コンタクトセンター・アワード2022で「センター表彰部門 審査員特別賞」を受賞:弥生【PR】

【PR:弥生様】

 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、「コンタクトセンター・アワード2022」(主催: 株式会社リックテレコム コールセンタージャパン編集部、共催: イー・パートナーズ有限会社)において、「センター表彰部門 審査員特別賞」を受賞したことをお知らせします。

20221129_main01.jpg

 「コンタクトセンター・アワード 2022」は、2004年から毎年開催されている、コンタクトセンターを運営する企業各社の相互研さんを図るとともに、優れた業務改善の取り組みと成果を決定する業界最大の表彰制度です。

 このたび、弥生が自社運営のカスタマーセンターにおいて人材定着を目指し、自社内でのキャリアイメージが描ける支援を行い、一定の成果を出している点が評価され、「センター表彰部門 審査員特別賞」受賞に至りました。

 弥生は、『お客さまの事業の立ち上げと発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」』をビジョンとして掲げており、カスタマーセンターを介したお客さまへのサポートはビジョン実現へのひとつの大きな柱としています。

 1997年、弥生はカスタマーセンターを大阪に初めて開設しました※1。当時は、業務ソフトウエアメーカーが大規模なカスタマーセンターを自社で運営することは珍しいことでしたが、自社で運営することでお客さまにより充実したサポートを提供することが可能になることと、お客さまのニーズも把握しやすくなり製品改善や新たなサービス開発につなげられると考え開設しました。
 現在、カスタマーセンターは大阪と札幌の2拠点で運営しており、業界最大規模の689席※2を確保しています。年間100万件を超えるお問い合わせに対して、専門のスタッフが製品の操作サポートだけでなく、仕訳相談など業務に関する相談などお客さまのご支援を行っています。

 これからも弥生のカスタマーセンターは、お客さまの悩みごとに寄り添い、より満足度の高いサポートを提供することで、スモールビジネスの事業発展を支え、日本経済の活性化に貢献していきたいと考えています。

※1 (株)システムハウスミルキーウェイと(株)日本マイコンが統合し、弥生(株)の前身となるインテュイット日本法人が設立。同時期に大阪カスタマーセンターを開設しました

※2 2022年6月末現在

「センター表彰部門 審査員特別賞」受賞概要

  1. 発表テーマ
    CAREER SHIFT-退職者100人時代の行動戦略~キャリア支援による人材定着への取り組み~
  2. 発表内容
    顧客サービス本部(カスタマーセンター)で実施している人材定着の取り組みについて、主に以下の3つを紹介
    (1)人事制度の改定
    全社の人事制度に合わせるのではなく、顧客サービス本部にフィットする等級制度の整備を独自で行い、オペレーター(働くメンバー)がキャリアを描きやすい環境を作った。
    (2)PMP(パフォーマンス・マネジメント・プロセス)による評価制度
    オペレーター自身がキャリアを実現するために、細やかなサポートを提供した
    (3)横断1on1の実施
    上司部下の関係ではないナナメの関係で1on1を実施。フラットな関係でより深い内省を促すことで、オペレーター自身によるキャリア形成を補助した。
  3. 審査員からの評価ポイント(抜粋)
    (1)キャリアパスの構築は長年、指摘されている課題でありながら、とくにインハウス型のセンターではほとんど着手できていません。そこに果敢に取り組み、一定の成果をもたらしたことは高く評価されるものだと思います。
    (2)細やかな支援や仕組みの充実化によりESを改善し、自社でのキャリアイメージを描けるようにしたことは、多くのセンターで学ぶべき事案でした。成長イメージを持てるような施策の他、企業・事業へのロイヤリティを向上させる施策についてもお話をうかがいたいと思いました。

コンタクトセンター・アワードとは

コンタクトセンター・アワードは、企業で運営されているコンタクトセンターにおける業務改善の取り組みを申請し、企業各社の相互研さんを図る目的に、優れた取り組みと成果を決定する業界最大の表彰制度です。

 主催: 株式会社リックテレコム コールセンタージャパン編集部
 共催: イー・パートナーズ有限会社
 コンタクトセンター・アワード Webサイト:https://www.cc-award.com/

弥生株式会社について
 弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、お客さまの事業の立ち上げと、発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業支援サービス」を開発・提供・サポートしています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト7年連続利用シェアNo.1※aデスクトップアプリで23年連続売上実績No.1※bを獲得しており、登録ユーザー数は280万を超えました。「事業支援サービス」は、起業・開業ナビ※c、資金調達ナビ※d、税理士紹介ナビ※e、事業承継ナビ※fなど、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体※gの立ち上げを主導するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。

※b 2022年1月17日付プレスリリース:弥生のデスクトップアプリ、23年連続で日本国内販売シェアNo.1を達成
※c 2021年3月31日付プレスリリース:「起業・開業ナビ」サービス開始
※d 2021年10月29日付プレスリリース:「資金調達ナビ」サービス開始
※e 2021年12月13日付プレスリリース: 「税理士紹介ナビ」サービス開始
※f 2022年6月29日付プレスリリース: 「事業承継ナビ」サービス開始
※g 立ち上げた2団体。2020年6月「社会的システム・デジタル化研究会」2020年7月「デジタルインボイス推進協議会」 

お問い合わせ

取材・プレスリリースに関するお問い合わせ窓口をご案内します。
お問い合わせはこちら

引用元:コンタクトセンター・アワード2022で「センター表彰部門 審査員特別賞」を受賞|会計ソフトなら弥生株式会社

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 公認会計士のための独立・開業勉強会【第1回】

    会計士の独立を成功させるには!?第1回・公認会計士のための独立・…

  2. クラウド請求書管理サービス Misoca(みそか)が描くペーパーレスの…

  3. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第5回:証券化マーケットの拡大とビジネス起ち上げへのチャレンジ【…

  4. 太陽監査法人記事_サムネイル

    太陽監査法人の会計士は成長がはやい!?若手会計士にキャリアや仕…

  5. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_EY新日本のOBに聞いてみた

    なぜEY新日本監査法人を選んだのか?:EY新日本監査法人OBトーク

  6. 会計士・渡邉孝江が聞いてきた!Vol.4

    上場できるベンチャーをどう選んだの?名古屋のCFO会計士が語る会計…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント