国内シェアNo.1(※1)の社内向けAIチャットボットを提供するHiTTO株式会社をグループ会社化:マネーフォワード【PR】

【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

『マネーフォワード クラウド』のHR領域におけるソリューションを拡大

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、HRチャットボット『HiTTO(ヒット)』を提供するHiTTO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役Co-CEO:五十嵐智博、代表取締役Co-CEO:木村彰人、以下「HiTTO社」)の発行するすべての株式を取得し、グループ会社化することを決定しました。

HiTTO社は、中堅規模以上の企業に幅広く導入されている国内シェアNo.1※1の社内向けAIチャットボット『HiTTO』(以下、『HiTTO』)を提供しています。『HiTTO』は、勤怠管理・年末調整・経費精算・福利厚生等、主に人事労務に関する社内向けのHRチャットボットです。『HiTTO』を通じて、従来、属人的に対応されていた社内からの問い合わせに対し、24時間365日自動で回答することが可能になり、バックオフィス業務の効率化に貢献します。

当社は、バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』を通じて、バックオフィスの業務効率化に取り組んでまいりました。人事労務領域向けには『マネーフォワード クラウド人事管理』『マネーフォワード クラウド勤怠』などを通じて入退社手続、給与計算、勤怠管理、年末調整等といった各種申請業務の業務効率化を推進しています。また、当社は、2020年10月に中堅企業向けのクラウド型ERP「マネーフォワード クラウドERP」を発表し、会計・人事労務・契約領域までを含めたバックオフィス業務全体を網羅するサービスの提供を行うと共に、中堅企業や上場準備企業へ顧客基盤を拡大しております。

そこで、この度、下記のシナジーによる両社のさらなる成長を目的に、HiTTO社のグループ会社化を決定しました。今回のグループ会社化により、これまで『マネーフォワード クラウド』を通じて業務効率化を推進してきた各種業務に加えて、社内からの問い合わせ対応の効率化など、社内コミュニケーションにおける課題を新たに解決し、更なるバックオフィスの効率化を推進してまいります。
※1 出典:調査研究レポート業務自動化ツール市場マーケティング分析2019年5月株式会社テクノ・システム・リサーチ調べ

HiTTO社のグループ会社化に関する資料

参考資料

グループジョインによるシナジー

(1)両社のサービス連携によるユーザー体験の向上

『HiTTO』と当社が人事労務領域で展開する『マネーフォワード クラウド人事管理』『マネーフォワード クラウド勤怠』などとの併用・連携により、社内からの問い合わせに対してより迅速な対応がが可能になります。また、個々の従業員によってパーソナライズした回答の実現を目指します。
これらにより、社内からの問い合わせに対応する人事労務担当者の業務の効率化を行うとともに、問い合わせを行う従業員側の「社内では聞きづらい」といった人事労務領域特有の課題を解消します。

(2)クロスセルの推進

当社は「マネーフォワード クラウドERP」の展開により中堅企業や上場準備企業へ顧客基盤を拡大しております。今後は、当社の有する顧客基盤活用したマーケティング・セールスの連携やサービス連携の強化により、『HiTTO』のクロスセルを推進します。過去のグループジョインにおいても、クロスセルによりグループ会社の顧客数が5倍以上伸びた実績もあります※2
『マネーフォワード クラウド』および『HiTTO』の併用で、『HiTTO』を通じた従業員の問い合わせから、『マネーフォワード クラウド』へのシームレスなUXを実現するため、双方ユーザーへのクロスセルを推進し、両サービスの利用者拡大を目指します。
※2 詳細は上記参考資料の13頁をご参照ください。

(3) 『HiTTO』事業の人事労務以外の領域へのさらなる拡大

人事労務領域以外のバックオフィス領域においても社内向けAIチャットボットのニーズがあると当社では考えています。そのため、将来的には、2019年に社内研究開発組織として設置した「Money Forward Lab」による、自然言語処理などの研究成果を用いて、「HiTTO」のAIモデルの更なる精度の向上を目指すと共に、当社のバックオフィス業務に関するノウハウやアセットを活用することで、現在『HiTTO』が対象としている人事労務部門以外の経理部門や法務部門、情報システム部門へ事業領域の拡大を進めてまいります。

HiTTO株式会社について

名称  :HiTTO株式会社
所在地 :東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE 11F
代表者 :代表取締役 Co-CEO 五十嵐 智博
代表取締役 Co-CEO 木村 彰人
設立  :2006年3月
事業内容:社内向けAIチャットボット 『HiTTO』の提供(2017年よりサービス提供開始)
URL  :https://www.hitto.co.jp/

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL   :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
広報担当:稲増
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

会計事務所の業務改善と収益増加を実現するマネーフォワード クラウド会計

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

マネーフォワードは、会計事務所の皆様の専門性が最大限に発揮できる環境をサポートする事により、中小企業の抱える課題を共に解決するパートナープログラムをご用意しております。オンライン無料相談を承っておりますので、お気軽にご予約ください。

オンライン無料相談のご予約はこちら

引用元:国内シェアNo.1(※1)の社内向けAIチャットボットを提供するHiTTO株式会社をグループ会社化|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士はどうやって営業力をつければ良いのか!?第2回・公認会計士…

  2. 弥生_30周年企画_後編_サムネイル画像

    税理士・会計士の仕事や営業、30年前とどう変わった!?2017年と198…

  3. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_会計士に新たな可能性!?データエンジニア会計士とは?:データエンジニア会計士

    会計士に新たな可能性!?データエンジニア会計士とは?:データエ…

  4. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第6回:事故と税賠保険との関係【会計事務所が知っておきたい税理士…

  5. 平成25年度 修了考査合格発表に関する考察

  6. 弥生PAPカンファレンス2018

    人材難でも勝ち残る会計事務所をどう作ったのか?ふたつの事例から…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント