会計事務所(税理士事務所・税理士法人/税務)への転職 -公認会計士の転職ナレッジ

  • 2015/8/1

公認会計士にとって会計事務所(税理士事務所・税理士法人/税務)への転職は人気の高いキャリアパスのひとつであり、特に、独立開業を目指す公認会計士にとって、税務実務を経験できる会計事務所は魅力的な転職先です。しかしながら、監査やFAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)の経験を中心とし、年収も高い公認会計士は一般的な会計事務所からは敬遠される傾向にあり、会計事務所への転職を実現するのは簡単ではないという側面もあります。

ここでは公認会計士の会計事務所への転職について解説します。

会計事務所・税務(税理士事務所・税理士法人)への転職の傾向

全体の傾向

  • 会計事務所には「税務をメインとする会計事務所」「税務とFASや会計アドバイザリーを行っている会計事務所」がある。
  • 独立開業を目指す公認会計士は「税務を経験できる会計事務所」への転職を希望する傾向にある。
  • 公認会計士は、「FASや会計アドバイザリーをメインとする会計事務所」で採用されやすい傾向にある。
  • 会計事務所の年収は大手・準大手監査法人の年収より低いため、大手・準大手監査法人から税務職に転職する際には年収を下げる必要がある。
  • 税務経験がない公認会計士が税務の経験できる会計事務所へ転職するのは簡単ではない。その理由として、転職市場では、税務経験のある即戦力の税理士を年収500~600万円で採用できることも挙げられる。
  • また、税務希望の公認会計士には独立希望者も多く、採用しても2~3年で退職される懸念もあるため採用側も慎重になっている側面もある。
  • そのため、公認会計士は、年齢が若く、かつ、希望年収も低いほど、税務経験を積める会計事務所へ転職できる可能性が高い。
  • また、「税務をメインとする会計事務所」よりも「税務とFASや会計アドバイザリーを行っている会計事務所」のほうが公認会計士を積極的に採用する傾向にあり、主に中堅~独立系大手会計事務所などにこの傾向が見られる。

公認会計士を採用しやすい会計事務所の特徴

  • 前述の通り、「税務とFASや会計アドバイザリーを行っている会計事務所」(もしくは、「FASと会計アドバイザリーをメインに行っている会計事務所」)が公認会計士を積極的に採用する傾向にあり、主に中堅~独立系大手会計事務所などにこの傾向が見られる。
  • 中小の会計事務所でも所長や代表社員に公認会計士がいる会計事務所は、公認会計士の採用にやや寛容な場合がある。
  • 「税務とFAS業務や会計アドバイザリー業務を行っている会計事務所」に転職すると税務とFAS・会計アドバイザリーの両方を経験できる可能性がある。ただし、「税務は税理士」「FASや会計アドバイザリーは公認会計士」と業務が分かれている会計事務所もあるため、税務業務を希望する場合は、公認会計士に税務を経験できるチャンスがあるかどうかを事前に確認しておいたほうが良い。

会計事務所(税理士事務所・税理士法人)の年収

  • 会計事務所は規模やサービス内容によって大きく年収水準が異なる。
  • 従業員数名の中小会計事務所の場合、税務スタッフの年収は300万円前後であり、税理士でも450万円程度である。
  • 従業員数が30名を超える中堅以上の会計事務所や大手会計事務所の場合、税理士の年収は500万円~600万円程度であることが多い。
  • BIG4税理士法人であれば、税理士の年収は年齢や役職、所属部署、残業量にもよるが600万円~1,000万円前後(スタッフ~マネージャー)であることが多い。
  • 中堅以上の会計事務所で、FAS業務や会計アドバイザリーをメインに担当する場合(税務を担当しない場合)は、年収600万円~800万円程度のスタートとなることが多い。(実績を上げれば800万円以上の年収を実現できる場合もある。)
  • 中堅以上の会計事務所で税務顧問業務をメインとする場合の年収は500~600万円程度であることが多い。組織再編や事業承継など税務コンサルティングに従事する場合は600~800万円程度(または、それ以上)となることが多い。

会計事務所(税理士事務所・税理士法人)業界でのキャリアの特徴

  • 会計事務所に転職する場合、どのような業務を経験し、どの分野を得意分野としていくかを意識する必要がある。
  • 前述の通り、税務と並行してFASや会計アドバイザリーを行っている会計事務所もあるため、ひと言に「会計事務所のキャリア」と言っても、「税務業務」と「FAS・会計アドバイザリー業務」のどちらをどの程度ずつ経験するかで、税理士寄りのキャリアか、公認会計士寄りのキャリアかに分かれてくる。
  • 会計事務所業界でキャリアを積んでいく場合は、税理士とも競合するため、その点も意識して自身のキャリアを考えると良い。
  • 「税務」にも、一般的な法人税務、相続税、所得税、組織再編税務、証券化税務、国際税務など様々な分野があるため、税務分野でもどの分野を経験したいのかを意識してキャリアを考えると良い。
  • 「FAS・会計アドバイザリー」にも、株式公開支援、内部統制、IFRS、デューデリジェンス、バリュエーション、M&Aアドバイザリー、企業再生など幅広い分野があり、どの分野を強みにするかを意識してキャリアを考えると良い。

公認会計士のための転職エージェント

会計事務所・税務関連のおすすめ書籍

会計事務所・税務(税理士事務所・税理士法人)での業務や仕事内容を学ぶには下記の書籍が参考になります。

新税理士法

会計事務所の仕事がわかる本

他人より年収10倍「稼げる」税理士になる方法

ひとり2000万円稼ぐ会計事務所の作り方

会計事務所のM&A成功術

近年、引退する税理士が経営する会計事務所をM&Aを活用して事業承継する事例が増えてきています。本書では、会計事務所ならではのM&Aノウハウを解説しています。

伸びる税理士事務所のつくり方

国税記者 実録マルサの世界

税務・会計事務所関連のおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

公認会計士の転職をサポート!

公認会計士ナビの転職エージェントサービスでは、公認会計士の転職サポートを行っております。本ページの内容よりさらに詳しくノウハウや業界を解説し、キャリアプランの策定、転職に向けた準備、求人のご紹介、応募書類の添削や面接対策などを行います。

ご希望の方は下記よりお申込みください。

公認会計士のための転職エージェント

<ご注意>
本項に掲載されている情報は、公認会計士ナビ運営事務局が転職エージェントや監査法人・コンサルティングファームの人事担当者からの情報、インターネット上にて得られる情報などを吟味し作成したものになります。その内容は一般的な意見や情報をまとめたものになりますので、情報の普遍性や正確性を保証するものではありません。また、その内容は時期や景気の動向によって変化する可能性もあります。ご理解の上、ご購読下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…
  2. 1,178名が合格!平成25年(2013年)公認会計士試験 本日、平成25年11月14日(金)…
  3. 来る2016年8月20日(土)に東京・日本橋にて公認会計士と「FAS・コンサルティング」「ベンチャー…
  4. 公認会計士のキャリアが多様化する昨今、自らのコアキャリアをどこに置くべきかが気になる若手会計士は少な…
  5. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  6. PwCあらた監査法人
    PwCあらた有限責任監査法人が、遠方から東京、名古屋、大阪への転職者を希望される方を対象に面接や…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための求人情報

公認会計士のための求人情報

公認会計士ナビ・スポンサー募集のご案内

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る