米国公認会計士(USCPA)、国際会計検定(BATIC):公認会計士とシナジーのある資格

  • 2017/5/2

公認会計士の中には他資格の取得にチャレンジされる方も少なくありません。本項では、公認会計士が取得を目指す人気資格や公認会計士資格とシナジーのあると思われる資格について、転職市場での実際の評価について解説します。(評価は★から★★★★★の5段階とし、★★★★★最高値とします。)

米国公認会計士(USCPA)

取得難度…★★★  転職市場での評価…★★★★

日本国内での転職を考える際、日本の公認会計士資格と比較すると、米国公認会計士(以下、USCPA)の評価はそれほど高いわけではありません。しかし、日本の公認会計士資格とのダブルライセンスによるシナジーは大きく取得した際のキャリアアップ効果は大きめです。また、取得難度が高すぎず、米国会計基準に関する知識および英語力の向上が可能といったメリットがあることを考えると、公認会計士にとってはおすすめの資格と言えます。

概要

  • USCPAは日本の公認会計士資格と比較すると取得難度もそれほど高くない資格である。
  • 取得難度が高くない分、USCPA資格単体では評価もそれほど高くはないが、日本の公認会計士資格と合わせた際のシナジーが比較的大きめという点からはお勧めの資格である。
  • USCPAは、米国会計基準および英語の会計用語を学ぶことができるという点から、日本の公認会計士資格とのシナジーが大きめである
  • 国際的に評価される資格であるため、海外で働く場合にも一定の評価を得ることができる。

取得の際のリスク・注意点

  • 取得難度も高くなく、かつ、格段に高評価な資格でもないため、在職しながら取得することが望ましい。
  • USCPAが評価されるフィールドは、アドバイザリーファームであればクロスボーダー案件を取り扱っているファーム、事業会社であれば日系グローバル企業や外資系企業など広範囲に渡り、汎用性の高い資格である。
  • USCPAが評価されるフィールドは語学力が必要とされるフィールドであることが多いので、USCPAの取得と共に英語力も磨いておくことが望ましい。
  • 資格の登録(License Certificate)は行っていてもいなくても転職市場での評価には大きな影響はない。(ただし、一般的には、登録しなければ名刺に資格を記載できないため、USCPAの資格を名刺に記載したい場合は登録を行う必要がある。)

国際会計検定(BATIC)

取得難度…★~★★★(点数による)  転職市場での評価…★~★★★(点数による)

国際会計検定(BATIC)は東京商工会議所が主催する検定試験です。国際会計に関する知識や英語力を証明する試験として一定の評価(効果)は見られますが、プロフェッショナルとして活躍する公認会計士の資格を補強するにはやや弱めの資格です。

概要

  • USCPAと比較して受験コストが安く容易に受験することが可能。
  • 試験は合否ではなくスコアで評価されるため、徐々にスコアを高めていくことができる試験である。
  • 国際会計に関する知識と英語力を同時に図れる効率のよい試験である。

取得の際のリスク・注意点

  • 受験および取得が容易な分、転職市場での評価はそれほど高くはない。
  • コントローラーレベルを取得しなければ転職市場で相応の評価を受けるのは難しい。
  • 会計系アドバイザリーファームや外資系企業などではUSCPAの方が評価は高い。特に会計系アドバイザリーファームではBATICではほとんど評価をされないことが多い。
  • 日本の公認会計士資格を取得している場合、USCPAの方がシナジーも大きく転職市場での評価も高いので、多少、コストと時間をかけてもUSCPAを取得する方が望ましい。(もしくは、TOEICで高得点を取得する方が望ましい。)

USCPA・BATIC関連のおすすめ書籍

米国公認会計士(USCPA)、国際会計検定(BATIC)等について学ぶには下記の書籍が参考になります。

CPA Comprehensive Exam Review: Financial Accounting and Reporting Business Enterprises

Wiley CPA Exam Review 2016, Financial Accounting and Reporting

国際会計検定BATIC Subject〈1〉公式テキスト

国際会計基準戦争 完結編

国際会計基準戦争

公認会計士のためのおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

<ご注意>
本項に掲載されている情報は、公認会計士ナビ運営事務局が転職エージェントや監査法人・コンサルティングファームの人事担当者からの情報、インターネット上にて得られる情報などを吟味し作成したものになります。その内容は一般的な意見や情報をまとめたものになりますので、情報の普遍性や正確性を保証するものではありません。また、その内容は時期や景気の動向によって変化する可能性もあります。ご理解の上、ご購読下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士の多くが所属し、会計士試験合格者の大半の就職先にもなるBIG4と呼ばれる4大監査法人(…
  2. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル
    来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャン…
  3. 来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  4. 今回より「シリーズ:会計士×専門性」と題して、公認会計士のキャリアや専門性につい…
  5. 今回は、今、最も注目されているスタートアップのひとつであり、公認会計士ナビのスポンサーでもあるクラウ…
  6. 公認会計士 井上健 その3
    様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る