PwC、モハメド・カンデを次期グローバル会長に選出【PR】



【PR:PwC Japan有限責任監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

2023年12月8日
PwC Japanグループ

※2023年12月4日付けのPwC発表資料の翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

PwCのグローバルボードはこの度、モハメド・カンデ(Mohamed Kande)をPwCグローバルネットワークの次期会長に選出しました。カンデは2024年7月1日に同職に就任予定です。

カンデは、2011年にPwCのメンバーファームに入社し、現在はPwCのグローバル・リーダーシップチームのメンバーであるほか、2019年からはグローバル・アドバイザリー・リーダー、米国コンサルティング・ソリューションズの共同リーダーを務めています。これまで複数のテリトリーにまたがるリーダーを歴任し、世界各国のステークホルダーやクライアントが直面する複雑な課題の解決支援を統括しています。

カンデは、多くの業種・分野でのコンサルタントとして32年以上にわたる豊富な経験を有しています。米国公認会計士の資格を持ち、米国のシカゴ大学で経営学修士(MBA)、カナダのモントリオール大学で電気工学修士号を取得、フランスのEcole Supérieure d’Ingénieurs en Génie Electriqueにて電気工学を修めています。

PwC ネットワーク・ガバナンスボード会長のリサ・サウィック(Lisa Sawick)次のように述べています。

「カンデは、幅広い専門分野において豊富な経験を持つパーパス主導型のリーダーです。今後、グローバル会長としてすばらしい示唆や視点をもたらしてくれることを期待しています。カンデは、PwCのグローバル戦略、多分野にまたがるマルチディシプリナリー事業モデルを実践し、パートナーや従業員と緊密に協力することで、クライアントやステークホルダーの持続的な成長と信頼の構築の支援に尽力しています。グローバルでの経験、インクルージョン&ダイバーシティへのコミットメント、最先端テクノロジーについての理解を持つカンデは、PwCを未来へと導く会長にふさわしいと言えます」

次期PwCグローバル会長のモハメド・カンデは次のように述べています。

「創業175周年の節目に、PwCグローバルネットワークの次期会長に選任されたことを大変光栄に思います。クライアントやステークホルダーの皆様の、社会における信頼の構築、高い品質のサービス提供、ゆるぎない成果の達成を、世界中の同僚とともに引き続きサポートしてまいります。今、世界は急速に変化しており、クライアントや従業員、そして地域社会のニーズもまた変化しています。私は、PwCの戦略やマルチディシプリナリーモデル、価値観はこのような課題や機会に直面するクライアントを支援する上で的確なものだと確信しており、任期中もこれらを一層強化してまいります」

カンデは、2016年からグローバル会長としてPwCを率いたボブ・モリッツ(Bob Moritz)の後任です。なお、モリッツは、2024年6月30日の任期満了をもって退任いたします。

PwC ネットワーク・ガバナンスボード会長のリサ・サウィックは、さらに次のように述べています。

「モリッツは、PwCの戦略を推進するだけでなく、従業員のために尽力し、PwCの価値観を日々体現してきました。また、PwCグローバル会長として、インクルージョン&ダイバーシティ、ステークホルダー資本主義を後押しし、気候変動やスキル開発などの主要な社会課題に対しても、ビジネス界をけん引する役割を担ってきました。モリッツがグローバル会長としてこれまで成し遂げたこと、そしてこれからも成し遂げるであろうことの全てに感謝しています」

PwCグローバル会長のボブ・モリッツは次のように述べています。

「グローバル会長として、PwCのネットワークに貢献できたことを光栄で名誉に思います。10年以上、カンデと共に働いた経験から、彼がPwCグローバルネットワークを率い、私たちの価値観やPurpose(存在意義)を引き続き実践してくれると強く確信しています」

以上

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界151カ国に及ぶグローバルネットワークに約364,000人のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約11,500人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwC、モハメド・カンデを次期グローバル会長に選出 | PwC Japanグループ



公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プレミアムパートナー様】


Clifix_logo_330_280


【プラチナパートナー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCJapan有限責任監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドパートナー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


事業再生・M&Aのプロ集団「J-TAP Group」_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


YKPlanning_logo_1500_500


海外進出支援のCaN International


→パートナー企業一覧


→パートナープラン詳細

  1. 森下 直也 Tokyo Sushi-Making Tour 代表 監査法人タカノ 代表社員 公認会計士

    会計士、寿司を握る。寿司講師と監査法人の代表をパラレルキャリア…

  2. KEPPLE_神先氏

    会計士が開発!スタートアップの資本政策や株主管理を助けるツールF…

  3. 公認会計士がベンチャーやスタートアップを理解するためのWEB記事&…

  4. 監査法人IPOランキング_2020

    2020年 監査法人IPOランキング!EY新日本が3年連覇、太陽が3位に、…

  5. 公認会計士試験 合格者数

    【平成24年/2012年】公認会計士試験 合格発表に関する考察・まとめ

  6. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    営業上手な会計士になるにはどうすればいいですか?:くわえもんの“…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント