いつか転職したい若手会計士におすすめの4つの対策:会計士のキャリア小六法 第7回

  • 2014/9/13

 

さて、気がつけば長らく更新出来ていなかった会計士のキャリア小六法ですが、久しぶりに更新させて頂きます。 

前回前々回では、転職市場での会計士の評価に影響する5つのポイントをキャリアファンダメンタルズとして取り上げさせて頂きましたが、今回はそれらを踏まえて「いつか転職したい会計士は若いうちに何をしておくべきなのか」について解説したいと思います。

意外と多い、いつか転職したいけど何をしたいか決まっていない若手会計士

会計士試験に合格した方の多くは監査法人に就職されますが、その中にも「いつか転職したいと思っているけど、時期もやりたいことも決まっていない」という方も意外と多いと思います。

多くの場合、「ずっと監査法人にいるつもりはないけど、転職に向けて何かしておいたほうがいいのかな…」と漠然と考えつつも、なんとなく日々の仕事をこなしていたら、気がつけば時間が過ぎていた…というパターンも多いでしょう。

そして、転職したいという気持ちが高まった際に転職活動をスタートするのですが、その際には既に市場価値は決まってしまっています。

とは言え、「いつか転職したい」「いつか転職するかも」くらいでは、本格的な自己啓発やキャリアアップを行うまでにモチベーションが上がらなのも事実です。

では、「いつか転職したい」と考えながら監査法人に勤務している会計士は、どのようなことを意識しておけばよいのでしょうか?簡単に対策しておけることはあるのでしょうか?前回と前々回で解説したキャリアファンダメンタルズを踏まえ4つのポイントを紹介します。

いつか転職したい若手会計士がしておくべき4つのこと

今回ご紹介する対策は以下の4つです。

ただし、前述のとおり、「対策」と言っても、それほど大げさなものではなく、なんとなく「転職するかも…」くらいのモチベーションの方でも少し頑張ればやっておける当たり前なことをピックアップしています。 

  1. 修了考査にはなるべく早く受かっておく
  2. TOEICを取得しておく -最低700点、目標は800点
  3. インチャージやシニアスタッフへの昇格など、社内での評価は高めておく
  4. 転職に関する情報は早めに行っておく

 

1.修了考査にはなるべく早く受かっておく

修了考査を何回も受けたいと思う人はいないと思いますが、修了考査になるべく早く合格しておくことは大切です。

近年は合格率が6割代へと低下していますが、それでも修了考査は会計士なら受かって当然というような見られ方は強くあります。修了考査に早く受かっていることによって勤勉さが評価されますし、会計系ファームやFASでは合格していることが採用基準となるケースもあります。

また、早く受かることによって、その後の時間を有効に使うことができますので、スキルアップやその他の自己啓発などにも時間が使えます。

2.TOEICを取得しておく -最低700点、目標は800

TOEICを取得しておくことによって転職市場での評価は大きく変わってきます。

最近は法人内で受けなければならないこともあると思いますが、少し頑張って公式のTOEICテストも受けておくと良いでしょう。点数としては、履歴書に書くのであれば600点程度からOKですが、最低限アピールするために700点、評価されるためには800点を目標とするのが目安です。

3.インチャージやシニアスタッフへの昇格など、社内での評価は高めておく

転職するのか今の勤務先に勤め続けるのかが明確に決まっていないと、目の前の仕事や昇格に対しても貪欲にはなれないかもしれません。けれども、いつか辞めるかも知れないと考えている人こそ、社内での評価を得ておいて損はありません。

ずば抜けた評価を勝ち取る必要はありませんので、インチャージ経験やシニアスタッフへの昇格など、目安としては同期の中で平均以上のキャリアを維持しておくことを心がけておきましょう。

4.転職に関する情報収集は早めに行っておく

これが意外と重要なのですが、転職に関する情報収集は早めに行っておくことは大切です。

転職というものはやろうと思えば勢いですぐに転職はできますが、監査や会計の仕事をしている公認会計士の場合、半期ごとにアサインがあり繁忙期が巡ってきますので、転職活動も細切れになってスタートダッシュがかけられなかったり、転職活動が間延びしてしまったりと、意外と時間がかかることも少なくありません。また、FAS、コンサル、事業会社(ベンチャー・上場企業、日系・外資)、金融機関…など選択肢も多いので、急に転職しようと思ったり、転職をしなければならない状況になったりしても、進路や方向性を決めるのに時間がかかってしまうケースもあります。

転職した友人や先輩、転職エージェントから話を聞くので構いませんので、なるべく早いタイミングから少しずつ情報を集め、事前準備をしておきましょう。

 

以上、4つのポイントです。

第5回と6回でキャリアファンダメンタルズという概念を述べたように、転職市場では「すごい実績」がなくても、「キャリアの基礎」がしっかりしていれば評価されます。 

例えば、上記の4つをしっかりと満たしているだけで、転職エージェントに行けば紹介してくれる求人の数や質が違いますし、書類選考の通過率も違います。漠然と「長く監査法人にはいないかもな…」と考えている方は参考にしてみてください。

なお、英語力や昇格・監査法人でのインチャージ経験など各項目の詳細に関しては、今後のキャリア小六法で解説していきますのでご期待ください。

 

<免責事項>
◆株式会社ワイズアライアンスが公認会計士ナビ上で公表する一切の公表物の著作権は株式会社ワイズアライアンスに帰属します。これらの公表物の全部又は一部について、事前に文書によって株式会社ワイズアライアンスから許諾を得ることなく、株式会社ワイズアライアンス関連以外の電子的媒体、印刷物、その他いかなる手段による場合においても、複製、転載、転送、頒布等を禁じます。無断で使用した場合は、然るべき法的対応を取ることがありますので、ご注意ください。
◆会計士のキャリア小六法に 掲載される情報は株式会社ワイズアライアンスが独自のルートから収集した情報の中でも特に信頼できると判断した情報をもとに作成・加工しておりますが、内容及び情報の正確性、完全性等について、株式会社ワイズアライアンスはいかなる責任も持ちません。また、会計士のキャリア小六法の内容も時事の変化等に合わせて発行当時より劣化して参ります。掲載時の状況と会計士のキャリア小六法の見解がかい離することもございますので、ご留意の上、お読み下さい。
◆会計士のキャリア小六法は、転職やキャリアに関する内容が多数含まれますが、公認会計士および公認会計士を目指す方々に対して転職を推奨するものではなく、個々人の公認会計士の意思決定の指針となるものであります。読者が会計士のキャリア小六法を参考に転職活動を行い、損害を被った場合においても、株式会社ワイズアライアンスは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4…
  2. 独立・開業は公認会計士の多くが憧れる夢のある選択肢です。一方で、実際に独立するとなると、資金やオフィ…
  3. 本日より3日間に渡り、平成25年度(第63回)税理士試験が行われています。公認会計士試験受験生のみな…
  4. ベストティーチャー・宮地俊充・公認会計士
    PwC出身の会計士・宮地俊充氏が起ち上げた「株式会社ベストティーチャー」が代ゼミグループの日本入試セ…
  5. ベンチャーやスタートアップに興味あるけど、業界情報ってどうやって集めたらいいの? IPOマ…
  6. IPO・株式公開 求人用thumb
    2014年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2014年のI…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る