96%が来年もfreeeで確定申告を希望。クラウド会計ソフト freee が2015年確定申告期のアンケート調査結果を発表。 〜 クラウド会計の利用が急速に進み freee 登録事業所数は3月末で30万到達見込み 〜【PR】

  • 2015/3/30

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

 

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、クラウド会計ソフトシェア No.1 (※)の個人事業主・中小企業のための会計ソフトです。銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化。簿記の知識がなくても簡単にご利用いただけます。

2015 年 3 月 30 日、クラウド会計ソフト freee は 2015年2-3月に確定申告をfreeeで行ったユーザーに関するアンケート調査結果を発表致します。
またクラウド会計ソフト freee をリリースして2度目の確定申告期となった今年は、去年の同時期を圧倒的に上回る伸びでユーザー数が成長、2015年3月末で30万事業所を突破する見込みです。

300,000

2015年確定申告期アンケート調査結果概要

クラウド会計ソフト freee は1年に渡る確定申告向け機能改善の結果、大変多くのユーザーに満足頂き、96%もの方が来年もfreee を使いたいと考えていることが明らかになりました。特に好評を頂いている点は「簡単さ」「手厚いサポート」で、チャットサポートの利用率は半数を超えています。
また54%ものユーザーがモバイルアプリを利用して確定申告へ向けての作業を行っており、個人事業主の経理業務・確定申告作業のモバイル化の傾向が伺えます。

調査結果

1)2015年確定申告期はユーザー満足度が86%と去年に比べ大幅に上昇。96%が来年もfreeeを利用予定。

freeeリリース後2度目の確定申告期となる今年は、1年間のサービス改良やサポート体制強化の結果、昨年同時期と比べ、ユーザーの満足度が66%から86%と大きく向上致しました。

freeeの満足度
※ 満足・やや満足と回答したユーザーの割合

また、freeeで確定申告をしたユーザーの96%は来年も freee で確定申告をする予定という結果からも、ユーザーの方にとってfreeeが必須のサービスとなっていることがわかりました。

来年もfreeeで確定申告を行う予定か

2)簡単さ・手厚いサポートが好評。確定申告にかかる時間は1人あたり13時間18分削減。チャットサポートの利用経験のあるユーザーは 54%に。

今回のアンケート結果より、freeeをご利用いただくことで確定申告にかかる時間が1人あたり13時間18分削減できることがわかりました。また freee を導入した理由は以前と変わらず「簡単でわかりやすい会計ソフトを探していた」が1位で、freee の簡単さが多くのユーザーに満足して頂ける要因になっております。

freee導入のきっかけ

また、freeeユーザーには「チャットサポート」が浸透してきており、会計ソフトのような業務ソフトウェアでもチャットを用いて迅速に問題解決することがユーザーの満足度向上につながっていると考えられます。

チャットサポート利用率

3)確定申告作業におけるモバイルシフトが始まった 2015 年。確定申告作業におけるモバイルアプリ利用利用率は54%。

本アンケート結果より、確定申告の作業に freee 公式 iPhone アプリ・ Android アプリを利用したユーザーは56%に登ることがわかりました。

モバイルアプリ活用率
更に利用者のうち12%はモバイルアプリで確定申告書類の作成まで行っていることが明らかになり、スマートフォンを用いた新しい確定申告のスタイルが来年以降は更に広まっていくことが考えられます。

モバイルアプリの用途

調査概要

  • 調査名:freee 確定申告に関するアンケート
  • 調査期間: 2015年3月18日〜3月22日
  • 調査対象: 平成26年分の決算書をfreeeで作成したユーザー 1555名
  • 調査方法: インターネットを利用したアンケート調査
  • 対象者属性:
    [年代]20代以下 9.5%、30代 45.0%、40代 32.0%、50代 10.7%、60代以上 2.8%
    [確定申告種別]青色申告65万円控除 78.3%、青色申告10万円控除 7.1%、白色申告14.0%、その他 0.7%

freee では「バックオフィス最適化」につながる機能開発に今後も注力し、「スモールビジネスに携わるみんながより創造的な活動にフォーカスできるように」というミッションの実現を目指します。

(※)2014年12月シード・プランニング社「クラウド型会計ソフトの利用動向調査」より

会社概要

  • 会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
  • 代表者  代表取締役 佐々木大輔
  • 設立   2012 年 7 月 9 日
  • 資本金  17億5620万円(資本準備金含む)
  • 所在地  東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F

メディア

本件に関するお問い合わせ

引用:96%が来年もfreeeで確定申告を希望。クラウド会計ソフト freee が2015年確定申告期のアンケート調査結果を発表。 〜 クラウド会計の利用が急速に進み freee 登録事業所数は3月末で30万到達見込み 〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 木下 慶彦(Skyland Ventures 代表パートナー)
    来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャン…
  2. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…
  3. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  4. 東京共同会計事務所FASパートナー編サムネイル
    会計士を始めとしたプロフェッショナルのキャリアには複数の選択肢があるが、その中でも論点となるのは…
  5. 来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  6. IPO市場が活況だ。gumiショックなどの影響もあり上場承認のハードルは上がりつつも、アベノミクスに…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る