公認会計士はTOEICを何点とればいいのか?:会計士のキャリア小六法 第8回

  • 2014/9/19

会計士のキャリア小六法、第8回は公認会計士とTOEICについて解説します。

世間では「これからはグローバル化の時代」と言われ、一般事業会社や監査法人でも英語力の必要性が指摘されるようになってきました。

このような環境で、公認会計士の転職やキャリアアップにはTOEICはどれくらい必要なのでしょうか?

まずは700点、理想は800点以上

前回のキャリア小六法でも少し触れましたが、公認会計士が転職を意識する場合、まずはTOEIC700理想的な点数としては800点以上が目安となります。

TOEICに関しては、受験する企業のレベルにもよりますが、一般的には、600点以上であれば履歴書に書ける点数であり、700点以上だと多少アピールになるイメージです。

実際、海外展開する日系の大企業などでは、管理職への昇格要件としてTOIEC700点や730点の取得を設けている企業もありますので、公認会計士の場合も、まずは700点をひとつの区切りとして捉えると良いと言えるでしょう。

TOEIC800点以上の公認会計士は全体の20%未満!?

一方で、企業の募集の中でも英語力が必須とされる求人では、TOEIC800点(または、それと同等)以上の英語力を目安にしているものが多く見受けられます。

また、オフィシャルなデータではありませんが、以前、公認会計士ナビにて会計分野に強い複数の転職エージェントに登録者情報をヒアリングしてみたところ、TOEIC800点以上を取得している公認会計士は約16%という結果が出ました。

これは転職やキャリアアップを考えている公認会計士をサンプルとしているため、会計士全体の平均より高い数値となっている可能性はありますが、TOEIC800点以上を取得していれば公認会計士の上位20%程度には入っていると想定できます。

英語が苦手な人にとって、TOEIC対策や英語の勉強はなかなか前向きになれないものかもしれませんが、TOEIC800点以上を取得することによって会計士の中でも英語力上位20%に入れる可能性があると考えれば、モチベーションにつながりやすいのではないでしょうか。

他の転職希望者と差をつけるためにはTOEIC800点以上を目標に頑張ってみてください。

TOEICでは最大瞬間風速で高得点を目指すのがよい!?

TOEICの点数とビジネスでの英語力は必ずしも比例しませんが、TOEICは点数を取得すればとりあえず履歴書に記載でき、転職の際のアピールになりますので、まずは最大瞬間風速で高得点を目指すという考え方もあります。

特に、TOEICは英語と言ってもあくまで試験ですので、しっかり対策をすればテクニックによってある程度までは点数が伸びます。公認会計士試験を突破した基礎学力があればTOEIC800点は決して狙えない点数ではないと思いますので、半年や1年など期限を決めてチャレンジしてみるのもオススメです。

さて、転職においてTOEICが評価されるとはいえ、

TOEICの点数が高くても実務で使えなければ意味がないですよね?」

という意見や、

TOEICとは別に実際の英語力はどれくらい必要とされるのかな?」

という疑問もあると思います。

次回はこれに関して解説します。

<免責事項>
◆株式会社ワイズアライアンスが公認会計士ナビ上で公表する一切の公表物の著作権は株式会社ワイズアライアンスに帰属します。これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって株式会社ワイズアライアンスから許諾を得ることなく、株式会社ワイズアライアンス関連以外の電子的媒体、印刷物、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、転送、頒布等を禁じます。無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。
◆会計士のキャリア小六法に 掲載される情報は株式会社ワイズアライアンスが独自のルートから収集した情報の中でも特に信頼できると判断した情報をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正確性、完全性等について、株式会社ワイズアライアンスはいかなる責任も持ちません。また、会計士のキャリア小六法の内容も時事の変化等に合わせて発行当時より劣化して参ります。掲載時の状況と会計士のキャリア小六法の見解がかい離することもございますので、ご留意の上、お読み下さい。
◆会計士のキャリア小六法は、転職やキャリアに関する内容が多数含まれますが、公認会計士および公認会計士を目指す方々に対して転職を推奨するものではなく、個々人の公認会計士の意思決定の指針となるものであります。読者が会計士のキャリア小六法を参考に転職活動を行い、損害を被った場合においても、株式会社ワイズアライアンスは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 東京共同会計事務所代表・公認会計士・税理士・内山 隆太郎氏サムネイル
    東京共同会計事務所という会計ファームをご存知だろうか? 会計業界に造詣のある会計士や税理士、も…
  2. 本日、2017年10月20日(金)より弥生の新シリーズである弥生18シリーズが発売されます。 …
  3. 【追記】 最新版の監査法人比較は下記になります。下記ページをご参考ください。 ↓…
  4. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca
    去る2016年2月26日、会計ソフトシェアNo.1の「弥生」がクラウド請求書サービス「Misoca(…
  5. ベストティーチャー・宮地俊充・公認会計士
    PwC出身の会計士・宮地俊充氏が起ち上げた「株式会社ベストティーチャー」が代ゼミグループの日本入試セ…
  6. 納富 隼平(トーマツベンチャーサポート株式会社 事業開発部)
    来る2017年3月25日(土)に東京・日本橋にて「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャン…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る