公認会計士の転職と景気の関係は?:会計士のキャリア小六法 第3回

  • 2013/12/23

 

第1回と第2回では、公認会計士の転職に影響を与える内的要因について解説しましたが、今回は景気などの外的要因について解説します。

転職時期を検討するにあたっては、一般的には「景気の良い時に転職しよう」というのが通説ですが、公認会計士に関しては専門性の高い業界であることから、もう少し踏み込んで外的要因を分析することができます。

この公認会計士の転職に影響を与える外的要因には下記の3つがあります。

  1. 全体の景気
  2. 会計業界の景気
  3. 志望業界の景気

それぞれについて解説すると以下のようになります。

1.全体の景気

景気の状況に関してはシンプルで、以下のように考えられます。

  • 景気が良い⇒求人が多く転職しやすい
  • 景気が悪い⇒求人が少なく転職しにくい

2.会計業界の景気

会計業界の景気に関しては、会計ファーム(主に大手監査法人)での公認会計士ニーズがどうなっているかによって以下のように考えられます。

  • 会計ファームが人材を必要としている(採用を積極的に行っている)

⇒転職市場に公認会計士が少ない

⇒求職者(売り手)優位、採用側(買い手)不利な環境

⇒転職しやすい

  • 会計ファームが人材を排出している(ほとんど採用していない)

⇒転職市場に公認会計士が多い

⇒採用側(買い手)優位、求職者(売り手)不利な環境

⇒転職しにくい

3.志望業界の景気

志望業界の景気に関しては、ほとんどの場合で1の全体の景気と連動しますが、まれにその業界のみ景気が良い(悪い)場合、もしくは、特定のスキルを有した人材のみ求められているといったケースがあります。

例えば、近年では、日本全体がリーマンショック後の不景気をやや引きずっている中でソーシャルゲームやアプリの業界のみが好景気であったようなケースです。

 

外的要因が公認会計士の転職に影響を与える具体例

それでは、この外的要因が公認会計士の転職にどのように影響を与えるのか具体例を見てみましょう。

今回、2008年から2011年までの転職市場を例に挙げてみます。 

【2008年~2011年の全体の景気】

  • 2008年(前半):好景気
  • 2008年(後半):リーマン・ショックにより不景気
  • 2009年:不景気(どん底)
  • 2010年:不景気(2009年よりかは回復)
  • 2011年:不景気(2010年よりかは回復)

例えば、上記のように全体の景気だけ見ると、2009年から2011年にかけて景気が緩やかに回復しているため、一般的には2009年よりも2010年が、2010年よりも2011年が転職に適していることになります。

ここに会計業界の景気を加えてみましょう。

【2008年~2011年の会計業界の景気】

  • 2008年(前半):好景気
  • 2008年(後半):大量の合格者を大手監査法人が採用(リーマン・ショック直後は影響なし)
  • 2009年:不景気の始まり(大手監査法人の業績が悪化し始める)
  • 2010年:不景気、大手監査法人のリストラ(その1)
  • 2011年:不景気、大手監査法人のリストラ(その2)

会計業界に関しては、リーマン・ショックからやや遅れて影響が出てきており、2010年と2011年の大手監査法人のリストラによって公認会計士が転職マーケットに大量に放出されます。これにより、マーケットに公認会計士が溢れ、2010年~2011年にかけてが最も転職に不向きな環境となりました。

このように全体の景気と会計業界の景気を比較するだけでもずれが見られます。

そして、ここに志望業界の景気を加えてみます。

今回は、FASを例に挙げます。FASとはデューデリジェンス(DD)やバリュエーション(VAL)などM&Aや企業再生などに係るファイナンシャルアドバイザリーサービスのことを指します。FASは会計業界にも含まれますが、若手会計士の転職先として人気が高いので例として取り挙げてみようと思います。

【2008年~2011年のFAS業界の景気】

  • 2008年(前半):好景気
  • 2008年(後半):リーマン・ショック直後の影響は軽微(継続中の案件があるため)
  • 2009年:不景気の始まり(M&AやIPOの追加案件がストップ、FASの業績悪化)
  • 2010年:2009年に続き不景気
  • 2011年:2010年よりやや回復か横ばい。日本企業のクロスボーダー(海外)M&Aが増加し、大手FASでは英語力のある人材のみ採用ニーズが高まる。中小FASでは企業再生関連の人材ニーズがやや増加。

FAS業界に関してもリーマン・ショックの後、景気が大きく悪化しました。

その後、2009年~2010年で底を打ち、2010年から2011年にかけてはやや回復か横ばいのイメージでした。

一方で、2011年あたりからは、内需縮小や円高に伴い、日本企業が海外で積極的なM&Aを展開したことから、クロスボーダー案件を手がける大手FASでは英語力を必要とする案件にアサインできる人材へのニーズが高まりました。また、中小のFASでは、企業再生関連の人材ニーズがわずかながら高まりました。

このように、リーマン・ショック後の転職マーケットに関して、全体、会計、志望(FAS)業界3つの状況を総合してみると、世間一般的には2011年くらいには転職活動をしてもよい景気状況になりつつあるのですが、会計業界においてはあまり好ましくない状況となっていました。また、FAS志望者に関して言えば、英語力がある会計士であれば2011年は転職活動を行うのに悪くはなく、英語力がない会計士の場合はもう少し景気が回復してからのほうが好ましかったと言えるわけです。

 

次回は、転職適齢期のまとめとして、これまでにお伝えした「内的要因」と「外的要因」の両方を合わせた転職適齢期の判断の仕方について解説します。

公認会計士の転職適齢期 まとめ:会計士のキャリア小六法 第4回

<免責事項>
◆株式会社ワイズアライアンスが公認会計士ナビ上で公表する一切の公表物の著作権は株式会社ワイズアライアンスに帰属します。これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって株式会社ワイズアライアンスから許諾を得ることなく、株式会社ワイズアライアンス関連以外の電子的媒体、印刷物、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、転送、頒布等を禁じます。無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。
◆会計士のキャリア小六法に 掲載される情報は株式会社ワイズアライアンスが独自のルートから収集した情報の中でも特に信頼できると判断した情報をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正確性、完全性等について、株式会社ワイズアライアンスはいかなる責任も持ちません。また、会計士のキャリア小六法の内容も時事の変化等に合わせて発行当時より劣化して参ります。掲載時の状況と会計士のキャリア小六法の見解がかい離することもございますので、ご留意の上、お読み下さい。
◆会計士のキャリア小六法は、転職やキャリアに関する内容が多数含まれますが、公認会計士および公認会計士を目指す方々に対して転職を推奨するものではなく、個々人の公認会計士の意思決定の指針となるものであります。読者が会計士のキャリア小六法を参考に転職活動を行い、損害を被った場合においても、株式会社ワイズアライアンスは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士のキャリアが多様化する昨今、自らのコアキャリアをどこに置くべきかが気になる若手会計士は少な…
  2. 去る2016年9月28日(木)、秋葉原の弥生株式会社本社にてプレスを対象とした弥生ラウンドテーブ…
  3. 公認会計士のキャリアが多様化する昨今、自らのコアキャリアをどこに置くべきかが気になる若手会計士は少な…
  4. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル
    来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャン…
  5. PwCあらた監査法人
    PwCあらた監査法人が積極採用中! PwCあらた監査法人様が監査、各種アドバイザリーなど複数ポ…
  6. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る