほか、科学や歴史など多岐にわたる282の課題を追加いたしました。今後も様々な領域や難易度の課題を随時追加し、受講生の皆さまに利便性の高い英語学習を提供してまいります。

「PROGRIT-学習アプリ」の主な機能

 プログリットの「PROGRIT-学習アプリ」は、スマートフォン一つでシャドーイングおよび多読の課題を実施することができる英語学習アプリです。英語の音声に2~3語遅れて発話するシャドーイングでは、ジャパンタイムズ出版提供の教材コンテンツおよびVOA(Voice Of America)の2種類、計294の音声課題を収録(2021年2月現在)。受講生の英語学習における課題や目的を基に、専任のコンサルタントが課題を選定し、提供いたします。アプリでは、指定した区間を繰り返し再生する「AB再生機能」のほか、3秒の巻き戻し/早送り機能を搭載。シャドーイングで重要な「細部における重点的トレーニング」に特化しています。さらに、今回の学習アプリではジャパンタイムズ出版が発行するコンテンツを多数収録。多岐にわたる分野に関する文章だけではなく、シャドーイング音声のスピードもゆっくりとしたものから速いものまで様々な音声を収録しています。話者の英語もアメリカやイギリスだけではなく、オーストラリアやアイルランドなど様々な地域の英語を収録しています。
 多読の課題は全部で114冊分の書籍を収録。シャドーイングと同じく、受講生のレベルや学習目的に合わせて、専任のコンサルタントが多読教材を選定いたします。アプリ上での読書方法としては、画面に文章を表示させるほかにペースメーカーを搭載。読み進めたいスピード(WPM:Words Per Minute)をアプリで設定することで、文章の色がハイライトされて変わっていく機能を付加いたしました。この機能により、受講生が目標としているWPMへ到達しているかどうかを確認できるだけではなく、英語学習の指標の一つであるWPMの向上を実感することができます。

アプリダウンロードURL

App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1525639546
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.progrit.gon&hl=ja&gl=US

※本アプリのご利用はプログリットの受講生のみを対象としております。ご了承ください。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」とは

 

英語コーチングのプログリット_ロゴ_記事top

 英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」は、2016年9月よりスタートした、短期間で圧倒的に英語力を伸ばす英語コーチングプログラムです。今まで10,000名を超える方々にご利用いただき、2021年2月現在、有楽町、新橋、新宿センタービル、新宿南口、渋谷、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎を展開している他、校舎の無い地域や海外からの受講にも対応するためにオンラインコースを開講しています。
 プログリットは生徒様一人一人を専任のコンサルタントが担当し、チャットアプリを活用した徹底的なスケジュール管理やチャットによる学習フォローを実施。従来の英語教室のように「英語を教える」のではなく、英語を学ぶための効率的な学習法を提案すると同時に、そのために必要な時間を作り出すためのコーチングを行います。毎日のやりとりや週に1回の振り返りの面談を通して、英語学習を途中で投げ出さず、最後までやり遂げられるように様々な角度から生徒様を徹底サポートしています。英語力だけではなく、最後まで「やり抜く力」を身に付けることもできる。これが英語コーチングであるプログリットの強みです。

会社概要

株式会社プログリット

 元マッキンゼーの岡田(代表取締役社長)と元リクルートの山碕(取締役副社長)が創業し、短期間で実践的なビジネス英語を習得する英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を提供。前職で、英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考えたことから本サービスを企画・提供。「世界で自由に活躍できる人を増やす」をミッションに、サービスを通じてあらゆる方々にスキルや自信を提供し、一人でも多くの方が世界で自由に活躍できるよう後押ししたい、という想いを込めています。また、ミッションを実現するために5つの大事にすべき価値観である「FIVE GRIT」を決め、社員全員がそれら5つの価値観を大事にしながら毎日成長しています。

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」が、ジャパンタイムズ出版が教材提供する英語学習アプリを開発。プログリット受講生を対象に提供を開始|株式会社プログリットのプレスリリース

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 【開催報告】 若手公認会計士のための勉強会 第3回:IPO支援(株式…

  2. あずさ監査法人の業績ってどうなの?過去6年間の決算書を分析!

  3. 高谷 元悠(株式会社BEC CEO/公認会計士試験合格)

    これからの士業はコミュニケーションに特化していく!?会計士起業…

  4. PEファンドで公認会計士は通用するのか!?3人の会計士が語った投…

  5. 監査法人IPOランキング_2020

    2020年 監査法人IPOランキング!EY新日本が3年連覇、太陽が3位に、…

  6. 第10回公認会計士ナビonLive!!_植西 祐介氏

    人生のバリュエーションを意識したらスタートアップへの転職に抵抗…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント