投資ファンド(PEファンド)への転職 -公認会計士の転職ナレッジ

  • 2017/5/1

求人情報_画像_求人用thumb

公認会計士の中には、企業経営に興味を持ったことをきっかけに、公認会計士資格の取得を目指した方も少なくないでしょう。そのような方々にとって、高い成長可能性を有する企業に投資を行い、経営にも参画する投資ファンド(プライベートエクイティファンド)の業務は、経営、財務、金融といった公認会計士のポテンシャルをフルに発揮できる魅力的なキャリアです。一方で、プライベートエクイティファンドの採用は公認会計士であっても簡単に採用されることはないハードルの高いキャリアでもあります。

本項の注意点

  • 「投資ファンド」という言葉は広義では「ヘッジファンド」「アクティビストファンド」「不動産ファンド」など株式や不動産・商品への投資および運用を行うファンドの意味でも用いられますが、本項では「未上場企業を投資対象とするプライベートエクイティファンド(以下、PEファンド)」と定義し、公認会計士がPEファンドに転職するケースとして解説致します。
  • PEファンドの中でも、ベンチャー企業への投資を専門とするものは「ベンチャーキャピタル」と呼ばれ、ベンチャーキャピタルはPEファンドの中のひとつに含まれます。本項では読者に理解して頂きやすいよう、ベンチャー企業投資を専門とするPEファンドを「ベンチャーキャピタル」、それ以外を「PEファンド」と定義して解説します。
  • 投資ファンドには、企業に投資をし、そのバリューアップを図り、キャピタルゲインの実現を目指す「キャピタリスト職」と経理やファンド管理などを行う「バックオフィス職」があります。本項では、前者の「キャピタリスト職」に絞って解説します。

投資ファンド(PEファンド)への転職の傾向

  • 公認会計士にとって、投資ファンド(PEファンド)への転職は比較的人気の高い転職先である。しかしながら、選考ハードルが高いため、実際にPEファンドに転職できる公認会計士は少ない。
  • PEファンドは少数精鋭の組織であることが多く、公認会計士に限らずPEファンドへの転職は狭き門である。選考ハードルも高く、転職を実現するのは簡単ではない。
  • PEファンド業界の求人は、株式市場が好調な時期は増加する傾向がある。(特にベンチャーキャピタルではその傾向が顕著であり、株式市場が低調な時期にはベンチャーキャピタルの求人は転職市場にほとんど出ない傾向がある。)
  • PEファンドが求める人材は、ファイナンス分野の人材であるとのイメージも強いが、実際は投資先の経営幹部候補(経営管理、戦略、マーケティングなど経営全般に精通する人材)を目指せる人材であることが多い。そのため、PEファンドに採用されるためには、ファイナンスだけでなく、経営や戦略全般に関する知識や興味関心、ポテンシャルを有した人材である必要がある。
  • PEファンドに転職するにあたって、公認会計士以外で競合となる職種は、金融業界出身者(投資銀行など)、戦略系コンサルタント、事業会社での経営企画経験者などである。
  • 監査経験のみの公認会計士の場合、PEファンドに転職できるのは一般的に20代のみである。また、監査しか経験していない公認会計士が採用されることは稀であるので、FASなどの経験を積んだ上でチャレンジすることが望ましい。
  • FAS経験や金融機関のフロント職、有名企業の経営企画職などの経験がある公認会計士であれば、30代前半~半ばまではPEファンドへの転職可能性がある。但し、FAS経験があるから採用されやすいということは決してなく、パーソナリティーやキャピタリストとしての素養、現職や前職での実績など求められるものは高い。
  • PEファンドの中でも、IPOを主なイグジット手法とするベンチャーキャピタルでは、公認会計士はやや評価されやすい傾向にあり、投資先の株式公開の支援要員として期待される傾向もある。
  • PEファンドを受験する場合、PEファンドの仕組み、キャピタリストの仕事内容、PE業界に関する時事問題などをしっかりと理解しておくことが最低条件だが、その点をしっかりと押さえて受験する公認会計士は意外と少ない。
  • 監査経験のみの公認会計士がPEファンドを受験する場合、ファイナンス(資金調達・財務分析)や会計(組織再編・企業再生に関する税務会計)などの基礎的な知識を補っておく必要がある。また、経営戦略やマーケティングに関する書籍も複数冊読んでおくなど、ファイナンス以外の分野に関する知識を身に付けておくことも重要。
  • PEファンドは国内企業に投資することが多いため、転職において英語力が求められることは多くはない。但し、日本全体がグローバル化する中で、投資先のバリューアップに海外展開を意識するPEファンドが増えてきていることから、今後は英語力が必要となってくることも予想される。また、海外PEファンドの日本支社などの場合は入社時点から英語力が求められることもある。

投資ファンド(PEファンド)の年収

  • PEファンドの給与水準はファンドによって異なるが、転職市場では、年収500万円~800万円程度のアソシエイト職やシニアアソシエイト職の求人が出ることが多い。
  • PEファンドでは、ファンドのパフォーマンスに連動するボーナスも大きいため、イグジットが成功し、高額なキャピタルゲインを実現した場合、年俸とは別途で高額のボーナスが出ることもある。(その場合、1回のボーナスが数百万から1,000万円超に及ぶケースもある。)

公認会計士のための転職エージェント

投資ファンド(PEファンド)業界でのキャリアの特徴

  • PEファンドに転職することにより、公認会計士からキャピタリストへとキャリアチェンジすることになる。そのため、企業会計のプロ(公認会計士)ではなく企業投資・経営のプロ(キャピタリスト)としてのキャリアを積んでいくこととなる。
  • PEファンドでキャリアを積むことによって、企業経営に精通することができるので「経営のプロ」を目指すことができる。(事業会社の経営幹部や経営企画職としての可能性が広がり、「CFO」だけでなく、「CEO」としてのキャリアを目指せる可能性も出てくる。)
  • PEファンドでのキャリアが長くなると、監査や会計系アドバイザリーなどには戻りにくい。一般的に、5年在籍してしまうと、会計の世界にはかなり戻りにくくなる。
  • PEファンド業界は業界内でのつながりも強いので、会計業界以外の人脈を形成することができる。
  • 一方で、投資先候補のデューデリジェンスや組織再編などで会計ファームを利用することもあるので、公認会計士とのつながりも残る傾向にある。

投資ファンド(PEファンド)業界で活躍する公認会計士の記事を読む

公認会計士ナビでは、投資ファンド(PEファンド)業界を始めとした様々なフィールドで活躍する公認会計士の記事をまとめてあります。

下記ページをご参考ください。

あなたの同期はいる?キャリアで会計士の記事を検索!

おすすめ書籍

投資ファンド(PEファンド)での業務や仕事内容を学ぶには下記の書籍が参考になります。

バイアウト

ブラックストーン

EXIT 売却

プライベート・エクイティ価値創造の投資手法

カーライル―世界最大級プライベート・エクイティ投資会社の日本戦略

公認会計士のためのおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

公認会計士の転職をサポート!

公認会計士ナビの転職エージェントサービスでは、公認会計士の転職サポートを行っております。本ページの内容よりさらに詳しくノウハウや業界を解説し、キャリアプランの策定、転職に向けた準備、求人のご紹介、応募書類の添削や面接対策などを行います。

ご希望の方は下記よりお申込みください。

公認会計士のための転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 太陽有限責任監査法人_GrantThornton_ロゴ_thumb_サムネイル
    平素より公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、太陽…
  2. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  3. 弥生_30周年企画_前編_サムネイル画像
    みなさんこんにちは、公認会計士ナビ編集長の手塚です。今日は弥生会計でおなじみの弥生株式会社さんの…
  4. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏
    1990年代の後半から2000年代の前半にかけて、日本の不動産投資市場は勃興期にありました。 …
  5. 『コンサルティング』という仕事は公認会計士の間でも人気の高い職業です。しかし、ひと言にコンサルティン…
  6. 会計士・渡邉孝江が聞いてきた!Vol.2
    みなさん、こんにちは。会計士・渡邉孝江が聞いてきた!のコーナー、第2弾です。 このコーナーでは…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る