「太陽と優成監査法人が合併」の報道-監査法人業界再編の引き金になるか

太陽有限責任監査法人と優成監査法人が、2018年7月を目処に合併するという報道が日本経済新聞より出ています。

業界内では一部にて囁かれていた話題ではありますが、大手メディアから報道されたのは初めてではないでしょうか。

日本経済新聞によると、存続法人ならびに合併後の法人名も太陽監査法人となる模様であり、合併に伴い上場企業の監査クライアント数では、PwCあらたを抜いて、合併後の法人が4位*に浮上するとのことです。

総人員数では、PwCあらたが2,858名、太陽&優成で645名と引き続きPwCあらたが4位となります。(2017年10月2日12:47追記/PwCあらた・太陽は2017年6月末、優成は2017年9月1日現在)

それぞれが所属する国際ネットワークに関しては、触れられていませんが、太陽監査法人が存続会社となるとのことから、Grant Thornton International(グラントソントン・インターナショナル)がネットワークとしても継続されると思われます。

一方で、優成監査法人の所属するCrowe Horwath International(クロウ・ホーワス・インターナショナル)が日本では空席となるのか、新たなメンバーが加わるのかも注目されます。

また、国内の監査法人業界では、国際ネットワークであるPwC傘下での「PwCあらた有限責任監査法人と京都監査法人」、BDO傘下での「三優監査法人と東陽監査法人」とふたつのメンバーファームが併存している状況も見受けられます。

今回の太陽監査法人と優成監査法人の合併に伴い、これらの関係にも影響が出てくるかもしれません。今後の業界動向に要注目です。

なお、現時点では、両法人のWEBサイト上では合併に関する情報はリリースされておりません。(2017年10月2日9:20現在)

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1

    会計ソフトは消え、コマースソフトへと進化する!?会計士や税理士…

  2. TACの業績を分析してみた_財務・会計分野編_サムネイル画像

    TACの会計士講座の受講者数や業績の状況は!?:資格の学校TACを徹…

  3. 弥生PAPカンファレンス2018

    会計事務所の未来を見通すポイントはテクノロジーの進化と社会的背…

  4. 第9回公認会計士ナビon Live_舟波氏サムネイル

    イケてるスタートアップに必要とされる会計士になるには?若手会計…

  5. 四大監査法人の決算比較!業績(売上・利益)、クライアント数、人…

  6. 太陽監査法人記事_サムネイル

    太陽監査法人の会計士は成長がはやい!?若手会計士にキャリアや仕…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント