Money Forward X、『Mikatano ワークス』に新機能「書類保存」を搭載【PR】



【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

電子帳簿保存法、インボイス制度の対応準備を『Mikatano』シリーズで簡単に

株式会社マネーフォワードは2月15日、地域金融機関を通して中小企業に提供しているDX支援サービス『Mikatano ワークス』に、電子データで受け取った見積書や領収書などの書類を電子保存できる機能「書類保存」を追加します。これに合わせて当社は、地域金融機関と共に、ITツールの活用に慣れていない企業でも簡単に利用できる『Mikatano』シリーズのセット利用の推進やセミナーの共同開催を通して、多くの中小企業の課題となっている電子帳簿保存法とインボイス制度への対応準備支援を強化します。
※電子帳簿保存法の電子取引要件およびスキャナ保存要件に対応する機能は、2023年中に搭載予定です。

背景

2022年に施行された改正電子帳簿保存法および2023年10月に導入されるインボイス制度に対応するためには、社内における書類の電子保存ルールの整備と、保存ツールの導入が欠かせません。しかし、日本商工会議所と東京商工会議所による調査では※1、売上高1千万円以下の事業者のうち、改正電子帳簿保存法による電子取引のデータ保存義務化への対応について「内容をよく理解しておらず何もしていない」と回答した事業者の割合が56.8%、インボイス制度導入に向けて「特段の準備をしていない」と回答した事業者が60.5%に上ることが分かりました。地域の情報ネットワークの要である地域金融機関には、これらの事業者に対して経営支援を行い、地域経済の活性化に貢献していくことが強く期待されています※2
こうした背景を受け、当社は地域金融機関と連携し、中小企業に提供している『Mikatano』シリーズを通して、電子帳簿保存法とインボイス制度への対応準備支援を強化します。まず、帳票類の電子保存ができるサービスとして『Mikatano ワークス』に「書類保存」機能を追加します。加えて、インボイス制度への対応準備を進めるツールとして、『Mikatano インボイス管理』とのセット利用を推進します。さらに「インボイス制度・電子帳簿保存法対策セミナー」を共同開催し、全国の中小企業の喫緊の課題である、制度対応支援を強力に推進してまいります。

※1 出典:「消費税インボイス制度」と「バックオフィス業務のデジタル化」等に関する実態調査結果について(日本商工会議所)
※2 出典:中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 II -5 地域密着型金融の推進(金融庁)

『Mikatano ワークス』の新機能「書類保存」の詳細および『Mikatano インボイス管理』の活用方法

『Mikatano ワークス』は、金融機関の顧客向けのDX支援サービスです。コミュニケーションツール、ワークフロー、勤怠管理などのグループウェアをはじめとした、日常業務に活用できるデジタルサービスが、簡単かつ直感的なUI/UXで搭載されています。IT担当者の不在などでDXが進んでいない企業でも簡単に安価で利用することができ、業務のデジタル化の第一歩を進めていくことができるサービスです。新機能「書類保存」では、データで受領・交付した見積書や注文書、領収書などが保存できます。
また、『Mikatano インボイス管理』では、受領・交付した請求書のデータ保存を行えるため、『Mikatano ワークス』と『Mikatano インボイス管理』を利用すると、取引関連書類の電子保存や請求書情報の可視化が簡単に実現できます。なお、請求書等の作成、送付、管理業務をまとめて行える当社のサービス『マネーフォワード クラウド請求書』を組み合わせて利用することで、適格請求書の発行業務も行えます。
※適格請求書の保存機能は、2023年中に搭載予定です。

<「書類保存」画面イメージ>

「Money Forward X」について

「Money Forward X」は、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げ、世の中からお金に関する課題や悩みをなくすことを目指し、SaaS×Fintech領域でプロダクトを展開する当社において、金融機関をはじめとしたパートナーと共創しながらサービスを提供する部門です。Fintechサービスの共通基盤である『マネーフォワードFintechプラットフォーム』を通じて、パートナーのさまざまな課題解決をめざします。当社が培ってきたテクノロジー&デザインの力を掛け合わせ、新たな便利や快適を叶えるサービスを、パートナーとともにつくりあげます。
URL:https://corp.mf-x.jp/

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

サービスの導入をご希望の場合のお問い合わせ先

https://corp.mf-x.jp/contact/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

会計事務所の業務改善と収益増加を実現するマネーフォワード クラウド会計

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

マネーフォワードは、会計事務所の皆様の専門性が最大限に発揮できる環境をサポートする事により、中小企業の抱える課題を共に解決するパートナープログラムをご用意しております。オンライン無料相談を承っておりますので、お気軽にご予約ください。

オンライン無料相談のご予約はこちら

引用元:Money Forward X、『Mikatano ワークス』に新機能「書類保存」を搭載|株式会社マネーフォワード



公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プレミアムパートナー様】


Clifix_logo_330_280


【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCJapan有限責任監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


事業再生・M&Aのプロ集団「J-TAP Group」_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


YKPlanning_logo_1500_500


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_トーマツは体育会?OBが語る風土と魅力:監査法人トーマツ OBトーク

    トーマツは体育会?OBが語る風土と魅力:監査法人トーマツ OBトーク

  2. 産休・育休から復帰しやすい監査法人はどこなのか!?女性や若手会…

  3. 新日本監査法人の業績ってどうなの?過去8年間の決算書を分析!

  4. 監査法人IPOランキング_2021

    EY新日本が4年連続首位!太陽躍進で新BIG4の時代に!?2021年 監査…

  5. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    外資系金融機関を辞めて地方で独立して成功するにはどうすればよい…

  6. 【平成28年・2016年度】1,147名が合格!修了考査合格発表に関する速…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント