PwCコンサルティングとスイスのビジネススクールIMD、次世代のビジネスリーダーを育成する日本版リーダーシップ開発プログラムを共同開催【PR】

  • 2017/8/1

【本記事はPwCあらた有限責任監査法人様からのプレスリリースです】

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋、以下、PwCコンサルティング)とIMD(本拠:スイス ローザンヌ、学長:ジャン‐フランソワ・マンゾーニ)は、次世代のビジネスリーダーを育成する日本版リーダーシップ開発プログラムを共同開催します。初回は10月開講を予定しています。

世界的に高く評価されているIMDのリーダーシッププログラムをベースに、多くの企業の変革を支援してきたPwCコンサルティングの知見を加味し、日本向けにカスタマイズした独自のリーダーシップ開発プログラムを両者が共同で提供します。日本において日本語で実施することを特長とし、日本のリーダー教育の基盤を築き、グローバルに活躍できる次世代ビジネスリーダーを日本から輩出していくことを目指します。

講師陣には、先進的な思考と理論、高い教育能力を持つIMD教授と第一線で活躍する現役の経営者ら有識者が名を連ねます。さらに、国際的な経験と実績のあるエグゼクティブコーチが各参加者をサポートすることで、リーダーとしてビジョンを示し周囲を動かす資質の原点となる、深い自己認識と内面化を促します。公開プログラムとしてさまざまな組織から参加者を募る形態で実施し、企業や業界の枠を超えた交流と将来まで続くネットワーキングの機会も用意します。

これまで日本で提供されてきた育成プログラムは、リーダーシップを理論的に学ぶこと、事業創造を目指した知識のインプット、修羅場を経験させることなどに重きを置く傾向がありました。リーダー個人としての志を解き放つ内面化や内省の機会を得るためには、海外で提供される英語のプログラムに参加することが主流となっていました。一方で、英語力に制約のあるリーダー候補者にとっては、自己認識が深まらなかったり、そもそも参加できなかったり、といった課題がありました。本プログラムでは、そうした課題を解決するために、日本のビジネスパーソン向けに日本語で実施します(IMD教授のセッションは日英同時通訳)。

昨今の日本企業は、グローバル化やデジタル化に対応するための変革を加速しています。新しい枠組みを提示し、多様性ある組織を牽引できる次世代ビジネスリーダーを発掘、育成することは、日本の経済社会にとって喫緊の課題です。IMDとPwCコンサルティングは互いの経験、知見を持ち寄り、こうした課題の解決に取り組みます。

本プログラムについて、IMD北東アジア代表の高津尚志は以下のようにコメントしています。

「日本の経済社会にとって、リーダーシップを持った人材の不足は、深刻な課題です。IMDは、この機会を通じて、日本に世界水準のリーダー教育をもたらすことができることを嬉しく思っています」

PwCコンサルティングの組織人事・チェンジマネジメントプラクティスチーム パートナーの佐々木亮輔は以下のようにコメントしています。

「このプログラムにより、IMDに受け継がれる心理面のリーダーシップの発揮を促し、かつ日本文化にカスタマイズした新時代の日本のあるべきリーダーシップに訴えかけることができれば、リーダー個人だけではなく社会的意義も大きいものとなります」

さらに、PwCコンサルティング ストラテジーコンサルティング(Strategy&) パートナーの唐木明子は以下のようにコメントしています。

「自社の将来を切り拓く戦略を、見通しの難しい環境において、自己変革を経て、確実に実践するためには、真のリーダーシップを発揮することができる人材の重要性が増しています。このプログラムはそのような状況に対応するべく発案しました」

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細を見る

Strategy&について

Strategy&は、実践的な戦略策定を行うグローバルなチームです。私たちはクライアントと共に困難な問題を解決し、大きな機会を実現するお手伝いをし、本質的な競争優位を獲得することを支援しています。私たちの100 年にわたる戦略コンサルティングの経験と、PwC ネットワークの持つ比類のない業種別、機能別のケイパビリティとを提供します。世界157 カ国に223,000 人以上のスタッフを擁し、監査、税務、アドバイザリーのサービスを提供しているPwC ネットワークの一員です。

詳細を見る

IMDビジネススクールについて

IMDは、トップランクのビジネススクールです。リーダーを育み、組織を変革し、即効性と持続性を伴うポジティブなインパクトを生み出します。スイスとシンガポールに拠点を持ち、先進的な思考と実践的な経験を持つ卓越した教授陣を擁し、経営幹部が直面する現実課題にフォーカスし、特定の国家や世界観にとらわれない知的・文化的多様性を背景に、世界でプログラムとサービスを展開しています。詳細はwww.imd.orgをご覧ください。

詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  2. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  3. 監査証明
    2012年の監査法人IPOランキングです。 その他の監査法人ランキング記事一覧はこ…
  4. みなさん、こんにちは。公認会計士ナビ運営事務局です。 ここ数年、景気の回復とともに独立される公認会…
  5. 論文式試験を終えた会計士受験生は、試験の合否が気になる一方で、合格後の進路が気になる人も少なくないだ…
  6. 公認会計士 男女
    公認会計士の年収ってどれくらい? 公認会計士の年収はどれくらいなのでしょうか?今回、公認会計士の年…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る