公認会計士が独立開業を目指す -公認会計士の転職ナレッジ

  • 2015/8/1

公認会計士の中には独立開業を目指して資格を取得した方も少なくないでしょう。公認会計士の独立は、不況時には少なく、好況時には多くなるなど景気の善し悪しによって左右されますが、独立開業は公認会計士の間でコンスタントに人気の高いキャリアパスでもあります。

本項では、公認会計士が独立を目指すに当たり、気を付けるべきキャリアステップを解説します。

公認会計士の独立に関する傾向

最初はどうやって独立しているのか?

  • 公認会計士が独立する場合、主に「監査」「FAS・コンサルティング」「会計アドバイザリー」「税務」などのサービスで独立することが多い。
  • 上記以外にも、連結会計ソフト会社などを設立し起業家となった公認会計士、大学教授や作家になった公認会計士など様々な形態の独立事例がある。
  • 公認会計士の最も簡単な独立スタイルは「監査」(主に非常勤)での独立であり、非常勤(パート)の公認会計士として監査業務を請け負うことから独立をスタートする公認会計士は比較的多い。そして、そこから「税務」や「FAS」「会計アドバイザリー」へと業務範囲を広げていくことが一般的である。
  • また、独立開業と言っても、自らのできる範囲で監査業務やデューデリジェンス業務などを請け負いながら、事業の拡大を目指さずに個人会計士として開業生活を送る公認会計士も少なくない。
  • 一方で、非常勤の監査業務を行いながらFASや税務クライアントの拡大に積極的に取り組み、事業の拡大を目指すスタイルを取る公認会計士もいる。(もちろん、その逆で、FASや税務業務で独立し、空き時間に監査のパートを入れるスタイルを取る公認会計士も比較的多い。)

独立の成功と失敗、景気との関係

  • 公認会計士の独立の成否は景気によっても影響を受け、好景気時には非常勤での監査業務やデューデリジェンス業務を受注するのは容易だが、不景気時には難しくなる傾向にあり、独立難度も高まる。
  • 独立する公認会計士の数は好景気時に増加し、不景気時には減少する。これは好景気時は非常勤の監査やFAS(財務DDやVAL)業務を獲得しやすいことにも起因する。
  • 公認会計士が独立に失敗するケースはそれほど多くはないが、好景気時やブームの時期に独立し、特定業務に依存した事業を行なっていると景気の悪化や市場環境の変化によって事業が厳しくなり失敗するケースもある。(IPOやJ-SOXブームの時など、特定の顧客やサービスに依存して独立した公認会計士がリーマンショックで大打撃を受けたケースなどがそれに当たる。)
  • リーマンショックの際に影響を受けた会計ファームには、大規模会計事務所だけでなく、個人の公認会計士も含まれる。事業拡大を目指さず個人で食べられる範囲の業務で独立していた公認会計士の中には、リーマンショックに伴い、知り合いからの非常勤の監査業務やFAS業務を受注できなくなった者もいる。(そういった景気悪化などのリスクを考えると、個人で独立する場合は、複数の顧客やサービスラインを持ち、特定の顧客に依存しない体制を早期に作るのが良いと言える。)

公認会計士が独立するためのキャリア形成

キャリア・経験

  • 公認会計士は「知識と経験」を提供する職業であるため、独立前にしっかりと経験を積んでおくことが重要である。
  • 一方で、若いうちの独立は「経験が少ない」というデメリットはあるものの、「勢いがある」「単価を安く仕事を受注でき価格競争力がある」「家庭面、キャリア面でリスクテイクしやすい」「若い起業家(クライアント)とのリレーションを築きやすい」といったメリットも有り、どのタイミングで独立するかは一考の余地がある。
  • 近年では公認会計士の数が増加しているため、独立の際には他の公認会計士と差別化できるような「強み」を身に付けておくことが重要である。
  • 特に「監査」や「財務デューデリジェンス」業務はほとんどの公認会計士が提供できるサービスであるため、それ以外のスキルを身に付けておくことは重要と言える。
  • 公認会計士が他の公認会計士とスキルを差別化する場合、「会計・ファイナンス分野での差別化」と「会計・ファイナンス以外の分野での差別化」の2つに分けられる。
  • 「会計・ファイナンス分野での差別化」は、「M&A」「企業再生」「IPO」「ストラクチャードファイナンス」など会計やファイナンスに関連する分野での強みを身に付けることである。
  • 「会計・ファイナンス以外の分野での差別化」は、「経営」「マーケティング」「IT・システム」など会計やファイナンス分野ではないが同分野に近くシナジーのある分野での強みを身に付けることである。
  • 会計・ファイナンス分野においては、コーポレートファイナンスのコモディティ化が進んでいることから、「デューデリジェンスができる」「バリュエーションができる」というだけでは、差別化ができず価格競争に巻き込まれやすい。得意業種や専門分野を作ることによって、自らが勝てるフィールドを用意しておくことが重要である。
  • 公認会計士が独立する場合、税理士と競合する部分も大きい。近年は税理士業界も競争が厳しいため、ただ税務申告ができるだけではなく、税務や労務分野でも強みを身に付けることを意識しておくことが望ましい。
  • 特に、税務業務は毎月の顧問料を安定的に得られるストック収入となるため、会計事務所を経営するに当たって魅力は大きい。そのため、独立前に税務経験を積んでおきたいと考える公認会計士は特に多い。ただし、それに反して公認会計士の税務分野への転職は簡単ではない傾向にある。(詳細は『税務(会計事務所・税理士事務所・税理士法人)への転職』を参照。)
  • 強みとなるスキルや差別化できるスキルを独立までに身に付けておくことも重要だが、他の公認会計士や士業と組むことによって実現するという手法もある。

人脈・営業力

  • 独立する場合には人脈も重要であるため、独立前にしっかりと「人脈」を作っておくことが大切である。
  • 公認会計士にとっての「人脈」とは2種類あり、「公認会計士業界の人脈」と「顧客となる可能性のある人脈」の2つである。
  • 「公認会計士業界の人脈」を豊富に有していることによって、監査やFAS案件をシェアすることができ有用である。また、同じ環境にいる公認会計士同士で現在のトレンドを共有したり、メンタル面で支え合ったりする同志としても貴重である。
  • 「顧客となる可能性のある人脈」は「経営者や上場企業の役員・管理職、など直接的に顧客となる人脈」、および、「金融マン(銀行、証券、保険)や他士業など顧客を紹介してくれる可能性のある人脈」などである。
  • 特に、豊富な人脈を有していれば、独立して失敗しても公認会計士の人脈を活かして監査法人に戻る、または、経営者などの人脈から事業会社にサラリーマンとして再就職する可能性も出てくるため、独立失敗の際のセーフティーネットにもなる。

WEB・ITツール 

  • 近年ではWEBサービスやITツールの進歩によって、ローコストでの独立やクラウド上でのデータ共有やコミュニケーションが可能となっている。
  • 最新のWEBサービスを使いこなすことはクライアントへの効率的、かつ、スピーディーなサービス提供を行うために必要だが、それ以外にも、それらサービスを使いこなす若手起業家との接点としたり、彼らのニーズに応えていくという点においても重要である。
  • また、情報発信やPR、WEBマーケティングを効率的に行うために、Facebook、Twitter、ブログなどの活用も重要である。
  • 独立時におすすめの業務系ツールとしては、Google Apps、ChatWork、Dropbox、Evernoteなどが挙げられる。
  • 独立時におすすめの会計系ツールとしては、クラウド会計ソフト(freeeMFクラウドネットde会計弥生会計 オンライン)、会計事務所向けクラウド税務・会計ソフトA-SaaSクラウド請求書サービスMisoca(みそか)などが挙げられる。

公認会計士の独立におすすめのサービス

税理士登録するなら「エッサムファミリー会」にも登録を!

  • 税理士登録を行うと税理士会が認定する研修を受講し単位を取得する義務が生じる。これはCPEと比較すると意外と手間がかかるものである。その際に以下の記事でも特集した「エッサムファミリー会」の研修を利用すると非常に有用である。

会計士が独立して税理士登録するならこれに加入すべき!エッサムファミリー会で税理士認定研修を簡単に!(公認会計士ナビ)

株式会社エッサムー会計事務所のデパートー

JCB法人カード、新規開業者や新設法人にもおすすめ!

独立後はカードが作りにくい!?JCBなら

  • 新設法人など独立間もない事業者の場合、カード審査が通りにくいとの噂も多い。また、実際に通らないケースも多いため、個人契約のカードを利用したり、新設法人でも通りやすい法人カードを利用することがおすすめである。

経営者・個人事業主向けのJCBカード

公認会計士の独立に関連するおすすめ書籍

公認会計士の独立開業に関しては下記の書籍が参考になります。

他人より年収10倍「稼げる」税理士になる方法

ひとり2000万円稼ぐ会計事務所の作り方

ビジネスの論理―私はいつも限界に向き合い、格闘し、限界を超えて生きてきた。

南の島のたったひとりの会計士

公認会計士のためのおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

<ご注意>
本項に掲載されている情報は、公認会計士ナビ運営事務局が転職エージェントや監査法人・コンサルティングファームの人事担当者からの情報、インターネット上にて得られる情報などを吟味し作成したものになります。その内容は一般的な意見や情報をまとめたものになりますので、情報の普遍性や正確性を保証するものではありません。また、その内容は時期や景気の動向によって変化する可能性もあります。ご理解の上、ご購読下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4…
  2. IPO・株式公開 求人用thumb
    2014年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2014年のI…
  3. 海外の公認会計士
    ⇒監査法人ランキング記事一覧はこちら  世間では就職活動シーズン真っ盛りということで、リクルートス…
  4. 印具 毅雄(ツバイソ株式会社 代表取締役 CEO 技術系会計士)
    来る2016年2月20日(土)に第5回・公認会計士ナビonLive!!in大阪が開催されます。 本…
  5. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル
    来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャン…
  6. IKP税理士法人・公認会計士・細田将秀/Misoca・代表取締役・豊吉隆一郎
    去る2016年2月26日、名古屋にてクラウド請求書サービス「Misoca(ミソカ)」を運営するスター…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る