プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ、日本企業のサステナビリティ対応と国際競争力強化を支援する会員制フォーラムを設立し、運営開始【PR】

  • 2015/8/5

【本記事はPwCあらた監査法人様からのプレスリリースです】

サステナビリティ対応に関する最先端の知見の提供とワークショップの開催


プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社

プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社(所在地: 東京都中央区、代表取締役社長: 三橋 優隆)は、サステナビリティへの対応の強化によって企業価値の向上を目指す、あるいは競争優位を確立しようとする企業を対象に、会員制の年次フォーラム「Strategic Sustainability & Innovation (ストラテジック サステナビリティ & イノベーション)フォーラム」(以下、「SSIフォーラム」)を設立し、本年7月から運営を開始しました。初年度は、各業界より11社を会員に迎え、サステナビリティに関する世界の最新トレンド・知見の提供、およびワークショップでの議論を通した実事業への落とし込みによって、各会員企業が長期的な国際競争力を高めるための支援を行います。

「SSIフォーラム」発足の背景

近年、世界的な人口動態の変化、経済力のシフト、都市化の加速、気候変動と資源枯渇、および技術の革新的な進歩(世界的なプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCではこの5つを「メガトレンド」*と呼ぶ)など、企業を取り巻く環境はかつてないスピードで変化しています。これらの世界規模で生じている急速な変化は、企業にとってリスクと捉えられがちですが、同時に新たなビジネス機会でもあります。

海外の先進企業の多くは、こうした環境変化を長期持続的な成長に結びつけるために、率先して自己変革を続け、新たなビジネス機会の獲得に積極的に取り組んでいます。サステナビリティへの対応を強化することで、新規市場の早期獲得やブランディングなどを戦略的に進め、競争相手に対する優位性を確保しようとする動きといえます。

一方、日本企業の多くは、サステナビリティを法令順守や風評リスクに対する「リスクマネジメント」の一環として捉える段階に留まっているのが現状です。当社は、サステナビリティに対する企業活動を、長期的な企業価値向上のためのビジネスアプローチとしてコアビジネスにどう結び付け、新たなビジネス機会の獲得につなげていくのか、そのための知見と議論の場を提供すべく、本「SSIフォーラム」を設立しました。

「SSIフォーラム」の概要

対象

長期持続的な価値創造を目指す企業の役員、実務責任者(各業種1社を基本とする)

活動内容/開催期間・頻度

開催期間を1年間とし、計6回のワークショップ/セミナーを実施(初年度は2015年7月から1年間)

特徴

1. 異業種間の質の高い議論の場の提供
世界のメガトレンドが自社に及ぼす影響とビジネス機会・リスクに関する講義を行うとともに、対象企業を1業種1社に絞ることで、率直な意見交換・議論の場を提供

2. 世界の動向に関する情報へのアクセス
PwCおよび外部の専門家が、ワークショップ/セミナーを通じて、メガトレンドに対応した投資家や市場の動き、新しいビジネス機会など、世界的な動向に関する情報を提供

3. アクションにつながる検証機会の提供
サステナビリティをはじめ、ストラテジー、オペレーション、人事・チェンジマネジメント、ディスクロージャーなどの分野の専門家によるワークショップを行うことで、各テーマが自社ビジネスとどのように関係するかを各参加者が検証し、次のアクションにつながる第一歩となるよう誘導

主なテーマ(予定)

  • メガトレンドと長期的価値創造
  • 途上国市場における長期的成功とグッドガバナンス
  • 競争力強化に向けたイノベーション
  • 欧米の投資家の責任投資に関する動向と日本への影響
  • レジリエント・カンパニー
  • ディスクロージャー・イノベーション

初年度の会員企業

各業種1社、計11社 (50音順)
味の素株式会社
サントリーホールディングス株式会社
株式会社資生堂
豊田通商株式会社
日揮株式会社
日本電気株式会社
本田技研工業株式会社
株式会社三井住友銀行
三井倉庫ホールディングス株式会社

ほか

当社は来年度以降、希望に応じて今年度会員企業の継続参加を募るとともに、新規参加企業を募集し、本支援の拡大を図っていきます。また、本フォーラムを通じて得られた情報・知見をもとに、日本企業の抱える課題の分析を深め、企業のボトルネック解決に向けたサービスの提供を強化するとともに、適宜政策や社会への提言を発表していく予定です。

以上

*メガトレンドとは、世界の在り方を形作るほどの力を持った経済のマクロな動きを指します。
メガトレンド~5つのメガトレンドと潜在的影響

プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社について
プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ株式会社は、日本企業のさらなるグローバル化とサステナブルな企業価値向上への貢献を目指し、157カ国に及ぶPwCグローバルネットワークと連携しながら高品質で最先端のサービスを提供しています。サステナビリティ情報の開示に関するコンサルティング、CSR戦略策定および課題解決の支援、環境・サステナビリティ情報の保証サービスを提供し、クライアントを支援しています。
PwCについて
PwCは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに195,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスの提供を通じて、企業・団体や個人の価値創造を支援しています。詳細はwww.pwc.comをご覧ください。
PwC Japanについて
PwC Japanは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立して事業を行い、相互に連携をとりながら、監査およびアシュアランス、ディールアドバイザリー、コンサルティング、税務、法務のサービスをクライアントに提供しています。

引用元:プライスウォーターハウスクーパース サステナビリティ、日本企業のサステナビリティ対応と国際競争力強化を支援する会員制フォーラムを設立し、運営開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. KEPPLE_神先氏
    ベンチャー企業・スタートアップ(以下「スタートアップ」)の公認会計士・税理士(以下「会計士等」)…
  2. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公…
  3. 本日、平成26年11月14日(金)、平成26年公認会計士試験の合格者が発表されました。 合格者…
  4. 弥生_30周年企画_後編_サムネイル画像
    弥生会計30周年企画として、1987年と2017年の税理士・会計士の独立を比較する本企画、前編で…
  5. 公認会計士業界時事ニュース
    東芝の不正会計問題を巡り、各メディアが毎日のように報道しています。 膨大な記事の中から、東芝事件の…
  6. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る