freee とインフォマート「BtoBプラットフォーム」が連携開始。請求書業務の効率化に向けたソリューションを共同で提供【PR】

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freee 株式会社は、当社が提供する「クラウド会計ソフト freee」において、株式会社インフォマートが提供する「BtoB(企業間電子商取引)プラットフォーム 請求書」とのシステム連携を開始しました。「BtoBプラットフォーム 請求書」からの取引データを「クラウド会計ソフト freee」に連携することにより、請求書の受領から支払までを一気通貫で完結させ、バックオフィス業務の生産性向上を支援します。

flow

スモールビジネスにおける支払業務における課題

経理の基本的な業務である支払業務は、従来は振込と記帳が分断されており、振込に用いた情報を再度記帳の際に入力するなど、重複入力となる作業が発生しやすい分野でした。これまでfreeeは、3,600を超える金融機関等サービスからの入出金履歴の取得、買掛金の取引リストからの総合振込用ファイル出力、2017年には金融機関とのAPI連携による振込データの連携等に取り組み、支払業務の効率化を後押ししてまいりました。

一方で、その支払の元となる請求書のやり取りもまた「請求する事業者がシステムで作成した請求書を紙に出力し送付、受領した事業者が再度システムに入力する」という企業を跨いだ重複作業が残る非効率な分野です。今回、freeeは利用企業数144,839社、442,332事業所(2017年6月末現在)という請求書業務の一大プラットフォームである「BtoBプラットフォーム 請求書」と連携することで効率化の幅を広げ、スモールビジネスのバックオフィス業務全般の効率化を益々加速させます。

summary

パートナーと共同での中堅飲食企業のバックオフィス効率化を加速

freee は、「クラウドERP」のコンセプトのもと、2016年5月に中堅企業向け基幹システム市場に本格的に参入し、2017年3月には内部統制に対応した「エンタープライズプラン」をリリース(注。上場企業にも対応可能なバックオフィスサービスへと「クラウド会計ソフト  freee」を進化させています。

また「BtoBプラットフォーム 請求書」のユーザーの多くは複数店舗を持つ中堅飲食企業になります。今回の「クラウド会計ソフト  freee」 と「BtoBプラットフォーム 請求書」の連携をはじめ、中堅飲食業のバックオフィス業務の更なる効率化に向けて、外部パートナーとの共同での取り組みを今後も継続してまいります。具体的には、店舗管理システムやレジシステム等のサービス提供事業者と一緒に、「freee API」も活用したオープンなシステム連携・協業を検討しています。

注:当社プレスリリース freee が上場会社(監査)にも対応したエンタープライズプランをリリース

株式会社インフォマートについて

世界中の企業や人を結ぶことを目指した「BtoBプラットフォーム」を運営。企業において電話やFAX、郵便、相対等、時間とコストをかけて行われている商行為を「BtoBプラットフォーム」を利用することで、生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化が実現し、CO2削減や社会環境に貢献。

<会社概要>
会社名  株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者  代表取締役社長 米多比 昌冶
設立   1998 年 2 月 13 日
資本金  32億1,251万円
所在地  東京都港区海岸1‐2‐3 汐留芝離宮ビルディング13階

<提供サービス>
「BtoBプラットフォーム 請求書」                     https://www.infomart.co.jp/seikyu
「BtoBプラットフォーム 受発注」                     http://www.foodsinfomartsystem.com
「BtoBプラットフォーム 規格書」                     http://www.kikaku-s.com
「BtoBプラットフォーム 商談」                         http://www.foodsinfomart.com
「BtoBプラットフォーム 業界チャネル」         https://b2b-ch.infomart.co.jp

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」 https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」          https://keiei.freee.co.jp/

引用元:freee とインフォマート「BtoBプラットフォーム」が連携開始。請求書業務の効率化に向けたソリューションを共同で提供

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 株式会社ビーブレイクシステムズ_ロゴ_thumb

    ビーブレイクシステムズ 様にゴールドスポンサーにご協賛頂きました…

  2. 弥生_30周年企画_後編_サムネイル画像

    税理士・会計士の仕事や営業、30年前とどう変わった!?2017年と198…

  3. 創業わずか4年でのIPO を実現したGameWith -その裏側にあった確実な…

  4. 次世代のキャリアモデル、グローバルで活躍する公認会計士 前編-Ca…

  5. 会計事務所のステージによって重視すべきことは異なる/東京共同会…

  6. ベストティーチャー 宮地俊充

    インチャージでもなく、CFOでもなく、僕は起業家への道を選んだ(前…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援