金融機関とのAPI連携開始について:freee【PR】

【PR:freee様】freee株式会社

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、各金融機関と参照系のAPI(注1)を活用した利用明細の取り込みを開始したことをお知らせします。

API連携を開始した金融機関一覧(2020年5月7日~5月15日)

  • 三菱UFJ信託銀行(法人)
  • 常陽銀行(法人)
  • 常陽銀行(個人)
  • 足利銀行(法人)
  • 足利銀行(個人)
  • 北陸銀行(法人)
  • 北陸銀行(個人)
  • 池田泉州銀行(法人)
  • 池田泉州銀行(個人)
  • 南都銀行(法人)
  • 南都銀行(個人)
  • 紀陽銀行(法人)
  • 百十四銀行(法人)
  • 百十四銀行(個人)
  • 西日本シティ銀行(法人)
  • 大分銀行(法人)
  • 大分銀行(個人)
  • 長野銀行(法人)
  • 福岡中央銀行(個人)

※ API接続先一覧はこちらをご覧ください。

API連携以前は、各金融機関のインターネットバンキングのユーザーIDとパスワードを「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」上に保存していただくことで、その情報を用いてシステムが機械的にオンライン・サービスへログインし、利用明細を「会計freee」に取り込んでいました(注2)。今回の連携により、ユーザーは「会計freee」にユーザーIDとパスワードを保存することなく、利用明細を自動連携できるようになり、より安全かつ安定的に「会計freee」での自動仕訳など明細連携のメリットを享受いただけるようになります。

今後も各金融機関との連携を進め、お客様にとって使いやすいサービスを目指してまいります。

(注1)金融機関の口座情報を外部連携するAPI には、参照系APIと更新系APIの2種類あります。参照系APIは金融機関の入出明細や残高情報等を外部サービスに情報連携するAPIで、更新系APIは外部サービス内から振込に係る情報連携を実現するAPIです。
(注2)スクレイピングと呼ばれる手法

本件に関する問い合わせ先

広報担当:野澤
E-mail:pr@freee.co.jp

引用元:金融機関とのAPI連携開始について | プレスリリース | freee株式会社

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. CaN Internationalオフィス訪問サムネイル2

    会計士が国際業務で独立!わずか4年で急成長した会計事務所はどんな…

  2. teensprit_サムネイル

    ティーンスピリット宮地俊充、会計士試験合格後の10年を語る~会計…

  3. エスネットオフィス画像11

    会計コンサルタントってどんなところで働いてるの?エスネットワー…

  4. 渡邉孝江が食べてきた!サムネイル画像

    汐留のオシャレなハワイアンカフェのオーナーは会計士!?:会計士…

  5. 公認会計士業界時事ニュース

    2017年度の監査報酬が増加、トーマツが監査イノベーションを体験で…

  6. 会計士が税務をやるなら将来何をしたいのかを明確に-税務分野で活…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント