PwCアドバイザリー、海外スマートシティ開発におけるメタバースサービスの導入可能性調査を実施【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

ベトナムにおけるスマートシティ居住者向けのサービス展開の検討

2023年1月19日
PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役:吉田 あかね)(以下、「PwCアドバイザリー」)は、2022年11月から2023年1月にかけて、丸紅株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柿木真澄 以下、「丸紅」)および、大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島義斉 以下、「DNP」)と共同で、ベトナム社会主義共和国(以下、「ベトナム」)ホーチミン市にて、次世代型都市モデルとなるスマートシティの開発におけるメタバース空間を活用したサービス展開の可能性につき、詳細な調査(以下、「本調査」)を実施しました。

メタバース空間 イメージ<メタバース空間イメージ>

新興国を中心に世界でインフラ需要が増大する中、日本の質の高いインフラ技術やノウハウを活かした輸出や投資の拡大に向けて、経済産業省は令和4年度「質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業補助金(我が国によるインフラの海外展開促進調査)*1」を実施しています。

今回、丸紅の「ベトナム国/日本の強みを活かしたスマートソリューション・メタバース活用によるスマートシティの開発・運営事業に関わる実施可能性調査」が本調査事業の一つに採択され、その一環として、3社共同で現地調査を以下のとおり実施しました。

PwCアドバイザリーは、都市インフラといったフィジカルレイヤーに、デジタルツインやメタバースなどのデジタルレイヤーを掛け合わせたスマートシティの事業開発における豊富な知見を活用し、メタバース空間における体験の設計、調査結果の分析、ビジネスモデルの検討などを支援しました。

調査概要

実施期間:2022年12月
調査対象者:ベトナムのホーチミン都市圏の居住者
調査の目的:メタバース空間での多様なサービスの導入可能性や現地のニーズの把握
調査方法:メタバース空間にアバターとして参加し、教育や交流など複数のサービスを体験した参加者の行動様式の変化や意見を分析

体験会 様子<体験会の様子>

本調査の結果、メタバース空間を活用した各種サービスの提供がスマートシティの付加価値に繋がる可能性がある一方、実装に向けた課題も明らかになりました。PwCアドバイザリーは、今回の調査経験を踏まえ、引き続き、リアルのスマートシティ開発や街づくりにおいて、メタバースを住民の交流促進や街への愛着醸成など、さまざまな活用可能性の検討を進めてまいります。

PwCアドバイザリーは、デジタル技術を活用したスマートシティ化の支援による都市開発における価値創造を通じて、社会課題の解決に取り組んでいます。メタバースの活用は、限られたリアル空間や資源の最適活用を後押しし、持続可能な街づくりにつながる可能性を秘めています。今後も、PwC Japanグループの豊富な知見とPwCのグローバルネットワークを活用し、都市のビジョン・戦略策定、スマートシティサービス開発、エリアマネジメントDX、不動産開発や街づくりにおけるメタバースの活用戦略策定、メタバースサービスの体験設計および実証推進、実装体制構築支援まで、クライアントのスマートシティ事業を包括的にバックアップしてまいります。

*1 令和4年度「質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業費補助金」について
https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/2022/s220802002.html

以上

PwCアドバイザリー合同会社について

PwCアドバイザリー合同会社は、戦略、財務、M&A・再生の高い専門性をもって、クライアントのビジョン実現のために、環境・社会貢献と事業成長の両立を経営の側面から支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが社会における信頼を構築し、持続的な成長を実現できるよう、最適かつ高い業務品質のサービスを提供します。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約10,200人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCアドバイザリー、海外スマートシティ開発におけるメタバースサービスの導入可能性調査を実施 | PwC Japanグループ

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 監査法人ではできない経験が若手会計士を成長させるー令和アカウンティング・ホールディングスを選んだ会計士が語ったその魅力と風土【PR】

    監査法人ではできない経験が若手会計士を成長させるー令和アカウン…

  2. 会計士3年目の転機、BIG4監査法人金融部からスタートアップの世界へ。エンジェル投資家の支援やベンチャーキャピタリストとしてキャリアを磨く。

    会計士3年目の転機、BIG4監査法人金融部からスタートアップの世界へ…

  3. 中島亮介氏 株式会社経営共創基盤(IGPI)マネジャー/公認会計士

    監査法人で積める経営コンサルに必要な訓練とは?経営コンサルで働…

  4. 印具 毅雄(ツバイソ株式会社 代表取締役 CEO 技術系会計士)

    ITの進化で会計士のチャンスは広がる!技術系会計士が語った“会計士…

  5. 第9回 公認会計士ナビ on Live

    【開催報告】第9回 公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

  6. 平成29年度_修了考査_2017_thumb

    1,065名が合格!平成29年度・修了考査合格発表に関する速報と考察 …

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント