あずさ日経カップ5度目の決勝進出、IPOの監査難民問題解消せず、地銀でフォワードルッキング引当広まるなど3件:今月の会計士業界ニュース(2020年8月その3)

2020年8月のスポーツ(ゴルフ)、監査、IPO関連の会計士業界ニュースをまとめました。

2020年8月9日、11日、14日にリリースされた「あずさ日経カップ5度目の決勝進出」「地銀でフォワードルッキング引当広まる」「IPOの受け皿不足で監査難民問題解消せず」の3件のニュースをご紹介します。

あずさ日経カップ5度目の決勝進出

あずさ監査法人といえば「スポーツアドバイザリー室」を設置し、KPMGジャパンが日本ブラインドサッカー協会とスポンサー契約を締結するなど、スポーツチームと繋がりが深いイメージがあります。

今回、あずさ監査法人が企業対抗ゴルフ選手権である日経カップにおいて決勝進出に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

日経カップ 企業対抗ゴルフ選手権2020は9日、茨城県筑波CC(7012ヤード、パー72)で団体戦の予選Cグループが行われ、あずさ監査法人がトップで3年連続5度目の決勝大会進出を決めた。

引用元:あずさ監査法人が5度目の決勝進出 日経カップ予選C組(日本経済新聞 2020年8月9日付)

記事によると、決勝大会は9月26日に、先に出場権を得ている昨年の上位12社と、予選を突破した26社を合わせた38チームで行われると伝えられています。

5度目の決勝進出ではありますが、昨今のコロナ禍で、限られた練習で成果を出して決勝大会進出を決めることができて、普段とは違う喜びがあったのではないでしょうか。ご興味のある方は以下をご参照ください。

地銀でフォワードルッキング引当広まる

金融検査マニュアル廃止とコロナ禍での景気悪化のタイミングが重なってしまいました。日本公認会計士協会は銀行の貸倒引当金の引き当てルールについて、会計監査で柔軟に運用する方針を発表するなど、引当金の積み増しで銀行の経営を圧迫しないよう、異例の対応を取りました。

今回、地銀の貸倒引当金に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

新型コロナウイルスの流行が長期化する中で、将来発生する損失を前倒し処理する地銀が増えてきた。ふくおかフィナンシャルグループに続き、福島銀行、東京スター銀行も最終赤字を計上。「フォワードルッキング(FL)引当」と呼ばれる欧米普及の新手法で、将来の経済を保守的に予測する動きが広がってきた。

引用元:地銀 コロナ損失処理先手 欧米流、貸倒引当金厚めに(日本経済新聞 2020年8月11日付)

記事によると、国内メガバンクなど約10行の金融機関が、引当金の算出に将来予測を盛り込んだと伝えられています。そのうち、ふくおかFGは有価証券報告書でFL導入を明記しています。この動きを受けて、他の地銀でもFL引き当て導入に向けた議論が進むとみられています。

将来の経済予測は不確実性が高い上に多額に引当金が計上される可能性があるため、将来予測の根拠の妥当性について、慎重な監査対応が必要になりそうです。ご興味のある方は以下をご参照ください。

IPOの受け皿不足で監査難民問題解消せず

IPO企業が監査法人と契約ができない「監査難民」問題の出口が見えません。準大手監査法人がIPO企業を積極的に引き受けたり、金融庁が、IPO監査を準大手や中小監査法人が引受られるよう仕組み作りに乗り出していますが、現状はどのようになっているのでしょうか。

今回、監査難民問題に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

会計監査の業界で「ビッグ4」と呼ばれる大手監査法人が、新規株式公開(IPO)の業務を回避する傾向が顕著になってきた。2020年1~6月のIPO企業のうち大手が監査をしたのは65%と過去最低ペースだ。

引用元:4大監査法人、IPO業務回避が顕著に 「監査難民」解消見えず(日本経済新聞 2020年8月15日付)

記事によると、IPO新規契約数は、すでに準大手監査法人が大手監査法人を上回っていますが、いずれ準大手だけではカバーしきれなくなるという見方が伝えられています。金融庁でも、昨年末にIPO関係者の協議会を設置し、大手監査法人に組織体制や人員配置のあり方の見直しを求めるなど、対策を進めています。

監査の品質向上のため工数と監査時間が増加する中、IPO監査のための人員拡充には限界があります。IPO準備企業にも、監査法人が監査契約を引き受けやすいよう、決算月を監査法人の繁忙期からずらしたり、組織を整備するなどの自助努力が求められていますが、以前ハードルは高いようです。ご興味のある方は以下をご参照ください。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 川口 達也氏_株式会社Loco Partners_経営管理部_部長/川勇商店_三代目/公認会計士

    【会計士の副業】日本酒×会計士で理想の働き方を実現する会計士が語…

  2. 平成25年(2013年)公認会計士試験合格発表!とその考察

  3. 弥生_30周年企画_後編_サムネイル画像

    税理士・会計士の仕事や営業、30年前とどう変わった!?2017年と198…

  4. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    監査法人でパートナーを目指すには何が必要ですか?:くわえもんの“…

  5. 経営共創基盤マネジャー・公認会計士・鈴木 博史氏

    会計以外にどれだけ自分の世界を広げられるか-経営共創基盤のマネ…

  6. 太陽監査法人記事_サムネイル

    太陽監査法人の会計士は成長がはやい!?若手会計士にキャリアや仕…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント