人工知能による経営課題の発見が可能に。freee 開発者向け API 「 freee API 」を利用した、初の経営分析ツール「SHARES AI」が公開。 開発者向け API 提供プログラムを本格始動。【PR】

  • 2016/1/19

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )が提供する開発者向けのAPI「 freee API 」を利用した経営分析ツールが、クラウド経営支援ツールSHARESを提供する株式会社ココペリインキュベート(本社:東京都千代田区、代表取締役:近藤繁)からリリースされます。また「freee API」の活用を加速するため、freee は開発者向け API 提供プログラム「freee Developers Community」を本格始動させます。

「freee API」を利用し、人工知能で経営課題の発見が可能に

freee が開発者向けに提供する API 「 freee API 」を利用し、「クラウド会計ソフト freee」と人工知能によるデータ分析ツール「 SHARES AI 」が連携しました。これにより、 freeeの会計データを元に人工知能による経営の分析と課題発見が可能になります。
SHARES AI: https://www.freee.co.jp/apps/shares/


SHARES AI について

SHARES AI は、弁護士や公認会計士といった専門家に、必要な時だけスポットで依頼ができる日本最大級のクラウド経営支援ツール SHARES 内で提供するプロダクトです。
人工知能を搭載したAIナビゲーターが会計データを分析することで企業の経営課題を提案します。またSHARES AIは「 freee API 」を利用することで「クラウド会計ソフト freee」の会計データを使用し、不良債権が発生した瞬間に通知する機能をリリースします。
SHARES: https://www.shares.ai/


開発者向け API 開発プログラム「freee Developers Community」を本格始動

freee は開発者用のAPIの公開だけにはとどまらず、開発リクエストやサポート窓口を開始することで、開発者による様々なユーザーニーズに応えるアプリケーションの開発を支援していきます。

freee Developers Communityの内容

  • ・freeeからの情報配信
    • ・ベータ版APIを先行公開
    • ・APIリリースノートの配信
    • ・APIのダウンタイムなどメンテンナス・障害情報の配信
  • ・freeeへの開発リクエスト
    • ・freeeへのAPI追加リクエストを募集
      (クラウド会計ソフトfreeeだけでなく、給与計算freee、会社設立freeeも対象)
  • ・開発者向け特別サポート
    • ・開発者専用のサポート窓口を公開
    • ・作成されたアプリケーションはfreee Appsページで紹介

開発者向けページ: https://www.freee.co.jp/apps/apply/
freee Apps: https://www.freee.co.jp/apps/

外部アプリケーションとの自動連携を可能としてきた「 freee API」の実績

freee は2013年9月にAPIの提供を開始。国内業務アプリケーションとしては珍しいAPIの公開に積極的に取り組んできました。銀行・カード等以外にすでに20を超える外部アプリケーション と連携し、POSレジ、決済、税務申告、勤怠管理などの応用例があります。
また、freee は2015年2月より開発者用のAPIを正式公開、それらのアプリケーションの紹介を開始することで、 freee を利用したアプリケーションの作成を支援してきました。 ユーザーはfreee を利用したアプリケーションが増えることで、業種や業態に特化したサービスと自動で連携させ、より効率的に両サービスを利用できます。
freee Apps: https://www.freee.co.jp/apps/

”freee 株式会社”について

ミッションは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」。小さなビジネスにたずさわる誰もが、新しいテクノロジーやソリューションを導入することで、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる、そして大企業よりも強くてかっこよくなれる、そんなワクワクする世の中を目指している会社。

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

【提供サービス一覧】
「クラウド会計ソフト freee」  https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」   https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」       https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」                      http://keiei.freee.co.jp/

 

引用元:freee 開発者向け API 「 freee API 」を利用した、初の経営分析ツール「SHARES AI」が公開。人工知能による経営課題の発見が可能に。 開発者向け API 提供プログラムを本格始動。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士はどのように英語力を高めているのか? PwC出身の宮地俊充氏が起ち上げた…
  2. 近年、経済のグローバル化に伴い、日本企業の海外進出も増加するなど、公認会計士にも世界で活躍する能力が…
  3. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  4. ベストティーチャー・宮地俊充・公認会計士
    PwC出身の会計士・宮地俊充氏が起ち上げた「株式会社ベストティーチャー」が代ゼミグループの日本入試セ…
  5. 募集職種:公認会計士(シンガポール起ち上げ担当) 平成会計社では、シンガポール支社起ち上げにチ…
  6. みなさん、こんにちは。公認会計士ナビ運営事務局です。 ここ数年、景気の回復とともに独立される公認会…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る