インボイス制度に対応した請求書を無料で作成できるサービス 「freee請求書」提供開始。電子帳簿保存法にも対応【PR】

【PR:freee様】

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

インボイス制度に対応した請求書を無料で作成できるサービス 「freee請求書」提供開始。電子帳簿保存法にも対応

freee請求書

freee株式会社(以下freee)は、来年10月開始予定のインボイス制度に対応した請求書を無料で作成できるサービス「freee請求書」の提供を開始しました。これにより、インボイス制度開始に伴い新たに請求書に記入が必要となった項目「税率ごとの消費税額及び適用税率」及び「適格請求書発行事業者の登録番号」に対応した請求書の発行が可能です。
作成した請求書はfreee請求書上で取引先へメールで送付することができ、freee会計・freee販売と取引情報の連携も可能です。電子帳簿保存法にも対応しています。

freee請求書:https://www.freee.co.jp/invoice

制度開始に向けた準備の課題~インボイス制度「理解している人」は14.4%、「準備している人」は1.4%~

インボイス制度とは、適格請求書(インボイス)と呼ばれる一定の条件を満たす請求書や領収書等のやりとりを通じ、消費税の仕入税額控除をできるようにする制度で、2023年10月1日開始予定です。事業者間の取引における請求書等の発行や保存のルールが従来と大きく変わります。
しかし、freeeが個人事業主を対象とした調査(※1)の中で「インボイス制度を知っているか」という問いに対して「制度内容を知っていて理解している」は14.4%にとどまりました。さらに、日本商工会議所が行ったインボイス制度に向けた準備状況の調査(※2)では、「特に何もしていない」という回答が60.5%。対して、「請求書等発行システムや経理・受発注システムの入替・改修等を行っている」割合は1.4%という結果が出ています。
 制度開始が迫ってきている中で、早めの準備と正確な制度理解が必要となります。
※1:freee株式会社2022年9月調査
※2:日本商工会議所 2022年5~6月調査

「freee請求書」3つの特徴

①フォーム入力で誰でも簡単に見積書・納品書・請求書を作成

見積書・納品書・発注書など請求書以外にも様々な書類を作成することが可能です。またフォームに沿って入力するだけで、リアルタイムで書類に反映され、プレビューを見ながら簡単に書類を作成できます。
また、50種類以上のテンプレートの中から自分にあったテンプレートを選択して書類を作成することができます。書類に記載する項目はテンプレートから追加や変更を行うことも可能です。

②インボイス制度による新ルール、電子帳簿保存法にも対応

インボイス制度により新たに、端数処理(※)のルールが明確化される予定です。freee請求書を使えば金額を入力するだけでインボイスの計算方法で自動計算し、適格請求書の項目も満たした請求書を発行することが可能です。
また、freee請求書では作成した書類は自動で電子データとして保存されます。また、電子帳簿保存法で定められている削除履歴・訂正要件・検索要件にも対応。電子帳簿保存法に沿って利用することが可能です。
※端数処理に関して(財務省資料):https://www.nichizeiren.or.jp/wp-content/uploads/invoice/invoice4b.pdf

③「freee会計」と連携

freee請求書をfreee会計と連携させることで、取引先情報の連携が可能です。
また、作成した請求書の情報をfreee会計に自動で反映し仕訳登録ができます。今後は、入金ステータスを自動で管理する連携も予定しています。

「freee請求書」ご利用方法

「freee請求書」の今後について

freeeはこれまで、ペーパーレス、リモートワーク、軽減税率の導入、電子帳簿保存法の改正など、スモールビジネスの皆さんが直面する課題や制度変更に迅速に対応してまいりました。本日発表した「freee請求書」は、単にインボイス制度に対応した請求書の発行ができるサービスではなく、取引する際に発生する作業工数を軽減し、商習慣として続けられてきたあらゆるものを転換していくためのサービスです。
freee請求書を通じて、スモールビジネスの皆さんが心地よく取引できるプラットフォームを進化させていきます。

「freee請求書リリース記念!友達紹介キャンペーン」を実施

「freee請求書」の提供開始を記念して友達紹介キャンペーンを実施します。対象期間中に「freee請求書」を取引先やご友人の法人・フリーランスの方にご紹介いただくと、双方に1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントいたします。

「freee請求書リリース記念!友達紹介キャンペーン」概要

  • キャンペーン対象期間:2022年12月13日(火)〜 2023年1月13日(金)
  • キャンペーン応募方法:
    ①キャンペーンページからキャンペーンに申し込む
    ②友人・取引先に「freee請求書」を紹介する
    ③紹介を受けた方が「freee請求書」を利用して初めて請求書をメール送付する
  • キャンペーン参加特典:事業所の招待で両者に1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼント
  • 応募方法:下記のURLより内容を確認の上ご応募ください。
    https://st-www.freee.co.jp/cp/invoice/campaign1

本件に関するお問い合わせ先

freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp

会計事務所の強みになるクラウド会計ソフトfreee

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

freeeを活用する会計事務所が増えているのには理由があります

スモールビジネスと向き合い、唯一無二の強みを一緒に作りませんか?無料のオンライン説明会実施中。
まずは気軽にご参加ください。

オンライン説明会のお申し込みはこちら

引用元:インボイス制度に対応した請求書を無料で作成できるサービス 「freee請求書」提供開始。電子帳簿保存法にも対応 | プレスリリース | corp.freee.co.jp

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 山田コンサルティングロゴ_サムネイル用

    【書評】だから、会計会計業界はおもしろい!【PR】

  2. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル

    会計士資格を“活かす”のではなく“忘れろ”-経営コンサルで活躍する…

  3. freee_サムネイル

    税理士登録ってどうやるの?会計士が税理士登録するまでのリアルな…

  4. 監査法人IPOランキング_2021

    EY新日本が4年連続首位!太陽躍進で新BIG4の時代に!?2021年 監査…

  5. CPAtalk2018_サムネイル

    公認会計士には様々な可能性がある!CPA TALKs2018に行ってきた!

  6. 会計士のキャリア小六法_第5回サムネイル

    【第5回】転職市場では何が公認会計士の評価を決めるのか?:会計士…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント