監査を真剣にやってきた会計士なら、FASでもそのスキルが活きる-会計士がFASで活躍するに必要なこととは?【第6回・公認会計士ナビonLive!!(2)】

  • 2017/3/14

来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャンはあるのか?」「独立・開業を選んだ会計士たちが語る、独立の苦楽や戦略」をテーマに第7回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。

本記事では第7回の開催に向けて昨年8月に開催された第6回・公認会計士ナビonLive!!の内容を振り返ります。

第6回 公認会計士ナビonLive!!の第1部トークセッションでは、「公認会計士とFAS・コンサルティング」をテーマに、FASやコンサルティング業界で活躍する4名の公認会計士が、それぞれのキャリアやFAS・コンサルティング業界での会計士の活躍フィールドについて語りました。

※本記事はセッションでの発言を一部補足・編集した記事となっております。

第6回 公認会計士ナビ on Live!!
~公認会計士×「FAS・コンサルティング」「ベンチャー・スタートアップ」~

【日時】 2016年8月20日(土)13:30~16:30
【場所】 野村コンファレンスプラザ日本橋6階
【第1部 トークセッション テーマ】FAS・コンサルティング×公認会計士
【登壇者】
・豊田 康一郎(株式会社経営共創基盤 マネジャー/公認会計士)
・進士 敦史(株式会社クリフィックスFAS アシスタント・マネージャー/公認会計士)
・佐藤 淳(YCP Holdings Limited/旧ヤマトキャピタルパートナーズ 公認会計士)
・城田圭央利(税理士法人平成会計社/公認会計士・税理士)

※登壇者の役職、肩書等はイベント開催時のものです。

会計・税務・FASはつながっている -会計・税務・FASを一体で行うことによって見えてくる面白さ

第6回 公認会計士ナビonLive!!城田氏“ width=

城田 圭央利

(税理士法人平成会計社/公認会計士・税理士)

1986年生まれ。2010年に中央大学商学部会計学科を卒業後、会計事務所でのアルバイトを経て、2011年公認会計士試験合格、2012年に税理士法人平成会計社へ入社。 平成会計社では、オーナー系企業から大会社まで幅広い企業に対する記帳代行や税務申告業務、また、連結決算や決算・開示サポート、組織再編に係る分析や会計税務アドバイザリー、M&A関連のデューデリジェンス、バリュエーション、インフラファンドによる会社組成に係るキャッシュ・フロー分析など多岐に渡るFAS・コンサルティング業務にも従事。

※役職等はイベント開催時のものです。

 

税理士法人平成会計社にてコンサルティング業務に従事する城田氏。会計・税務・FASを一体としたサービスを提供する平成会計社にて、公認会計士としての強みはどう活かされているのか?本セッションでは、城田氏が業務を通じて得た経験やキャリア観について語ってくれた。

会計・税務・FASはつながっている、すべてを一体で行うことの面白さ

「女性でも長く働ける資格だと思い、会計士を目指した」と会計士を目指したきっかけを語った城田氏。会計士試験勉強中に会計事務所でアルバイトをした経験から、よりお客様に近いところで働きたいと、合格後は監査法人ではなく税理士法人への就職を選んだという。 そんな城田氏は現在勤務する平成会計社での業務内容や、やりがいについてこう語った。

新人の頃は、会計・税務の顧問業務が8割くらいから始まり、年次が上がるにつれて、コンサルティング案件に携わる機会も増え、現在では、ルーティンである顧問業務とスポットであるコンサルティング業務をだいたい、6:4くらいの割合で行っています。

顧問業務では、オーナー系企業から大手の上場企業まで、会計の記帳代行や、税務申告書の作成、月次の税務会計のレビューなどを行っていて、コンサルティング業務では、デューデリジェンスや、株価算定、合併や分割といった組織再編に関するアドバイスなどを行っています。

会計と税務とFASは、分野としては分かれていますが、やってみるとつながっているところが結構ありそれぞれの繋がりに面白さを感じます。

例えば、当社では、デューデリジェンスを行う際に、会計のデューデリジェンスと税務のデューデリジェンスをセットで委託されるケースが多いのですが、税務申告書を見ていて発見したリスクは会計だけだと見つからないことが多かったり、また株価算定のときに、会計ベースの貸借対照表で求めた株価と、税務調整を加えた後の株価の両方を求め比較する際、わりと大きな差が出たりすることもあります。

このように、一方では見えなかったところが両方やることによって違う側面が見えてきたりすることが、とても面白いなと感じています

加えて、また、城田氏は、こういった会計・税務・FASのすべてに携われるようになるために、会計からスタートし、税務、FAS・コンサルティングへと経験の幅を広げていったとも語った。

会計・税務・FASそれぞれの知識をつけて来た過程を言うと、私の場合は、会計士であることから会計に馴染み深かったということで、まず会計から初めました。

また、税理士法人に就職したことで、税理士の方がたくさんおり、そういった方からのサポートや刺激を受けて、次に税務の知識をつけていきました。

日々の業務を通じて会計や税務の基礎固めをして、最後に、FAS、コンサルティングという順番で経験を広げてきました。

忙しいFAS・コンサル、仕事とプライベートのバランスはとれるの?女性会計士としてのキャリアは?

第6回 公認会計士ナビonLive!!城田氏 会場では、参加者からの質問を受け、「FASやコンサルティングの仕事は忙しいと思うが、仕事とプライベートのバランスをどのようにとっているのか?」との問いに城田氏はこう答えた。

税務や会計の顧問業務に関して言うと、決算期だったり、四半期だったりと忙しい時期は読めますので、それ以外の時期は、自分の知識を身につけることに使ったり、リフレッシュのために旅行に行ったりと、うまくメリハリをつけることができています。

反面、やはりFASやコンサルティングとなると、短い期間にスピーディーに行う仕事もあるので、その際はかなり忙しくなります。

ただ、平成会計社では、コンサルティング案件に携わる際には、まず全社で募集がかかって、やりたい人が積極的に関わっていく形をとるので、やりたいときはもちろん手を挙げますし、今月はちょっと休みたいなと思う時はコンサルティング業務でなくルーティン業務に精を出して通常通りの業務スケジュールで働く、といったワークバランスを採っています。

また、最後に、本セッション唯一の女性登壇者として、城田氏は、女性会計士としてのキャリアにも言及してくれた

平成会計社の中でもロールモデルになれるような女性会計士になっていきたいと思っています。

当社では、17時に業務を切り上げられるエキスパート職という職種もあって、子どものいる会計士や税理士の方がエキスパート職に就くことができるのですが、そういった制度を活用してうまく仕事と家庭を両立して、子どもが手から離れたらまた専門職に戻ってバリバリ働く、というようなキャリアプランも一案として考えています。

と、平成会計社の制度を活用することによって、女性会計士としてのキャリアプランも描きやすい環境で働けていると語った。

監査を真剣にやってきた会計士なら、FASでもそのスキルが活きる-会計士がFASで活躍するに必要なこととは?

第6回 公認会計士ナビonLive!!進士氏

進士 敦史

(株式会社クリフィックスFAS アシスタント・マネージャー/公認会計士)

千葉大学工学部卒業後、大手システム会社でシステム開発に従事。2011年公認会計士試験合格。中堅監査法人で、上場企業の会計監査、システム監査業務を経て、トランザクション・サービス部門に転じ、現在は株式会社クリフィックスFASにて、クロスボーダー案件を含む財務デューデリジェンス、株価評価及び取得価格配分評価(無形資産評価)等を中心としたM&A、事業再編支援業務を担当。

※役職等はイベント開催時のものです。

 

大手システムインテグレーターからキャリアをスタートし、会計士へとキャリアチェンジした進士氏。監査法人勤務を経て、現在は、大手監査法人のトランザクション・サービス業務の経験者が参画するクリフィックスFASにて、財務デューデリジェンスや株価評価、PPA(無形資産評価)などのアドバイザリー業務に従事している。

本セッションにおいて、進士氏は、監査からFASへキャリアチェンジをした経験や、FAS業務で得た知見をもとに、会場の若手会計士たちにアドバイスを送った。

FASは監査の経験や士業としての強みが活きやすい領域

監査法人からFASへとキャリアチェンジした進士氏、その際に感じた監査経験の強みや、FASでのやりがいを語った。

当社(クリフィックスFAS)では、大手ファームのようにサービスラインごとにチームを分けておりませんので、デューデリジェンス、事業計画の作成支援、バリュエーション、PPA(取得価格配分評価)というところまで、一気通貫で携わることができる面白さがあります。

例えば、最近従事した某上場企業から事業をカーブアウトする案件ですと、(1)まずはデューデリジェンスを通じて、実績を調査します、(2)それをもとにシナジーあるいは戦略を加味した事業計画の策定支援および株価評価を行い、(3)PPAで無形資産を識別、評価していく、といったことに携わりました。

このように一気通貫で業務を行って、さらには、PMI(統合支援)という側面から、投資後のバリューアップのために、デューデリジェンスなどで発見した課題をどう解決するか、内部統制や連結での処理をどうするか、といった観点でお客様と関わっていくのですが、会計士として行ってきた監査での経験や知識が直接活かすことができる領域だな、ということをすごく実感しています。

また、FASと監査の違いに関して、個人がフォーカスされやすい点も魅力として挙げた。

FASの仕事で印象に残っていることを挙げますと、ある案件を終えたあとに、そのクライアントの方が私の上司に「進士さんがすごく良かった」と言ってくださったことがありました。

FASの業務は、限られた人数かつ短期間で調査する、突貫工事のような面もあるため、決して楽なことばかりではありません。しかしながら、クライアントに感謝され、自分の仕事の価値を評価頂くことはとても嬉しいことだと思いますし、ご指名で「次も進士さんでお願いします」と仰って頂けるのは、会計士としての自分自身の価値を実感できる、FAS業務の醍醐味と思います。

今日の参加者の方々は、監査に従事されている方が多いかと思います。監査ですと(特に大きいチームでは)、自分の価値を客観的に把握しにくい面もあるかと思います。会計士としての価値を高めていくことを意識しながら働くことができるFAS業務に転身したことは、私にとって良い選択だったと確信しています。

監査に真剣に取り組むこと、それがFASでも活きる

第6回 公認会計士ナビonLive!!進士氏 また、進士氏は、FASの現場についても語り、ひと言にFASと言っても、クライアントによって求められるものやコミュニケーションのとり方も違ってくる、と述べた。

今、FAS業務で関わるお客様には、大きく3種類のお客様がいます。ひとつは、大手の上場企業の経営企画部門の方々、ふたつめは、投資ファンドの方々、そして、最後に非上場企業の社長や役員の方々です。

FAS業務では、同じような案件の依頼でも、お客様によって求めるものが異なります。

例えば、投資ファンドですと、投資のプロフェッショナルですから、我々のようなFAS会社が何ができるか、を熟知されているので、デューデリジェンスやバリュエーションについて専門家としての依頼が多く、求められる水準も高い傾向にあります。

一方で、上場会社ですと、もちろん求められる水準もさることながら、開示等も念頭に考えられることも多いと言えます。デューデリジェンス、バリュエーションはもちろん大事なのですが、内部統制の視点から問題がないか、連結の際の会計上の課題の有無等、買収後も意識されるお客様も多くおられます。クライアントや案件によってメリハリが異なり、多様なアプローチが必要だなと感じています。

また、進士氏は、FASにチャレンジするならば、監査を真剣にやっておくことは大切とのアドバイスも送った。

私がFAS業務に関わって感じたのは、監査で活躍されておられる方、監査を楽しんでおられる方は、実は、FAS業務にすごく合っているのではないか、ということですね。

なぜかと言うと、監査とデューデリジェンスを比較してみても、立ち位置は異なりますが、本質的には共通する部分が多いように思うからです。例えば、不正の兆候じゃないですけど、財務諸表上の違和感を感じた際にそれをどれだけ掘り下げることができるか、といった基本的な能力は、監査では不可欠だと思いますが、FAS業務でもやはり重要なスキルのひとつだったりします。

さらに言うと、監査で細かく色々なところをしっかりとご覧になっている方のほうが、FAS業務では好まれるという点があります。皆さんの中にも、監査で、工数の問題だったり様々な理由から、論点には触れても解決するでもなく結局課題が放置されるケースもあるかと思います。もどかしさを感じたことがある方もおられるでしょう。

けれども、FAS業務、特にデューデリジェンスにおいては、発見した論点やイシューをどう解決するかという将来の話が出来るので、しっかり見ることがお客様に喜ばれるんですね。 従って、例えば、真剣に監査に取り組まれて、なぜこの手続をするのか、ということを愚直にひとつずつ考えて業務を遂行されてきた方は、FAS業務でも大いに活躍できるのではないかと思っています。監査でご活躍されている方は是非この業界にも飛び込んで下さい。

公認会計士ナビの転職エージェントサービス

公認会計士に専門特化した転職エージェント

公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、公認会計士を専門とした転職エージェントサービスを行っております。業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。転職活動やキャリアプランの作成を親身に、かつ、論理的にサポートします。

本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。ご希望の方は下記よりお申込みください。

転職エージェントサービスを見る


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 求人情報_画像_求人用thumb
    2015年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2015年のI…
  2. 石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!
    来る2018年9月1日(土)に東京・茅場町にて「会計士とスタートアップの関わり方」「“フリーラン…
  3. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…
  4. 公認会計士の多くが所属し、会計士試験合格者の大半の就職先にもなるBIG4と呼ばれる4大監査法人(…
  5. ビーロット_B-lot-Bridge_サムネイル
    2018年2月2日、株式会社ビーロットが東証マザーズから東証一部への市場変更を果たした。公認会計士ナ…
  6. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る