PwC Japan、イノベーション投資管理の高度化を支援【PR】

  • 2016/5/13

【本記事はPwCあらた監査法人様からのプレスリリースです】

投資対象の分類から資源配分の見直し、投資管理の実行まで

2016年5月13日
PwCコンサルティング合同会社
PwCアドバイザリー合同会社

PwCコンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役:鹿島 章)とPwCアドバイザリー合同会社(本社:東京都中央区、代表執行役:鈴木 保晴)は、5月13日、イノベーションに特化した投資管理の高度化を支援するサービスを開始します。

両社は、大企業からベンチャー企業まで、さまざまなコンサルティングやディールアドバイザリー(事業再生、M&A関連等)のサービスを提供しています。その中で培った知見と、PwCグローバルが革新的企業を調査し策定した「イノベーション・フレームワーク」などを基に、イノベーション投資管理の独自の方法論を開発しました。

本サービスにおける、イノベーション投資管理のアプローチは、次の3つのステップで構成されます。

  1. イノベーション投資対象の分類
    「テクノロジー」を縦軸、「ビジネスモデル」を横軸にとり、新規性のレベルにより投資の対象を(1)Incremental、(2)Breakthrough、(3)Radical という3つの領域へ分類【図1】
  2. 資源配分の見直し
    顧客の課題を解決する上で最適な資源配分プランを策定し、現状の配分を見直し【図2】
  3. 領域ごとに異なる投資管理
    3つの領域ごとに異なるアプローチで投資管理を実施【図3】
     

【図1】

STEP 1. Classify your challenge :チャレンジを分類する

【図2】

STEP 2. Rebalance your challenge:最適配分を検討する

【図3】

STEP 3. Delegate your challenge:管理ルールを定め、委任する

変化の激しいビジネス環境下において、イノベーションをいかにスピーディに起こし、市場投入するかは、あらゆる企業にとって重要なファクターです。多くの企業は、社内での新規ビジネスアイデア募集や外部との協業強化を活発に行っていますが、必ずしも成功しているとは言えません。「そもそもビジネスモデルが理解できない」「リスクをどう判断基準に織り込むのか分からない」「勘に頼り過ぎていた」といった声が多く聞かれ、イノベーション投資管理の整備は喫緊の課題となっています。

両社は、顧客企業の規模、成長フェーズ、事業計画などに合わせ、最適なイノベーション投資管理プランを設計します。さらに、PwCのグローバルネットワークとも連携し、M&A、人材マッチング、ハンズオン型支援などの実行段階まで、総合的に支援していくことを目指します。

以上

PwC Japanグループについて
PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、ディールアドバイザリー、コンサルティング、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、そのほか専門スタッフ約5,000人を擁するプロフェッショナルサービスネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

PwCコンサルティング合同会社について
PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

PwC アドバイザリー合同会社
PwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。

引用元:PwC Japan、イノベーション投資管理の高度化を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 本日より3日間に渡り、平成25年度(第63回)税理士試験が行われています。公認会計士試験受験生のみな…
  2. 近年、公認会計士にも英語力が必要とされる時代となってきています。若手会計士のみなさんはどのように英語…
  3. 本日、2017年10月20日(金)より弥生の新シリーズである弥生18シリーズが発売されます。 …
  4. Kepple会計事務所 代表・公認会計士・税理士・行政書士・神先 孝裕
    来る2018年1月27日(土)に東京・日本橋にて「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?…
  5. 公認会計士ナビをご覧のみなさんこんにちは。編集長の手塚です。 今日は映画館から失礼します。 …
  6. もし、ある日突然、あなたが所属している組織が事業を撤退することとなったらどうするだろう? かつて業…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る