英文要約のコツとは?書き出しなど、書き方の例付きで英語の要約を徹底解説!:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_公認会計士のための英語学習法コラム転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、プログリットによる英会話学習勉強法に関するコラムをお届けします。

英文要約のコツとは?書き出しなど、書き方の例付きで英語の要約を徹底解説!

英文要約のコツとは?書き出しなど、書き方の例付きで英語の要約を徹底解説!

みなさんは英文の要約をしたことはありますか?英文の要約は、「書いてある文章をただまとめればいいだけ」と簡単に考えている方もいますが、やってみると意外とできないものです。今回は、英文を要約する際の書き方のコツをご紹介していきます。

英文を要約するコツってあるの?

クエスチョンマークPhoto byijmaki

英語の試験だけでなく、ビジネスの場面においても英語を要約する機会というのは意外とあるものです。ですが、要約というのは、しっかりステップを踏んで行わなければ意外と難しい作業です。逆にステップを踏んで行えばとても簡単な作業とも言えます。今回は英文を要約するときの書き方のステップやコツをご紹介していきます。

英文要約で大切なポイント

黒板に英語が書いてあるPhoto byBiljaST

英文をうまく要約するコツとして、まずは要約する上で意識するべきポイントをご紹介しておきます。

書き方のポイント①英語の言い換えをすること

要約というと、元の文章をそのまま引っ張ってきて使う人がいますが、これは悪い例です。文章の要約をするときには、単語や表現を言い換えることを意識して、自分の言葉でまとめるようにしましょう。

書き方のポイント②結論を取り違えない

要約する際には、その文が言いたいことを正確に読解することがとても重要です。結論ではない部分をその文が言いたいこととしてまとめてしまうと、元の文が意図していたものとは全く異なる要約文になってしまいます。結論は何なのか、この文で1番言いたいことは何なのかは、絶対に取り違えないようにしましょう。

書き方のポイント③ 自分の主張をしない

要約をしていると、途中から「I」や「We」といった主語が出てきてしまう人がいます。要約はあくまでオリジナル文章の要点を短くまとめただけのものです。自身の主張を混在させないよう意識しておきましょう。「the author feels(著者が思うに)」、「the author points out(著者が指摘するのは)」などのフレーズを使って客観的にまとめましょう。

書き方のポイント④例文や修飾語は無視する

要約はできるだけ簡潔に要点をまとめることが重要です。元の文にでてくる例文や修飾語は、よりわかりやすく表現しようと書かれている付加部分であり、その文の趣旨ではありません。この部分を要約に入れようとすると、とても冗長な要約になってしまいます。

英文要約の書き方

メモ帳と英文フリー写真素材ぱくたそ

さて次は要約の書き方をご紹介していきます。何も考えず最初からいきなり要約しようとすると、絶対にうまくまとめることはできません。自分の中でステップを踏んで文の要点をまとめていきましょう。

まず一読する

p>まずは全文を読みましょう。要約する上では、重要なポイントとそうでないポイントを切り分ける必要があります。そのためにまずは全文を読んで、話の幹と枝葉を把握します。

1番重要なポイントを書き出す

書き方のポイントの一つとして、「文の結論を取り違えない」ということをご紹介しましたが、そうならないために重要なのがこのステップです。「この文章は何について書かれているのか」1番重要なポイントを書き出しましょう。1番伝えたいことは文の最初と最後に書かれていることが多いので、迷ったときにはそこに注目してみましょう。

その他のポイントを書き出す

1番重要なポイントを書き出したら、次はその他のポイントとなる部分を書き出していきます。段落ごとに分かれている文であれば、段落ごとに一文ずつ重要なポイントを抜き出してみると全体を網羅した要約になります。この際、余計な修飾語や例文などはできるだけ削除して考えましょう。

自分の言葉で書き直す

元の英文をそのまま使うのは要約とは言えません。要点となる部分を書き出すことができたら、次は自分の言葉で書き換えましょう。もし元の文章をそのまま使う必要がある際には、ダブルクォーテーションマーク(“”)を使って引用しましょう。

補足)論文などの要約における書き出し

論文を要約した文章を書く際には、下記のように文の書き出しで何の要約なのかを明記しましょう。

「This is a summary of the article ◯◯◯ written by XXX published in △△△.」

英文要約サイト

英字新聞フリー写真素材ぱくたそ

ここまで要約の書き方のコツをご紹介してきましたが、実際自分でやっている暇はないという方もいらっしゃいますよね。そんな方のために、英文を要約してくれる便利なサイトをご紹介しておきます。

英文要約サイト「Summarize THIS」

こちらのサイトは、要約したい英語の長文を貼り付けて、「Summarize」をクリックすると、その英文を要約してくれます。自分で要約できるようになることがベストですが、すぐにこの長文の概要を把握したいというような場合には、是非こちらのサイトを使ってみてください。

英文要約をマスターしよう!

ビジネスマンの手Photo byrawpixel

この記事では英語の要約の書き方のコツをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?英語の要約は、ただやみくもに書き始めるとまとまらない文章になってしまいます。是非今回ご紹介した大事なポイントや要約のステップを参考に、要約にトライしてみてください。

→他の英語勉強法コラムを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:英文要約のコツとは?書き出しなど、書き方の例付きで英語の要約を徹底解説! | PROGRIT MEDIA(プログリット メディア)

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 中島亮介氏 株式会社経営共創基盤(IGPI)マネジャー/公認会計士

    監査法人で積める経営コンサルに必要な訓練とは?経営コンサルで働…

  2. 公認会計士のリアル_2_井上健氏_サムネイル

    本当に監査人になりたかったのか?(公認会計士のリアル 第2回:井…

  3. 第9回公認会計士ナビonLive!!レポートサムネイル_菅沼氏

    監査法人にいたら見られなかった世界があった、会計士・弁護士が語…

  4. PwCあらた MDS FRAの公認会計士たち_サムネイル

    監査から1歩踏み出せば会計士の可能性はさらに広がる-会計の力でCF…

  5. 公認会計士業界時事ニュース

    【動画あり】会計士協会が制作した動画が衝撃の内容!?公認会計士P…

  6. 公認会計士のリアル_5_渡辺匡章氏_サムネイル

    エスネットでのアツいIPO支援の話(公認会計士のリアル 第5回:渡辺…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント