ベンチャーキャピタリストが語った”会計士が最速でスタートアップにジョインする方法”【第3回・公認会計士ナビonLive!!(3)】

  • 2015/8/18

来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4回の開催に向けて第3回・公認会計士ナビonLive!!の内容を振り返ります。

第3回公認会計士ナビonLive!!

【開催日時】 2015年3月21日(土)

【テーマ】 ベンチャーキャピタル・PEファンド×公認会計士

【第1部トークセッション】 公認会計士×ベンチャーキャピタル

第3回 公認会計士ナビonLive!!の第1部のトークセッション「公認会計士×ベンチャーキャピタル」では、若手独立系ベンチャーキャピタリストの木下慶彦氏が、「公認会計士が最速でスタートアップにジョインするための方法」についてプレゼンテーションを行いました。

本記事では、木下氏のスライドとプレゼンテーションをお届けします。 

プレゼンター:木下慶彦(Skyland Ventures 代表パートナー)

1985年生まれ、早稲田大学理工学部卒業後、インキュベイトファンドなど2社のベンチャーキャピタルを経て、2012年8月の26歳の頃にSkyland Venturesを創業し代表パートナーへ就任。『スタートアップ1000人プロジェクト』という、スタートアップで働く仲間を1000人増やすことにチャレンジしている。

Twitterアカウントは@kinoshitay

公認会計士が最速でスタートアップにジョインするには?

Twitterをやろう!

【スライド:p15~17】

木下氏のアドバイスはシンプルだ。「Twitterを始めよう」ということである。

具体的なステップは下記だ。

  1. Twitterを始める
  2. スタートアップの社長やメンバーを100人以上フォローする
  3. Favやリツートする
  4. オフィスに遊びに行く

Twitterで、スタートアップ関係者にFavやリツイートを行うことによって、彼らの目に留まりコミュニケーションのきっかけとなる。(木下氏は「しょっちゅう自分に絡んでくるフォロワーには確実に反応する」と言う。)

そこからリレーションを深めオフィスに遊びに行ったり直接会い人脈を形成していくのが有用という。

「チャンスを見極める目」なんてものはない。「ノリの良さ」があるかどうか。

【スライド:p18】

とは言え、ほとんどの人は行動できない。また、スタートアップに転職を考える人間は「どれが良いスタートアップだろうか?」「これは自分にとって良い機会だろうか?」と考えがちだ。

木下氏は、「良いスタートアップや正しい選択肢は簡単には見極められない」、それよりも、「行動すること、ノリが大事」と語った。

堀江貴文氏の言葉を借りると「チャンスを見極める目なんてものはない。“ノリの良さ”があるかどうか」だと言う。

大学生でもできる!Twitterでスタートアップにジョインした事例

【スライド:p19~22】

木下氏は、このTwitterを使って木下氏が関与するスタートアップにジョインした大学生の事例も紹介した。

  • Twitterでメッセージを貰って24時間後にはスタートアップにジョインしていた大学生
  • エンジニアだと思って声をかけたらまだプログラミング勉強中だったがインターンが決まった大学生
  • 関西からTwitterで東京のベンチャーキャピタリストにFavをし続けたことによって声がかかり東京に移住した大学生

など、行動すればチャンスを掴めるということだ。

ハブになる人に会おう

【スライド:p23】

木下氏は、「ハブになる人」と会うことも重要という。スタートアップなら有力起業家やベンチャーキャピタリストだ。

それによってより出会いの機会が広がるという。

若手会計士がスタートアップで働くときに知るべきこと

【スライド:p24】

また、木下氏は、若手会計士がスタートアップで働くときに知るべきことも語ってくれた。

主なポイントは下記だ。

  • 年収500万円以下になることを覚悟しよう(もちろん例外はあり)

スタートアップの年収は低い。スタートアップでの実績やよほど高いスキルがあるなどしない限りは年収500万円以下で転職するのが基本と考えるほうがよい。

  • 監査経験が3年を超えてもレバレッジがかかりにくい

スタートアップに転職することだけを目的にすれば、監査を3年経験していれば十分。監査のスキルとスタートアップに馴染むかは別物、リスクのとれる若いうちに早めにジョインすることに越したことはない。 

  • シードとミドル・レイターは全然違うので注意

「スタートアップ」と言ってもステージによってまったく別物である。

・シード:10人以下、ビジネスモデルなし、管理系の役割なし

・ミドル以降:10人以上、ビジネスモデルあり、管理系の役割あり

  • シードスタートアップではプログラミングをできないメンバーの価値が低いケースが多い

最近はIT系スタートアップが主流。シード段階はプロダクトの開発がメインのため、プログラミングができないと企業に貢献しづらい。

参考:公認会計士がジョインしやすいスタートアップの組織

【スライド:p25】

木下氏は、最後に公認会計士がスムーズにジョインしやすいスタートアップの組織についても語ってくれた。

木下氏の経験から、スタートアップと会計士が馴染みにくい可能性が高いのは、「管理業務を知らない起業家」「監査経験しかない(スタートアップの管理を知らない)会計士」の組み合わせだという。

エンジニアとして抜群の経歴を持っている起業家でも企業の管理を知らない、管理経験のない経営者は普通にいる。そういった経営者が管理をすべて任せられると考え、若手会計士を採用する。

一方で、監査経験のみの会計士は(よほどセンスのいい人材を除けば)スタートアップでまず何をしたらよいかわからない。また、経営者は管理を会計士に丸投げのため指示も出せず、会計士側も経営者がどうしたいのかわからず、周囲もエンジニアしかおらず孤立してしまいがちになる。

なお、こういったケースを避けるためには、社内には管理系人材がいなくとも、顧問など社外メンバーにスタートアップ支援に強い会計士や税理士、ベンチャーキャピタリストがいるスタートアップを選ぶことが重要と語った。(木下氏の関与先でもこういった体制を敷くことを意識しているという。)

以上、いかがだっただろうか?

スタートアップに興味のある会計士は、今すぐ木下氏のTwitterをフォローしよう!

木下氏のTwitterアカウントは @kinoshitay だ!

(終)

公認会計士の転職なら!公認会計士ナビの転職エージェント

詳細情報へのお問合せは、公認会計士ナビの転職エージェントサービスを通じてご連絡ください。会計業界ならびに公認会計士のキャリアに詳しい転職エージェントがご応募をサポート致します。ご興味のある方は下記よりお申込みください。

公認会計士専門の転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 2014年12月11日、東証マザーズに株式会社ビーロットが上場した。 このビーロット社は不動産…
  2. 平素より公認会計士ナビをご覧頂きましてありがとうございます。 この度、 公認会計士ナビの読者の…
  3. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  4. 2014年9月30日、「築地銀だこ」や「COLD STONE CREAMERY」などの事業展開で有名…
  5. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  6. 去る2017年3月25日(土)、「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャンはあるのか?」「…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る