公認会計士の評価を決めるのは何か?:会計士のキャリア小六法 第5回

  • 2014/1/4

 

会計士のキャリア小六法・第5回は「公認会計士の評価を決めるのは何か?」です。

これまでに転職活動をしたことのある方であれば、書類選考に応募してその結果に一喜一憂されたこともあるかと思います。

一方で、自分とそれほど変わらないと思っていた同期や先輩が、自分が不合格になった企業で書類選考を通過していたり、内定をもらっていたりして、

「同期で同じ仕事をしているのに、なんでアイツだけ書類選考に通ったんだろう」とか、

「社内での評価はそれほどなのに、なんであの先輩は評価されたんだろう」

などと疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。(まだ転職活動をしたことがない人も、転職活動を始めると、おそらくこれと似たような経験をすることになると思います。)

また、転職市場においては、どんな不景気な環境下でも高い評価を得てキャリアアップを実現する公認会計士が一定数いるのも事実です。

転職市場において「評価される公認会計士」と「そうでない公認会計士」のキャリアにはどこに差があるのでしょうか?

今回から数回に渡って「転職市場で評価される公認会計士の特徴」について解説していきます。

 

“キャリアファンダメンタルズ”という考え方

転職市場で評価される公認会計士たちに共通する特徴として

「キャリアの基礎がしっかりしている」 

ということが挙げられます。

公認会計士に限らずビジネスパーソンのキャリアは主に3つのポイントからよって評価されるのですが、その中にキャリアの基礎を構成する重要なポイントが含まれています。

転職市場においてキャリアの評価につながる3つのポイントとは以下になります。

  1. ファンダメンタルズ(基礎的事項)・・・学歴、社歴、転職回数、年齢など
  2. スペシャリティー(専門性)・・・これまでの経験に基づく専門的スキルや知識など
  3. パーソナリティー(人柄・人間性)・・・人柄や性格などの人間性、受験企業の社風との相性など

転職の際は程度の差はあれ、上記の3つの点からキャリアが評価されるのですが、転職市場で評価されるビジネスパーソンには、その中でも

「ファンダメンタルズ(基礎的事項)がしっかりしている」

という共通点があります。

「スペシャリティー」や「パーソナリティー」は、志望する業界や業種、受験企業の風土によって評価される要素や程度が異なってきますが、「ファンダメンタルズ」は、その名の通り、学歴、社歴、転職回数、年齢などキャリアの『基礎』を表す要素で構成されており、いずれの業界・業種においても普遍的に評価される項目となります。

そのため、いずれの業界をターゲットにキャリアアップするにしても、このファンダメンタルズをしっかりとさせておくことが市場価値を高めることにつながると言えます。

また、「将来転職するかどうか分からない人」「転職には興味があるけど、将来の進路が決まっていない人」などは、ファンダメンタルズを意識したキャリア形成を行っておくことによって、いざ転職をしなければならなくなった際に、評価されやすいキャリアを作っておくことができるわけです。

 

公認会計士のキャリアファンダメンタルズを構成する5つのポイント

では、公認会計士の場合、キャリアファンダメンタルズ*はどのような要素から構成され、そして、どのような視点から評価されるのでしょうか?

*会計士のキャリア六法では、キャリア評価におけるファンダメンタルズをキャリアファンダメンタルズと呼びます。

公認会計士のキャリアファンダメンタルズは下記の5つの要素から構成されています。

  1. 年齢
  2. 学歴・社歴
  3. 公認会計士試験合格までの期間
  4. 修了考査(旧3次試験)の合格
  5. 英語力

「1.年齢」「2.学歴・社歴」「5.英語力」に関しては、公認会計士に限らず、ビジネスパーソン全般に当てはまる項目であり、「3.公認会計士試験合格までの期間」「4.修了考査(旧3次試験)の合格」は公認会計士特有の項目になります。

普段、あまり意識していないこの「5つのポイント」ですが、転職市場においては、これらが同期や先輩・上司など周囲の公認会計士との評価を分けることになるのです。

次回に続きます。

 

<免責事項>
◆株式会社ワイズアライアンスが公認会計士ナビ上で公表する一切の公表物の著作権は株式会社ワイズアライアンスに帰属します。これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって株式会社ワイズアライアンスから許諾を得ることなく、株式会社ワイズアライアンス関連以外の電子的媒体、印刷物、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、転送、頒布等を禁じます。無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。
◆会計士のキャリア小六法に 掲載される情報は株式会社ワイズアライアンスが独自のルートから収集した情報の中でも特に信頼できると判断した情報をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正確性、完全性等について、株式会社ワイズアライアンスはいかなる責任も持ちません。また、会計士のキャリア小六法の内容も時事の変化等に合わせて発行当時より劣化して参ります。掲載時の状況と会計士のキャリア小六法の見解がかい離することもございますので、ご留意の上、お読み下さい。
◆会計士のキャリア小六法は、転職やキャリアに関する内容が多数含まれますが、公認会計士および公認会計士を目指す方々に対して転職を推奨するものではなく、個々人の公認会計士の意思決定の指針となるものであります。読者が会計士のキャリア小六法を参考に転職活動を行い、損害を被った場合においても、株式会社ワイズアライアンスは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. ここ数年の会計業界での最も大きなトレンドのひとつに「クラウド会計ソフト」の躍進が挙げられるだろう。 …
  2. 平素より公認会計士ナビをご覧頂きましてありがとうございます。 この度、 公認会計士ナビの読者の…
  3. 論文式試験を終えた会計士受験生は、試験の合否が気になる一方で、合格後の進路が気になる人も少なくないだ…
  4. エッサム_サムネイル
    【本記事は株式会社エッサム様からのプレスリリースです】 「これからの会計事務所」創りのノウハウ…
  5. PwCあらた監査法人
    PwCあらた有限責任監査法人が、遠方から東京、名古屋、大阪への転職者を希望される方を対象に面接や…
  6. CaN Internationalオフィス訪問サムネイル
    みなさん、こんにちは、公認会計士ナビ編集部です。 公認会計士ナビでは、公認会計士のみなさんのキャリ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る