KPMG英国で大企業の非監査業務を中止、監査報告書の長文化に議論過熱など2件:今月の会計士業界ニュース(2018年11月その2)

2018年11月6日、9日に、非監査業務、監査報告書などに関するニュースがリリースされています。

KPMGが英国大企業のコンサルティングなど非監査業務を中止、監査報告書の長文化に議論過熱などの記事を幅広くご紹介します。

KPMG、英国で大企業のコンサルティングなど非監査業務を中止

国内の四大監査法人が発表した直近2017年度の『業務及び財産の状況に関する説明書類』によると、業務収入に占める非監査証明収入の比率は、あずさが21.18%、EY新日本が16.02%、トーマツが29.5%、PwCあらたが48.59%と高い比率を占めています。

その非監査証明業務について、今回、KPMGが英国の会計監査を手がけている大企業を対象として、コンサルティングなど非監査証明業務の提供を中止するという記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

国際会計事務所のKPMGが、英国で会計監査を手掛けている大企業に対し、コンサルティングなどの非監査業務の提供を中止する見通しになった。複数の英メディアが8日に報じた。様々な企業向けサービスを展開する監査法人を巡っては、複合的な役務の提供が利益相反を生むとの批判が出ていた。監査業務に集中することで透明性を高める狙いがある。

引用元:KPMG、英で監査以外の役務制限へ ビッグ4初(日本経済新聞 2018年11月9日付)

記事によると、英財務報告評議会が6月に公表した報告書の中で、KPMGに対して「監査の質低下は受け入れがたい」と指摘していたことなどが背景にあったようです。

今回の非監査業務の制限はKPMGの英国に限った話ですが、今後、日本にも影響が波及することになるのでしょうか。非監査証明業務は、四大監査法人の屋台骨と言えるほど高い収入比率を占めているだけに、行く末が気になります。

監査報告書の長文化に議論過熱

不適切会計の発覚で監査人に説明責任が求められる中、監査意見の形成過程を透明化するために、監査報告書を従来の短文式から長文式へと改正するための検討が重ねられてきました。

今回、監査報告書の新たな開示ルールの実際の運用に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

金融庁主導で検討が始まった新たな開示ルールを巡り、監査法人などからは早速、戸惑いの声が上がっている。ありきたりな監査報告書に慣れきった公認会計士にとって、企業それぞれについて具体的な意見を求められるとなれば、心理的な負担感が大きい。「金融庁がどこまで本気なのか見極めないといけない」(大手監査法人幹部)と今後の議論の行方をうかがう。

引用元:監査法人・企業に戸惑い リスク情報開示に抵抗も(日本経済新聞 2018年11月6日付)

記事によると、新たな開示ルールでは意見不表明などの詳しい理由が分かるため投資家にとってはメリットがある一方で、企業が自ら都合の悪い情報を開示せざるを得なくなり、企業と監査法人が戸惑いを感じているとしています。

また、11月2日に開かれた「会計監査についての情報提供の充実に関する懇談会」に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

問題は「不適正」や「意見不表明」のケースだ。監査報告書での意見は決算内容が正しいかどうかを示すもの。そのため現在は監査法人が判断した理由などを詳しく、主体的に発信する手段は限られている。金融庁は今後、判断の理由についても詳しく説明するよう求めていく方針だ。

引用元:「不適正決算」判断の理由詳細に 監査法人に説明責任 (日本経済新聞 2018年11月6日付)

記事によると、監査人は被監査会社と守秘義務契約を締結しており、正当な理由としてどこまで情報を提供できるかが焦点となっていると説明しています。

なお、新しい監査報告書の実施時期ですが、今回話題になった「監査上の主要な検討事項」については、平成33年3月決算にかかる財務諸表の監査から適用となります。

標準化された監査報告書での報告に慣れていた公認会計士にとって負担は大きなりますが、監査がより投資家にとって分かりやすいものになり、投資の意思決定に資することは、監査業界にとって歓迎すべきことと言えるのではないでしょうか。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

この記事の著者

→記事一覧

【大津留ぐみ:公認会計士・税理士/会計士・税理士専門ライター】 大学在学時にシェイクスピアを学んだことをきっかけに劇作家を目指すも挫折。編集プロダクションで編集やライティング業務に従事した後、公認会計士試験にチャレンジし合格。大手監査法人の東京事務所にて監査業務、財務デューデリジェンスなどに従事。 その後、フリーランスの公認会計士として非常勤監査、税理士法人の社員税理士として税務業務に従事しつつ、大津留ぐみのペンネームでライターとしての執筆活動にも従事。ライターとして、お金、社会保障、会計、税務などに関する記事を執筆。また、2児の母となったことをきっかけに、子どもの貧困や教育格差、子どものイジメに関する記事なども執筆。現在は、株式会社ワイズアライアンスの専属ライターとして会計・税務の記事を執筆しつつ、会計事務所にて内部統制業務にも従事するパラレルワーカー。公認会計士・税理士。

  1. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【新規承認】フィットイージー株式会社(東証スタンダード)

    2024.06.24

  2. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【新規承認】株式会社タイミー(東証グロース)

    2024.06.24

  3. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【初値決定】株式会社MFS(東証グロース)

    2024.06.24

  4. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【初値決定】株式会社WOLVES HAND(東証グロース)

    2024.06.24

  5. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【初値決定】株式会社タウンズ(東証スタンダード)

    2024.06.24

  6. IPO速報用画像_thumb_ipo

    【初値決定】PostPrime株式会社(東証グロース)

    2024.06.24

  1. 最大手の監査法人はどこ?四大監査法人を比較する:人員数・業績編…

    2017.01.31

  2. PwCあらたで実現する公認会計士の多様な可能性

    BIG4監査法人でやりたいことと昇格をどう両立するか!?PwCあらたで…

    2021.06.16

  3. 第13回・公認会計士ナビonLive!!

    【終了】第13回 公認会計士ナビonLive!! ~広がりゆく公認会計士の…

    2024.02.29

  4. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    会計士の仕事に経済学は役立つ?商学部と経済学部のどちらに進学す…

    2020.10.07

  5. 株式会社弥生_記帳代行支援サービス_様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代行支援サービス_西山税理士事務所_西山優一郎氏_サムネイル_thumbnail

    様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代…

    2022.11.04

  6. IPO専門のESネクスト有限責任監査法人_ESNextLLC_新オフィス訪問_サムネイル_thumbnail_IPO専門のESネクスト監査法人!大手町のスタートアップ風オフィスに潜入!

    IPO専門のESネクスト監査法人!大手町のスタートアップ風オフィスに…

    2022.05.27

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プレミアムパートナー様】

Clifix_logo_330_280

【プラチナパートナー様】

Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用

PwCJapan有限責任監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

リンクパートナーズ法律事務所

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

令和アカウンティング・ホールディングス

【ゴールドパートナー様】

南青山アドバイザリーグループ

公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ

事業再生・M&Aのプロ集団「J-TAP Group」_ロゴ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee

バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

YKPlanning_logo_1500_500

海外進出支援のCaN International

→パートナー企業一覧

→パートナープラン詳細

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント