英語関連資格(TOEIC、TOEFL):公認会計士とシナジーのある資格

  • 2013/5/2

公認会計士の中には他資格の取得にチャレンジされる方も少なくありません。本項では、公認会計士が取得を目指す人気資格や公認会計士資格とシナジーのあると思われる資格について、転職市場での実際の評価について解説します。(評価は★から★★★★★の5段階とし、★★★★★を最高値とします。)

英語関連資格(TOEIC、TOEFL)

取得難度…点数による  転職市場での評価…点数による

日本経済における内需の緩やかな縮小やグローバル化の進展を受け、近年では日本企業の海外志向も非常に高まってきています。転職市場においても英語力の有無によって転職の可能性が大きく異なってくるなど、公認会計士のキャリア形成においても英語力アップは必須項目となりつつあります。そのような中、TOEICやTOEFLと言った英語関連試験の重要性も増していますが、これらはキャリアアップにどれくらいの影響があるのでしょうか。公認会計士にフォーカスして関して解説します。

概要・取得の際の注意点

  • 転職市場では英語力を図る指標としてTOEICやTOEFLの点数が利用される。
  • 英語力の評価は国際的にはTOEFLでの評価が一般的だが、日本の転職市場ではTOEICによる評価が一般的である。
  • ある程度の英語力を有していても海外での生活経験やビジネス経験がない場合は、英語力を客観的に示す指標としてTOEICやTOEFLを受験しておくことが必須である。(そうでなければ、採用側も英語力を評価しにくい。)
  • 海外での生活経験やビジネス経験がある場合でも、TOEICやTOEFLを取得しておいた方が無難である。(一部の日系グローバル企業では、採用の際にTOEICで一定の点数を取得していることを義務付けている場合もある。)
  • 英語力の目安は、履歴書に書く最低レベルでTOEIC700点相当が目安。
  • 英語力を必要とされる求人の場合はTOEIC800点相当以上が基準となることが多い。

会計業界での英語

  • 会計業界においても英語力のアップは公認会計士が転職の可能性を広げる最も効果的な手法である。
  • 監査法人やFAS、投資銀行などでも国際案件やクロスボーダーディールの増加から、英語力を必要とする人材のニーズが高まっている。(英語力のない公認会計士の採用ニーズは低下する傾向にある。)
  • 一般事業会社においても、高年収のグローバル企業に転職するためにはTOEIC800点以上など一定の英語力が必要となりつつある。
  • 現状では、高い英語力を有する公認会計士は多くないため、その希少価値は高い。
  • 特に、監査法人ではビジネスで英語の読み書きは利用していてもビジネス英会話のチャンスは少ないため、ビジネス英会話が可能な公認会計士は少ない。そのため、ビジネス英会話が可能な公認会計士は転職市場で高い評価を得ることができる。
  • 逆に、英語力のない公認会計士は、英語力を必要としない求人に応募が集中するため競争が厳しくなる傾向にある。
  • 30歳くらいまでであれば、ビジネスでの英語使用経験がなくとも、TOEIC800点以上など一定の英語力を有していれば英語力が必要とされる求人にも応募することが可能である。(TOEIC800点以上を取得していると応募できる求人数が大きく増加する傾向にある。)
  • 30代中盤以降の年齢になると、TOEICの点数だけでなく、ビジネス実務での英語使用経験が必要とされる傾向にある。
  • ビジネスレベルの英語力がなくても、TOEICで一定の点数を取得していれば応募可能な求人が増えるため、英語が苦手な場合はまずはTOEICの点数を高めることが重要である。
  • TOEICで一定の点数が取得できたら、次はビジネスでの英語使用機会を増やすこと、英会話力をつけることがポイントである。

TOEIC関連のおすすめ書籍

英語関連資格(TOEIC、TOEFL)を学ぶには下記の書籍が参考になります。

公認会計士のためのおすすめ書籍はこちら

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

新TOEICテスト 直前の技術 スコアが上がりやすい順に学ぶ

TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

TOEFL TEST対策iBTスピーキング

TOEFLテストライティング問題100 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)

新TOEICテスト「直前」模試3回分

公認会計士のためのおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

<ご注意>
本項に掲載されている情報は、公認会計士ナビ運営事務局が転職エージェントや監査法人・コンサルティングファームの人事担当者からの情報、インターネット上にて得られる情報などを吟味し作成したものになります。その内容は一般的な意見や情報をまとめたものになりますので、情報の普遍性や正確性を保証するものではありません。また、その内容は時期や景気の動向によって変化する可能性もあります。ご理解の上、ご購読下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士のための企業再生勉強会 第一部
    去る2013年6月15日(土)、山田ビジネスコンサルティグ(以下、YBC)様主催、公認会計士ナビ共催…
  2. onlive3_21
    来る2015年8月29日(土)に 第4回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:税務/会計系スタ…
  3. ipo3
    2015年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2015年のI…
  4. 税理士法人平成会計社
    平素より公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、…
  5. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1
    会計業界やスタートアップ業界を驚かせた会計ソフトシェアNo.1「弥生」によるクラウド請求書サービス「…
  6. 監査法人 IPO
    2013年、監査クライアントのIPO件数が最も多かった監査法人はどこなのか?  2013年1月…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための求人情報

公認会計士のための求人情報

公認会計士ナビ・スポンサー募集のご案内

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

IPO・J-SOX・M&Aコンサルの汐留パートナーズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る