株式公開準備企業への転職 -公認会計士の転職ナレッジ

  • 2017/6/1

求人情報_画像_求人用thumb

公認会計士の中には、株式公開準備企業に入社することによって、若くしてCFO(最高財務責任者)を目指したり、株式公開に伴うキャピタルゲインでの一攫千金に憧れたりする方もおられます。株式公開準備は、未上場企業が上場を果たすための資本政策や管理体制や会計処理を高度化していく作業が伴うため、会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)のふたつのキャリアを同時に積める可能性も秘めています。

一方で、年収水準は低いことが多く、また、IPOを実現できないリスクも有り、成長性の高い企業を見極める必要があるなど良い転職先を見つけるのはやや難易度が高いジャンルでもあります。

株式公開準備企業への転職の傾向

  • 株式公開準備企業への転職は好景気時は人気となり、不況時には不人気になる傾向がある。
  • 株式公開準備企業では、公認会計士のキャリアはどちらかと言うと好まれる傾向にある。但し、多くの企業は公認会計士の希望に近い年収を提示できないため、実際に良い給与条件で株式公開準備企業に転職する公認会計士はあまり多くない。
  • 近年、ITベンチャーなどでは30歳前後の経営者も少なくない。そういった企業では、なるべく社長と年齢の近い若手人材を求める傾向にある。
  • ベンチャー企業の場合、スキルだけではなくポテンシャルを考慮した採用も多いため、公認会計士の場合、IPO準備経験がなくとも監査経験があれば採用はされる傾向にある。
  • 一方で、ベンチャー企業は事業への共感度合いや、社風でのマッチ度合いを重視する企業も多いため、スキルや経験重視で転職先を選びがちな公認会計士が敬遠されることもある。また、平均年齢が若くフランクで快活な企業も多いので、真面目で堅い人柄の公認会計士はパーソナリティー面で「風土に合わない」と判断されてしまうケースもあるなど、スキル以外でのマッチングが重視される業界でもある。
  • 監査経験以外に、株式公開準備支援の経験があれば当然のことながら企業からの評価は高くなる。また、監査法人でのIPO準備支援は、上場準備資料の作成や経理規定の整備、内部統制の構築などがメインとなっていることが多いので、IPO準備ステージに入った企業で好まれやすい。
  • 一方で、IPO準備以前のステージの企業では、資本政策(資金調達)やIPOに向けたベンチャーキャピタルなどの投資家との交渉経験のある人材が好まれるが、そういった分野に造詣のある公認会計士は転職市場には意外と多くない。
  • 上場企業を対象に転職活動を行うと、開示資料から転職先の財務状態を知ることができるが、多くの未上場企業では、入社前に財務諸表等を見られることは少ない。また、IT分野の先進的なサービスの場合、多くの公認会計士は馴染みがないため、そのサービスが将来性がある良いものかどうか判断に迷う、または、判断がつかないケースも少なくない。
  • ベンチャー企業は管理体制が未整備であったり、入社してみると社内環境が入社前の説明と大きくかい離していたりすることもある。
  • リーマンショック以降の日本の証券市場の低迷時には海外市場(韓国、シンガポールなど)での上場を目指すベンチャー企業もあった。日本市場の低迷時やグローバル戦略によっては海外上場を目指す企業もある。

株式公開準備企業の年収

  • 一般的なベンチャー企業にCFOとして転職する場合の年収は800万円程度、経理マネージャーや管理部マネージャーとして転職する場合の年収は600万円程度が基準となる。
  • 一定の規模のある老舗企業や大型IPOを目指す企業など収益性の高い企業のIPO準備室長などの求人の場合は、600~800万円程度の年収が目安となる。
  • 企業によってはストックオプションが付与される場合もある。(ただし、創業期のメンバーなどで多くのシェアを付与されるか、よほど良い行使条件のオプションでなければ、それほど高額のリターンは得られない。特に公認会計士の場合は、監査法人などから大きく年収を下げて転職してくるため、単純に金銭面の期待値ではIPO準備企業を選んだ際のリターンは大きくないと言える。)
  • IPO準備企業に関しては、「IPOを目指すような成長企業=年収が高い」とのイメージは持たれがちだが決してそうではない。IPOを実現した新興上場企業が必ずしも高年収企業ばかりではないことを考慮すると、高年収のIPO準備企業が少ないことは容易にイメージできる。

株式公開準備企業でのキャリアの特徴

  • 株式公開準備企業に転職する場合、どのステージ(シード、アーリー、ミドル、レイター)から入社するか、でキャリアが異なる傾向にある。
  • シード、アーリーステージから入社すると、会社が成長しなかったり、株式公開を実現できなかったりするリスクはあるが、資本政策や資金調達(VCや金融機関との交渉)などファイナンス業務に関われる可能性が高い。
  • ミドルステージから入社すると、ファイナンスの作業はほぼ終わっている可能性はあるが、上場に向けた申請書類の作成や証券会社、証券取引所、監査法人と共に本格的な株式公開準備作業に携われる可能性が高い。
  • レイターステージから入社する場合、売り上げや利益が安定している企業を見極めることができるが、資本や資金に大きな動きがなければ、決算や開示作業中心の業務になる可能性が高い。
  • 株式公開準備企業への転職は、株式公開が失敗するとその企業は未上場のままになるので、公認会計士としてのキャリアはやや活かしにくくなる。(ただし、そういった場合も含めてその会社にコミットしたいと思える企業を選んでこそベンチャー企業でのキャリアをエンジョイできるとも言える。)

公認会計士のための転職エージェント

株式公開関連のおすすめ書籍

株式公開準備企業での業務や仕事内容を学ぶには下記のサイトや書籍が参考になります。

起業のファイナンス

起業のエクイティファイナンス

新規上場実務ガイド

株式後悔~後悔せずに株式公開する方法~

シンガポール株式公開 国外上場の手引き

図解入門ビジネス 最新株式公開の基本と実務がよーくわかる本

未来を創るスゴいベンチャー101

IPO・ベンチャーキャピタル関連のおすすめ書籍はこちら

公認会計士の求人・転職・キャリア情報はこちら

公認会計士の転職をサポート!

公認会計士ナビの転職エージェントサービスでは、公認会計士の転職サポートを行っております。本ページの内容よりさらに詳しくノウハウや業界を解説し、キャリアプランの策定、転職に向けた準備、求人のご紹介、応募書類の添削や面接対策などを行います。

ご希望の方は下記よりお申込みください。

公認会計士のための転職エージェント

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 東 陽亮氏_株式会社GameWith_第8回 公認会計士ナビonLive!!
    来る2018年9月1日(土)に東京・茅場町にて「会計士とスタートアップの関わり方」「“フリーランス会…
  2. 【追記】 最新版の監査法人比較は下記になります。下記ページをご参考ください。 ↓…
  3. 来る2016年2月20日(土)に第5回・公認会計士ナビonLive!!in大阪が開催されます。 本…
  4. 先日の記事では、大手監査法人を規模や業績の面から比較しましたが、今回は少し視点を変えて、WEBの世界…
  5. 独立・開業は公認会計士の多くが憧れる夢のある選択肢です。一方で、実際に独立するとなると、資金やオフィ…
  6. KEPPLE_神先氏
    ベンチャー企業・スタートアップ(以下「スタートアップ」)の公認会計士・税理士(以下「会計士等」)…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る