監査には心が共鳴しない…別の仕事をするべき!?:くわえもんの“会計士の悩みはオレに聞け!”vol.27

このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさんのお悩みに答えます!

 さあ、みんなくわえもんに相談してみよう!

くわえもんとは?

公認会計士・税理士・高桑昌也氏_くわえもん

高桑昌也 通称“くわえもん”

公認会計士・税理士
TKW M&Aファイナンス会計税務事務所
代表公認会計士

麻布高等学校・慶應義塾大学卒。大学在学中の2000年に公認会計士2次試験に合格。中央青山監査法人、金融庁への出向、都市銀行でのデリバティブ業務、コンサルティング会社(エスネットワークス)を経て現職。さそり座O型。秋田県男鹿半島出身。 
趣味:写真、旅行、夜の麻布・六本木 

【参考サイト】

今回のお悩み:監査には心が共鳴しない…別の仕事をするべき!?

今回の相談者


ふーじー さん

※写真はイメージです。

相談内容

くわえもん先生、こんにちは。 

私は、監査法人に勤めている会計士ですが、会計・監査にあまり興味を抱かず、最近では低空飛行のモチベーションが続いています。 

新人の時から、会計論点について周りが熱くなって議論している様子に、どこか冷めた目で見てしまう自分がいました。インチャージになれば目線も変わってくるはずだと思っていましたが、特に心境に変化はありませんでした。 

環境面(割と自由に働ける、人間関係が固定されていない)や収入面は一般企業に比べれば遥かによく、業務自体も頭では素敵な仕事なんだろうなとは思うのですが、心が共鳴しません。 

会計士の仕事は経済的な基盤として割り切って非常勤などで続けて、会計・監査とは全く関係のない仕事についてしまおうという気もしているのですが、くわえもんさんはどのように思われますか? 

くわえもんからの回答

ふーじーさん、こんにちは!
くわえもんです。

夏ですね!毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
えっ 気持ちが「低空飛行」。
それはいけません。高度は高めで、気持ち良く飛んでいきましょう。

さて、なぜ監査に「心が共鳴しない」のか?

ふーじーさんの周りには、会計論点に向き合って熱い議論を交わすような人たちもたくさんおられるようなので、ふーじーさんも監査の「魅力」は頭では理解されているのかもしれません。
でも、それはふーじーさんには響かないのですよね。

では、逆に、何が好きではないのか考えてみましょう。

以下は、私がこれまで、ふーじーさんと同じように監査に心が共鳴しなかった会計士の同僚や後輩から貰った意見です。

  • 監査では、相手が経理部長なので、どうしても会計の話が中心になり、経営のリアルに触れる楽しさがない。
  • 経営者と大局的な議論をする場がない。監査人の立場プラス経営の指南役としての役割が果たせないし、そもそも求められていないと感じる。
  • 監査の作業が、クライアントの作った数字のトレースで、正直生産性を感じない。
  • 監査対応時にクライアントから嫌がられる。「ありがとう」と言われない。本当は人から感謝されたいのに。
  • 企業会計が高度化した一方、論点らしい論点が減った。一方、監査法人の審査部門が求める会計処理が保守的であり、会計的な議論の余地がなくなったと感じる。
  • 「パートナー」が中間管理職のように見えてしまい、昇格への魅力が薄れてしまった。
  • 監査・審査会や会計士協会のレビュー対応など、後ろ向きな作業が増えた。
  • 内部統制など、どちらかというと労働集約的な業務が増えた。
  • 四半期開示となり、通年で忙しくなった。メリハリが利かない。リフレッシュできない。

いかがでしょう?
ふーじーさんに当てはまるものはありますでしょうか。

なぜ心が共鳴しないのかが見えてくると、どうすべきか、何をしたいのかも見えてくるかもしれません。それをヒントにどんな働き方や仕事をするか決めても良いでしょう。

私も23歳くらいの時に閉塞感を感じ、思い切って監査法人から金融庁に働く場所をシフトしました。
もし気が病んでしまうようなら、プレイする場所を変えるのも一つの手です。

公認会計士は監査のみならず、コンサルティングや企業経営など、活躍できるフィールドは広めです。より自分の良さが活かせて、やりがいがあり、気持ちが「すっきり」する領域を探してみてください。

くわえもんの会計士の悩みはオレに聞け!過去記事一覧はこちら

くわえもんへのお悩み相談を募集しています!

『くわえもんの“会計士の悩みはオレに聞け!”』では、皆様からのお悩み相談を募集しています!

あなたのお悩みをお聞かせ下さい!くわえもんが回答します!

⇒お悩み相談への応募はこちら

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生PAPカンファレンス2018

    会計事務所の未来を見通すポイントはテクノロジーの進化と社会的背…

  2. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    独立を成功させたい!富裕層や資産家との人脈を作るにはどうしたら…

  3. 四大監査法人を比較する_2019年10月版

    【2019年10月版】四大監査法人の決算比較!BIG4の業績(売上・利益…

  4. 公認会計士業界時事ニュース

    会計士の婚活パーティーを協会が主催!?など3件まとめ:今月の会計…

  5. 東京共同会計事務所 進化するFSビジネス 第三回 thumb

    第3回:Fintechの許認可にも対応する行政書士と会計事務所グループ…

  6. 会計事務所のステージによって重視すべきことは異なる/東京共同会…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント