マネーフォワード、国内で初めて法人向けインターネットバンキングのAPI連携を開始 みずほ銀行の『みずほビジネスWEB』と『MFクラウドシリーズ』が連携【PR】

  • 2016/10/19

【本記事は株式会社マネーフォワード様からのプレスリリースです】

~「Open Bank API」を推進し、ユーザーにとってさらにセキュアなサービス構築を目指す~

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介、以下「当社」)は、株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、頭取:林信秀、以下「みずほ銀行」)が提供する法人向けインターネットバンキング『みずほビジネスWEB』の新サービス「API連携サービス」の利用を開始いたします。
 「API連携サービス」は、法人向けインターネットバンキング『みずほビジネスWEB』の各種機能をAPIとして利用できるサービスで、本日よりサービス提供を開始し、当社が提供するビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』のうち、『MFクラウド会計』、『MFクラウド消込』、『MFクラウド経費』との連携をスタートいたしました。
 なお、「API連携サービス」は、2016年7月26日に発表いたしました株式会社NTTデータが提供する共同利用型法人向けインターネットバンキング「AnserBizSOL®」API連携サービスを使用しており、法人向けインターネットバンキングにおいて、国内初の事例となります。
(*NTTデータが提供する法人向けインターネットバンキングAPIを導入
http://corp.moneyforward.com/service/20160726-mf-nttdata-openbank-api/)

20160222_moneyforward

概要

 みずほ銀行が提供する「API連携サービス」を利用することで、『MFクラウドシリーズ』のユーザーは自身のインターネットバンキングのIDとパスワードを当社に事前登録せずに取引データなどを自動取得することが可能となり、更にセキュアにサービスをご利用いただけるようになります。
 また、これまでは金融機関のインターネットバンキングの仕様変更などの影響により、その都度当社にてメンテナンスを実施する必要があり、その間は『MFクラウドシリーズ』のユーザーが取引データ等を取得できなくなる問題がありました。しかし、本サービスとの連携により、画面変更の影響によるメンテナンスは不要となるため、このような問題は解消され、ユーザーにとっての利便性が向上いたします。
 当社は、セキュリティを担保しながらユーザーに新しい金融サービスを提供する「Open Bank API」を推進しており、本取組はその一環となります。Fintechサービスには開発生産性と高いセキュリティレベルが求められるため、本取組のような形で金融機関のAPIがオープンになることで、新たなFintechサービスがより多く生まれ、金融業界全体の活性化に繋がっていきます。引き続き、当社は、金融業界のイノベーションを推進し、より一層ユーザー利便性の高いサービスの開発、提供を進めてまいります。

「Open Bank API」の推進

 銀行が保有している顧客の資産残高情報や入出金履歴情報を、銀行と顧客の同意の元に銀行外のサービスで利用できるようにする仕組みです。これにより、ユーザーは、セキュアに低コストで、正確なデータを銀行外のサービスで利用することができます。IT産業においてデータ活用が標準化されるだけでなく、銀行自身もFintechサービスのプラットフォームになることができます。このような取組は海外でもまだ数行しか事例がなく、世界的にみても先進的な取組です。
当社は、よりスピーディに、より安全にデータをご提供できるサービスの開発を進め、今後もユーザーにとって利便性が高い「Open Bank API」を推進してまいります。

これまでの当社のAPIに関する取り組み

株式会社マネーフォワードについて

2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』
 WEB https://moneyforward.com/
 iPhone,iPad https://itunes.apple.com/jp/app/id594145971
 Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.moneyforward.android.app
・ビジネス向けクラウドサービス『MFクラウドシリーズ』
 確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』 https://biz.moneyforward.com/tax_return
 会計ソフト『MFクラウド会計』  https://biz.moneyforward.com/
 請求書管理ソフト『MFクラウド請求書』 https://invoice.moneyforward.com
 入金消込ソフト『MFクラウド消込』 https://biz.moneyforward.com/reconciliation
 給与計算ソフト『MFクラウド給与』 https://biz.moneyforward.com/payroll
 創業支援トータルサービス『MFクラウド創業支援サービス』https://biz.moneyforward.com/implementation_support
 マイナンバー管理ソフト『MFクラウドマイナンバー』 https://biz.moneyforward.com/mynumber
 経費精算ソフト『MFクラウド経費』 https://biz.moneyforward.com/expense
・くらしの経済メディア『MONEY PLUS』https://moneyforward.com/media/
・マネーフォワードFintech研究所 https://moneyforward.com/mf_blog/category/fintech/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
広報担当:青木、柏木
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:マネーフォワード、国内で初めて法人向けインターネットバンキングのAPI連携を開始 みずほ銀行の『みずほビジネスWEB』と『MFクラウドシリーズ』が連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  2. 公認会計士の活躍するフィールドは様々ですが、その中でも特に独自性の高い分野として「フォレンジック」と…
  3. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  4. public
    有限責任監査法人トーマツのパブリック・ヘルスケア部門が人材を積極募集中です。 こんな人材を求め…
  5. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏
    1990年代の後半から2000年代の前半にかけて、日本の不動産投資市場は勃興期にありました。 …
  6. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る