マネーフォワード、Open Bank APIの一環として日本IBMの「FinTech共通API」への接続検証を実施~今後、よりセキュアで利便性が高いサービスの提供が可能に~【PR】

  • 2016/7/1

【本記事は株式会社マネーフォワード様からのプレスリリースです】

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、日本アイ・ビー・エム株式会社(以下「日本IBM」)が開発した「FinTech共通API」※1への接続検証を実施いたしましたので、お知らせいたします。「FinTech共通API」は、当社が運営するPFM(Personal Financial Management)サービス「マネーフォワード」や、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」への導入を検討しております。

 日本IBMが提供する「FinTech共通API」は、Fintechサービスを提供する会社に向けて、オープンかつ汎用的に提供されるものとなります。当社のサービスに「FinTech共通API」を導入することにより、ユーザーにとってより利便性が高く、セキュアにご利用いただくことが可能となります。

 当社は、セキュリティを担保しながらユーザーに新しい金融サービスを提供する「Open Bank API」を推進しており、これまでも金融機関とのAPI接続の実績※2が複数あり、本取組もその一環となります。Fintechサービスには開発生産性と高いセキュリティレベルが求められる為、本取組のような形で金融機関のAPIがオープンになることで、当社以外にも新たなFintechサービスがより多く生まれ、金融業界全体の活性化に繋がっていきます。引き続き、金融業界のイノベーションを推進し、より一層ユーザー利便性の高いサービスの開発、提供を進めてまいります。

「Open Bank API」の概要

 銀行が保有している顧客の資産残高情報や入出金履歴情報を、銀行と顧客の同意の元に銀行外のサービスで利用できるようにする仕組みです。これにより、ユーザーは、セキュアに低コストで、正確なデータを銀行外のサービスで利用することができます。IT産業においてデータ活用が標準化されるだけでなく、銀行自身もFintechサービスのプラットフォームになることができます。このような取組は海外でもまだ数行しか事例がなく、世界的にみても先進的な取組です。

 当社は、高いセキュリティと正確なデータを担保しながら安心して、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」をご利用いただける社会の実現を目指し、今後も「Open Bank API」を推し進めてまいります。

※1::日本IBMプレスリリース:「FinTech共通API」、FinTech企業との接続検証を実施
※2::マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~
マネーフォワード、静岡銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 静岡銀行』を提供開始~NTTデータのインターネットバンキングAPIを国内初導入の自動家計簿・資産管理サービスをリリース~
マネーフォワード、群馬銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 群馬銀行』を提供開始〜NTTデータのインターネットバンキングAPIを導入したPFMサービスとして国内2例目~

株式会社マネーフォワードについて

2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。
≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』https://moneyforward.com/
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
 確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 https://biz.moneyforward.com/tax_return
 会計ソフト『MFクラウド会計』  https://biz.moneyforward.com/
 請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 https://invoice.moneyforward.com
 入金消込ソフト『MFクラウド消込』 https://biz.moneyforward.com/reconciliation
 給与計算ソフト『MFクラウド給与』 https://biz.moneyforward.com/payroll
 創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』https://biz.moneyforward.com/implementation_support
 マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 https://biz.moneyforward.com/mynumber
 経費精算ソフト『MFクラウド経費』 https://biz.moneyforward.com/expense
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア
『マネトク!』 https://moneyforward.com/media/
・マネーフォワードFintech研究所 https://moneyforward.com/mf_blog/category/fintech/

引用元:マネーフォワード、Open Bank APIの一環として日本IBMの「FinTech共通API」への接続検証を実施~今後、よりセキュアで利便性が高いサービスの提供が可能に~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士試験 合格者数
    去る、平成24年11月12日(月)、平成24年公認会計士試験の合格者が発表されました。 今年度…
  2. 公認会計士のキャリアが多様化する昨今、自らのコアキャリアをどこに置くべきかが気になる若手会計士は少な…
  3. 新年あけましておめでとうございます。 公認会計士ナビのおすすめ書籍のコーナーに掲載している…
  4.   独立を目指す公認会計士や既に開業している公認会計士にとっては、税務の報酬相場は気になるところで…
  5. 四大監査法人検索ワード
    前回の投稿から時間が空いてしまいましたが、今回はGoogleで比較する監査法人シ…
  6. public
    有限責任監査法人トーマツのパブリック・ヘルスケア部門が人材を積極募集中です。 こんな人材を求め…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る