3週間でTOEIC®550→680の130点アップ。ポイントは「素直にコンサルタントについていく」こと:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_利用者インタビュー転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、英語コーチングのプログリットを利用頂いた方々へのインタビューをお届けします

3週間でTOEIC®550→680の130点アップ。ポイントは「素直にコンサルタントについていく」こと。

A.M

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は3週間でTOEIC®550→680の130点アップを達成したA.Mさんにお話を伺いました。

まず、なぜ英語を勉強する必要があったのか教えていただけますか?

「会社での昇進のため」というのが一番大きな理由ですね。

プログリット受講の短期間でTOEIC®の点数がグッと伸びましたね。

はい。550点くらいだったんですが、受講3週間で685点にまで上がりましたね。

なぜプログリットを選んでくださったんでしょうか。

期限が迫っている中、プログリットが一番短い期間で効果が出そうだと思ったからです。

色々なサービスを調べて、その当時は、「短期間で一気に伸びる」と言っているところはなかったんです。

プログラムについて、良かったことは何でしょうか?

現状の英語力を計った上で、「目標に対して何が足りないから何をしないといけないのか」をベースに、その課題に合わせたスケジュールとカリキュラムを組んでもらえたことがよかったです。

やりながらスケジュールを組み直してもらえるのも嬉しかったですね。常に自分の進捗度合いに合わせて調整してもらえたので、自分の目標に対して常に最短距離であるということ感じられました。

学習をやっていく中ではどうでしたか?

一日一回シャドーイングを送らなければならないとか、今やっている勉強に対して進捗管理を報告するというのは良かったですね。

一人だと何をどれだけやっていいかわからないじゃないですか。その報告ができて進捗管理をしてもらえたのが良かったです。

シャドーイングはすごく上達されましたよね。

シャドーイングは特によかったですね。シャドーイング自体は自分でできるんですけど、「やり方や発音が間違ってますよ」って誰も言ってくれないんですよね。

プログリットでは、今日こそは満点だろうと思って自信満々で提出した音声も、コンサルタントの方にいっぱい添削されるんです(笑)

その度に「もっと頑張ろう!」と思いました。

「Mさんならできる!」と思って添削してましたよ(笑)

シャドーイングはやっぱり人にチェックしてもらうのが本当に大事だなと思いました。添削されている所がリスニングで聞き取れていないってことなので。

最初は子音を抜かす癖があったのですが、だんだん発音できるようになりました。大変でしたけどすごく効果がありましたね。

英語で何と言っているのかを自分で聞き取れるようになったら、あとは単語の意味を考えるだけ。耳がよくなったとも思います。

実生活で英語力の向上を実感された場面はありますか?

映画の『Back to the Future』を見ていて、字幕見ないでもわかるぞ、と思ったことですかね。

字幕より多くのことを実際の映画の中では言っていることに気づけたんです。前は字幕だけ読んでましたけど、実はもっといっぱい言ってるぞと。

素晴らしい成長実感ですね。

日常生活の中で英語を聞いた時にも何度かそういうことがありましたね。

面談で印象に残っていることはありますか?

毎週単語テストをやるんですけど、しっかり勉強していたつもりでも、テストをやると意味が出てこない単語が結構あるんです。テストの度に「まだまだだな」と感じられたのは良かったですね。

あと、週次でコンサルタントの方と来週何をするのか決められるのもすごく良かったですね。

お仕事が忙しい中で、学習を続けるためにどんな工夫をされていましたか?

「休まない!全部やる!」それだけです。「隙間を見つけてやる」ではなく、常にやってました。

それ以外の工夫というと、朝の時間を活用したことですね。

確かに、Mさんからの学習報告は全て朝でしたね。

そうですね、朝の時間絶対やるというのと、夜は帰ったらテレビを見ない。それを毎日同じ時間で、同じペースでやり続けました。

朝何時の電車に乗って、単語ここまでやって、何時何分までやって、とルーティーンを決めていましたね。

もちろん、仕事中は仕事だけに集中していました。

ON/OFFのメリハリをしっかりつけていたんですね。モチベーションはどのように維持されていましたか?

僕にとってモチベーションはあまり関係なかったです。やるかやらないかしかなかったので。

やらなければ信頼に関わるので、お尻に火がついたというか、お尻半分くらい削られているような感覚でやっていました。

シャドーイングの練習やTOEICの模試を弊社の自習室でもされてましたよね。

模試は結構やりましたね。模試は自分のタイミングでやるのが難しいんですよね。

自分の部屋でやっていると、リスニングパートが終わった後に一息つきたくなるんですけど、本番はそんなことできないので。

気分を変えて臨むために自習室に来ていました。

よく自習室を使われていたので、他のコンサルタントとも仲良くなっていましたよね。

そうなんです。

期間中にTOEICの目標点数を達成できたことをLINEで報告したら、コンサルタントの方が電話をくれて、他のコンサルタントの方も含めてみなさんでお祝いしてくださったんです。

あれはすごく嬉しかったですね。

最後に、忙しい方でプログリットの受講を検討している方にメッセージをお願いします。

忙しくてもできます!

忙しくてやるのを迷っているのであれば、それを理解した上でどうしていくのかをコンサルタントの方が考えてくださるので大丈夫です。

個人によってそれぞれのカリキュラムを組んでくださるので、「何をしたらいいんだろう」と自分で考える必要はありません。始めて、やるだけです!

→他のインタビューを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:3週間でTOEIC®550→680の130点アップ。ポイントは「素直にコンサルタントについていく」こと。 | 短期で伸びる英語コーチング プログリット(PROGRIT)

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士のキャリア小六法_第6回サムネイル

    【第6回】同期や上司とどこで差がつく?会計士の転職に影響する要素…

  2. 公認会計士試験 合格者数

    平成24年(2012年)公認会計士試験 合格発表に関する考察

  3. 木下 慶彦(Skyland Ventures 代表パートナー)

    ベンチャーキャピタリストが語った、スタートアップを目指す会計士…

  4. 株式会社エスネットワークス

    会社紹介ムービーを公開しました:株式会社エスネットワークス【PR】

  5. 証券化・SPCビジネスのパイオニアが語ったトレンドと未来とは!?サムネイル画像

    証券化・SPCビジネスのパイオニアが語ったトレンドと未来とは!?公…

  6. 辻・本郷税理士法人とアルトアが目指す財務支援の新たな形

    オンライン融資が会計事務所の仕事を変える-辻・本郷税理士法人と…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント