PwCコンサルティング、テレワークを前提に鹿児島で暮らしながらデジタル人材として働ける制度を新設し、30名を正社員採用へ【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

デジタル業務の未経験者も採用対象に。コンサルへの職種転換・管理職昇進も可能

2023年1月23日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下「PwCコンサルティング」)は、恒常的なテレワークを前提とし、離島を含めて鹿児島県で暮らしながら当社のデジタル人材(正社員)として働ける制度を新設し、2023年内に30名を目標とした採用活動を本日より開始します。

PwCコンサルティングにて人材育成を行うため、デジタル関連の業務が未経験の方であっても採用対象となります。また、継続的な努力により高いパフォーマンスを発揮できるようになった人材については、本人が希望すればコンサルタントに職種転換を行い、コンサルタント同様の待遇で活躍いただけます。管理職への昇進も可能な仕組みとしています。当社がこうした新たな制度により、地方で採用活動を行うのは初めてとなります。

鹿児島採用の概要

採用人数

2023年内に30名目標

採用区分

採用区分の名称は「ITソリューションスペシャリスト(略称ITSS)」です。当社のデジタル人材(正社員)として、クライアントの業務・デジタル変革を担っている当社コンサルタントをサポートいただきます。

人事制度・キャリア

ITSSは、地方在住者が恒常的にテレワークで働くことを前提としており、既存のコンサルタントとは異なる採用区分です。鹿児島で採用活動を行うために設けました。継続的な努力により高いパフォーマンスを発揮できるようになった人材については、本人が希望すればコンサルタントに職種転換を行い、コンサルタント同様の待遇で活躍いただけます。管理職への昇進も可能な仕組みとしています。

年収

350万円~

採用要件

正社員雇用であるため、原則週5日、1日7時間勤務できること。以下に当てはまる方は歓迎です。

  • SAP関連プロジェクトに携わった経験

  • コンサルティングファーム出身者

  • SIer(システムインテグレータ)出身者

  • 事業会社のシステム部門出身者

  • ビジネスレベルの英語力

デジタル業務の未経験者も採用対象となりますが、新たな挑戦になりますので、体系的な研修(2~3か月)の受講などを通して、早期にスキルを身に付けていただきます。

業務内容

当社コンサルタントが行う業務(以下、及びそれに付随する業務)のサポート

  • SAP導入支援
    例:プロジェクトマネジメントやシステム要件定義、総合テストのサポート

  • システム稼働後の支援
    例:業務・IT改革の定着化や稼働後安定化支援、PDCFAサイクル管理のサポート

業務・IT改革の全体計画策定支援、業務改革支援、大規模プロジェクトマネジメント支援なども当社は行っており、サポートいただく可能性があります。

選考フロー

書類審査→WEB試験→面接(複数回)→内定

雇用開始

本日(1月23日)より人材募集を開始し、上記選考フローに則り、早ければ2023年4月から順次雇用開始(毎月1日入社) 

応募方法

当社WEBの「鹿児島フルリモートIT Solution Specialist採用_ITSS」の募集要項をご覧いただき、個人情報の取り扱いに同意いただいたうえ、ご応募ください。募集要項のURLは以下となります。
https://jp-pwc.my.salesforce-sites.com/recruit/consulting/job/detail?job_code=a0C5F00001nga4vUAA

※PwCコンサルティングの中途採用WEB(https://www.pwc.com/jp/ja/careers/mid-career-c.html)からアクセスすることもできます。①中途採用WEBの「募集職種」をクリック。②「エンタープライズトランスフォーメーション」欄にある「鹿児島フルリモートIT Solution Specialist採用_ITSS」をクリック。

PwCコンサルティング合同会社 代表執行役CEO 大竹 伸明

当社は新たな制度を設け、テレワークを活用することで、地域の人材を正社員として積極採用し、デジタル人材を育成するという決断を行いました。実際の業務を通した育成(オン・ザ・ジョブ・トレーニング:OJT)だけではなく、当社独自の体系的な研修も用意しています。

新たな制度により、地方で採用活動を行うのは鹿児島県が初めてです。まずは同県における採用・雇用に注力しますが、この「鹿児島モデル」は離島を含めて日本全国どの地域にも横展開できる可能性があります。当社のビジネスの成長のみならず、デジタル人材の育成、多様な人材(地域の人材や女性など)の活躍、地域への貢献など、より良い社会につながるインパクトをもたらしたいと考えています。

PwCコンサルティング合同会社 専務執行役パートナー※ 松島 栄一

今回創設した制度は、鹿児島県で暮らしたまま、通勤時間を無くし、家族との時間も考慮しながら自宅で効率的・生産的に働くことができるものであり、多様な人材(地域の人材や女性など)の可能性を解き放つモデルにできればと思っています。

継続的な努力は必要ですが、コンサルタントと一緒にやりがいがある仕事に取り組み、鹿児島にいながらグローバルに通じるキャリアを歩める機会となります。 パートナーの転勤に伴って仕事を辞めて鹿児島に来た方、子育てをしながらキャリアが途切れることなく自らの市場価値を高め続けたい方、当社でのリスキリングによって鹿児島発のデジタル人材になりたい方など、さまざまな方からのご応募をお待ちしています。 

※女性活躍・ダイバーシティ推進を担う Inclusion&Diversity(I&D)担当役員も務める

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約10,200人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界152カ国に及ぶグローバルネットワークに約328,000人のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、テレワークを前提に鹿児島で暮らしながらデジタル人材として働ける制度を新設し、30名を正社員採用へ | PwC Japanグループ

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 弥生の記帳代行サービスで業務量を削減、補助金の申請代行にも余裕を持って対応-税理士法人阪神税務総合事務所 様

    弥生の記帳代行サービスで業務量を削減、補助金の申請代行にも余裕…

  2. 公認会計士のリアル_9_豊田康一郎氏_サムネイル

    東大大学院卒の会計士が経営の修羅場で学んだリアルな経営改善と本…

  3. 監査法人

    三大監査法人を比較する(規模・業績編)

  4. 公認会計士は独立初期に何をすべきか?成功確率を高める3つのポイントは『生産性』『税務』『組織』【PR】MyKomon

    公認会計士は独立初期に何をすべきか?成功確率を高める3つのポイ…

  5. 会計業界の未来をRPAで切り拓く-会計事務所のDXを支援する理系会計士の挑戦_ASIMOV ROBOTICS(アシモフ ロボティクス)株式会社

    会計業界の未来をRPAで切り拓く-会計事務所のDXを支援する理系会計…

  6. 弥生PAPカンファレンス2019秋後編_サムネイル

    会計事務所の生産性はどうすれば向上するのか?:弥生PAPカンファレ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント