【第1回】公認会計士の転職適齢期はいつなのか?:会計士のキャリア小六法

会計士のキャリア小六法_第1回サムネイル

本日より会計士のキャリア小六法と題して、公認会計士のキャリア形成や転職に関するノウハウをミニコラムとして連載していきます。

公認会計士のみなさんの中にはキャリアに関して興味をお持ちの方も多いものの、公認会計士のキャリアに関して体系的にまとめられた情報はほとんどありません。そこで、この「会計士のキャリア小六法」では、「会計士のキャリア形成についての考え方のポイント」をミニコラム形式でみなさんにわかりやすくお伝えしていきます。

第1回のテーマは「公認会計士の転職適齢期はいつなのか?」です。

いつか転職したいのだけど・・・

公認会計士のみなさんの中には、すぐに転職したいと考えているわけではないものの、漠然と「いつか転職したいな…」「監査法人にはずっといないかもな…」と考えている人も少なからずおられると思います。実際、みなさんの周囲にも将来的な転職を考えていたり、実際に転職した同期や先輩、後輩も多数おられるでしょう。

けれども、いつ転職するのが良いのか?という話になると人によって意見は様々です。

「シニアスタッフに昇格してからのほうがいいよ」

「インチャージを経験してからがいいよ」

という意見がある一方で、

「マネージャーになっても学ぶことは多いよ」

などと言われると、「結局、いつがベストなんだろう???」となってしまいます。

けれども、この転職適齢期にはある程度の法則があり、自分自身で目処をつけることができます。

今回はこの方法を解説します。

「内的要因」と「外的要因」

転職適齢期を判断するためには「内的要因」「外的要因」のふたつが参考になります。

この「内的要因」と「外的要因」は、それぞれ以下の要素で構成されます。

内的要因

  1. 年齢
  2. 実務経験
  3. 年齢と経験のバランス

外的要因

  1. 景気の状況
  2. 会計業界の景気
  3. 志望業界の景気

転職が気になっている人は、一般的に「景気が良い時に転職しよう」「年齢が若いうちに転職しよう」と考えがちですが、実は、転職可能性キャリアの売りどきに影響を与える要素は上記のように複数あり、それらが総合的に影響しあうことによって転職可能性が高くなったり低くなったりします。

では、次に、それぞれの要素について簡単に解説したいと思いますが、ボリュームが多いのでまずは今回と次回で「内的要因」について解説し、次回以降で「外的要因」や「それらふたつを合わせた考え方」などについて解説していきます。

内的要因とは?

年齢やスキル・経験など個人のキャリアに起因する「内的要素」

「内的要因」とは本人の年齢やスキル・経験など個人のキャリアに起因するものを言い、下記の3つの要素などが挙げられます。

  1. 年齢
  2. 実務経験
  3. 年齢と経験のバランス

1:年齢

年齢に関しては、一般的に20代後半の人材が転職市場でのニーズは高くなる傾向にあります。

20代後半に近づくにつれて若手即戦力としてニーズが高まり、30代前半は横ばい、35歳以降は、緩やかにニーズが下がり始め、少しずつ求人が少なくなっていく(転職の選択肢がせまくなっていくイメージです。)

※ただし、これはあくまで一般的な傾向のため、キャリアの形成方法によって30代以降も評価が下がりにくいキャリアを作れるケースももちろんあります。

2:実務経験

実務経験に関しては、業界によりますが、最低で3年、できれば5年程度の経験があると若手即戦力として評価されやすい傾向にあります。経験は長いほうが良いですが、必ずしも長ければよいわけでもなく、次項3の「年齢と経験のバランス」も考慮する必要があります。

また、経験の長さだけでなく、内容や強みも合わせて考慮する必要があります。

3:年齢と経験のバランス

1の「年齢」と2の「経験年数」は複合的にも評価されます。単純に年齢が若い経験が豊富というだけではなく、年齢と経験のバランスも重要な要素となるのです。

例えば、市場での評価の高い「20代後半」の年齢でも、希望する業界の実務経験が短ければ評価は高まりませんし、同じ「実務経験5年」の人材でも、27歳で5年の経験があるのか、40歳で5年しか経験がないのかで評価が異なってきます。

また、30代になると実務の経験だけでなく、マネジメント経験が求められたりと、年齢や経験年数によって求められる経験の内容にも変化が出てきます。

公認会計士と内的要因

転職適齢期はこのように「年齢」「経験」「年齢と経験のバランス」で決まってくるため、例えば、ストレートで大学を卒業して新卒で就職した人であれば、就職して5年程度の経験を積んだ27歳前後での市場価値が高くなる傾向にあります。

けれども、公認会計士に関しては、会計士試験の平均合格年齢が26歳前後であり、キャリアをスタートする年齢が個々人で異なるため、そこを考慮しながら転職適齢期を見極めていく必要があります。

今回は以上です。

次回は、この「内的要因」についてどのように自分自信のキャリアに当てはめれば良いのかを、会計士試験の合格年齢などの具体例を挙げて解説します。

公認会計士のキャリア小六法記事一覧を見る

公認会計士ナビでは、転職を検討されている公認会計士の方のための転職エージェントサービスを提供しています。

転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説しながら、転職活動やキャリア形成を親身に、かつ、論理的にサポートします。ご希望の方は下記よりお申込みください。

公認会計士に専門特化した転職エージェント

転職エージェントサービスを見る

【改訂履歴】
「会計士のキャリア小六法」は時代に即したノウハウをお伝えするために不定期で改訂されております。本記事の改訂履歴は以下の通りです。
初稿:2013年12月19日
第2稿:2019年4月30日改訂

【本記事に関する免責事項】
◆株式会社ワイズアライアンスが公認会計士ナビ上で公表する一切の公表物の著作権は株式会社ワイズアライアンスに帰属します。これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって株式会社ワイズアライアンスから許諾を得ることなく、株式会社ワイズアライアンス関連以外の電子的媒体、印刷物、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、転送、頒布等を禁じます。無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。
◆会計士のキャリア小六法に 掲載される情報は株式会社ワイズアライアンスが独自のルートから収集した情報の中でも特に信頼できると判断した情報をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正確性、完全性等について、株式会社ワイズアライアンスはいかなる責任も持ちません。また、会計士のキャリア小六法の内容も時事の変化等に合わせて発行当時より劣化して参ります。掲載時の状況と会計士のキャリア小六法の見解がかい離することもございますので、ご留意の上、お読み下さい。
◆会計士のキャリア小六法は、転職やキャリアに関する内容が多数含まれますが、公認会計士および公認会計士を目指す方々に対して転職を推奨するものではなく、個々人の公認会計士の意思決定の指針となるものであります。読者が会計士のキャリア小六法を参考に転職活動を行い、損害を被った場合においても、株式会社ワイズアライアンスは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


海外進出支援のCaN International


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. すかいらーくのIFRS上場はどう実現されたのか? ~すかいらーくのIP…

  2. あずさ監査法人の業績ってどうなの?過去6年間の決算書を分析!

  3. レアジョブ英会話・本気塾ロゴ_thumb

    レアジョブ英会話・本気塾 様にゴールドスポンサーにご協賛頂きまし…

  4. 公認会計士への税理士資格付与について考える

  5. 東京でも大阪でも成功できる会計士は同じ!?IPOコンサルの雄が語っ…

  6. Googleで比較する監査法人 その1:検索数で比較

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

公認会計士ナビの転職エージェント