投資銀行への転職 -公認会計士の転職ナレッジ

  • 2013/5/1

リーマンショック後、一時期ほどの華やかさや注目がなくなった時期もありますが、ファイナンス分野のビジネスパーソンにとって今も投資銀行業務は高い報酬を得ながらダイナミックなM&Aディールなどに携わることができる魅力的なキャリアパスのひとつです。

また、公認会計士にとっても投資銀行業務はファイナンスの知識を活かし、新聞やニュースを賑わせるようなビッグ・ディールに携わることがデキるエキサイティングな仕事です。一方で、投資銀行での仕事は景気の動向に大きく左右され、また、タフなインベストメントバンカーたちとの過酷な競争にも勝ち抜かなければならないハイリスクハイリターンなキャリアパスでもあります。

投資銀行への転職の傾向

  • 投資銀行の採用は景気動向に大きく左右される。景気が上り調子の時や、好景気の時には採用数も増加し、提示年収も増加する傾向にある。
  • 景気が良い時には、投資銀行の志望者も増加しやすい。
  • 監査法人や会計業界から投資銀行に転職する場合、風土のギャップは大きいため、金融機関特有のタフな風土に適応できるかどうかはひとつのポイントである。
  • 監査経験のみの公認会計士であれば、外資系金融機関の投資銀行部門(以下、外資系投資銀行)への転職は、若いうちが有利であり、一般的にその年齢は20代半ばから後半程度までである。(20代後半以降の年齢では、高い英語力とFAS経験がなければ採用される可能性は高くない。)
  • 投資銀行の採用では、公認会計士というだけでなく、高い学歴や英語力など履歴書上の見た目も良い経歴が必要である。特に、20代前半で外資系投資銀行に採用される公認会計士はそのような経歴であることも少なくない。
  • 日系金融機関の投資銀行部門(主に大手証券会社の投資銀行部門など。以下、日系投資銀行)でも基本的には若手人材が好まれる。但し、日系金融機関は外資系金融機関と比較して採用力には劣るため、投資銀行未経験でも30歳程度の人材も採用対象とする場合もある。
  • 外資系投資銀行への転職では、基本的に高い英語力を有している人材が望ましい。(英語力を有さない人材も採用されないわけではないが、社内に外国人社員が多いため、原則、英語力を必要とされる。)
  • 日系投資銀行でも、近年はクロスボーダーディールが増加しているため、語学力の高い人材が求められる傾向にある。

投資銀行の年収

  • 投資銀行の年収は日系金融機関に勤務するか、外資系金融機関に勤務するかで大きく異なってくる。
  • 日系投資銀行の場合、採用される金融機関やポジション等にもよるが、スタート時は基本年俸で700万円~1,000万円程度(+インセンティブボーナス)が基準となる。
  • 日系投資銀行の場合、ある程度、昇格するとインセンティブボーナス込みで1,500万円程度の年収までは確保できる可能性が高い。
  • 外資系投資銀行部門の場合、年俸1,000万円以上でのスタートの可能性が高い。また、年俸の倍以上のボーナスが付与される可能性もある。(活躍度合いや部門の業績によって30代で数千万円の年収を得ることも可能。)
  • 近年では、外資系投資銀行に対抗するために、日系投資銀行でも高年俸の評価制度やインセンティブボーナスを導入しているところもある。
  • 日系、外資系投資銀行ともに、大手であれば年俸以外に家賃補助や借上げ社宅、その他様々な福利厚生が用意されていることが多い。

投資銀行業界でのキャリアの特徴

  • 投資銀行未経験者の場合、アソシエイト職からのスタートが基本である。(日系投資銀行の場合は、金融機関の等級や人事テーブルに当てはめるため、対外的には「アソシエイト」の役職となりつつも、社内での等級は「主任」や「役職なし」となる場合もある。)
  • 投資銀行のアソシエイト職は、パワーポイントを使っての営業・提案資料の作成やエクセルを使っての分析(バリュエーション含む)業務などを中心とした職務を担う傾向にある。
  • 投資銀行には、「引受け業務」と「FA(ファイナンシャルアドバイザリー)業務orコーポレートファイナンス業務」があるが、公認会計士が採用されやすいのは後者である。また、世間一般の投資銀行のイメージも後者をもとに語られることが多い。
  • 投資銀行での勤務は基本的に激務である。特に、ディールのスタートと共に急に繁忙期に入るので繁閑の波は読みにくい。また、仕事のハードさから「投資銀行に長年勤務するのは難しい」と考えながら勤務している投資銀行マンも少なくはない。
  • 投資銀行では、会計や財務の知識だけでなく、ビジネス分析(バリュエーション含む)やM&Aに関する会計および税務ストラクチャー、ファイナンスストラクチャー、証券取引所の上場維持・廃止基準などに至るまで多種多様な知識や営業力、提案力が必要とされ、そこで身に付けられる知識と経験はFAS業務と比較して格段に高度である。
  • 投資銀行にてキャリアを積むと、その後は金融業界にてキャリアを積んでいくか、ファイナンスや金融系のコンサルティングファームや事業会社の財務・経営企画部門、プライベートエクイティファンドなどに転職する傾向にある。(但し、投資銀行のような高年収を維持することは難しい傾向にある。)
  • 投資銀行でキャリアを積むとその後のキャリアも華やかになると考えられがちだが、決してそうではなく、投資銀行は競争の厳しい業界であるため、一定の年数を経てそこそこの役職に昇格できなければ投資銀行業界では評価されにくくなる。(履歴書上も「この人材はこのポジションから昇格できなかったのだな」とわかるキャリアになってしまうケースも有る。)
  • 一方で、投資銀行で実績を出した人材であれば、多様な人脈や経験を活かして、トップファームや上場企業、起業などのキャリアを実現する人材も少なくない。
  • 投資銀行はファイナンスのキャリアであるため、数年勤務するとそこから会計分野に戻るのは難しくなる傾向にある。

投資銀行関連のおすすめ書籍

投資銀行での業務や仕事内容を学ぶには下記の書籍が参考になります。

巨大投資銀行(上)(下) 【特におすすめ!】

大手投資銀行を舞台に数々のディールをこなし、ゆっくりながらも昇格していく日本人インベストメントバンカーを黒木亮が描く秀作。ストーリーを楽しみながら日本のファイナンス業界の歴史も学べる一冊。

投資銀行青春白書

ライトでコミカルなストーリーで投資銀行の雰囲気を学べる一冊。

コーポレートファイナンスの原理

コーポレートファイナンスを学ぶためのバイブル的書籍。FA(M&Aアドバイザリー)などファイナンス関連アドバイザリー職を目指す公認会計士は必読の一冊。

コーポレートファイナンス【上】【下】

『コーポレートファイナンスの原理』と並ぶコーポレートファイナンスの良書。コーポレートファイナンスを体系的に学ぶのに最適。

投資銀行関連のおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

<ご注意>
本項に掲載されている情報は、公認会計士ナビ運営事務局が転職エージェントや監査法人・コンサルティングファームの人事担当者からの情報、インターネット上にて得られる情報などを吟味し作成したものになります。その内容は一般的な意見や情報をまとめたものになりますので、情報の普遍性や正確性を保証するものではありません。また、その内容は時期や景気の動向によって変化する可能性もあります。ご理解の上、ご購読下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. onlive2_32
    去る7月5日(土)、公認会計士と「独立・開業」「海外・グローバル」をテーマにした第2回・公認会計士ナ…
  2. ID-100100152
    本日、平成25年の公認会計士試験合格発表が行われました。 合格者のみなさま、まずは合格おめ…
  3. onlive3_5
    来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4…
  4. umeharat350390pfa
    今回より「シリーズ:会計士×専門性」と題して、公認会計士のキャリアや専門性につい…
  5. h26kousa
    本日、平成26年度修了考査の合格発表が行われました。 本年の合格発表に関する概要は下記の通りです。…
  6. kaikeishi_shiken2015_1
    本日、平成27年11月12日(金)、平成27年公認会計士試験の合格者が発表されました。 合格者…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための求人情報

公認会計士のための求人情報

公認会計士ナビ・スポンサー募集のご案内

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

IPO・J-SOX・M&Aコンサルの汐留パートナーズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る