PwCアドバイザリー、「サステナブル・スマートシティ」参画企業の事業化支援を本格展開【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

資本業務提携や収益化、SDGs推進による企業価値向上を含めた支援

2021年1月21日
PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役:吉田 あかね、以下「PwCアドバイザリー」)は本日より、「サステナブル・スマートシティ*1」参画企業の事業化支援を本格的に展開します。PwCアドバイザリーはこれまで、スマートシティをはじめとした様々な“持続可能な”都市開発・インフラ関連プロジェクトへの支援を行ってきました。これまでのメインテーマだった実証実験から、今後は実行フェーズに移っていくと考え、その豊富な経験とPwCの知見*2を活かし、「サステナブル・スマートシティ」を構成する企業の資本業務提携や収益化、SDGs推進による企業価値向上を強力にバックアップします。

*1 サステナブル(持続可能)であることを目指す、デジタルとフィジカルが融合した次世代都市

*2 ご参考:PwC Japanグループ「2050年 日本の都市の未来を再創造するスマートシティ」他https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/smart-city2050.html

“持続可能な”開発を目指し、デジタル技術を活用して世界中の都市がスマートシティ化を進めるなか、都市づくりを主導する自治体や民間企業は、都市の将来像と機能の再考を喫緊の課題としています。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な感染拡大から、ワークスタイルを含む様々なオンラインサービスの活用が拡がり、人々の生活様式が変化しています。都市の運営も、リアルな活用方法に仮想空間を融合するなど、大きな変化に直面し、各産業の従来型ビジネスモデルの見直しが必至となるなか、各企業はその対応も迫られています。

PwCアドバイザリーでは、「サステナブル・スマートシティ」においては産業間の連携や融合が進み、企業は提携や買収などを進めながら参画していくものと考えています。また「サステナブル・スマートシティ」へのコミットは、企業がSDGsを推進させる原動力となり、ESG投資の誘引や企業価値の向上につながる側面もあると考えています。さらに、「サステナブル・スマートシティ」での事業運営は、通常の企業活動と比べ、自治体との連携が必要とされる場面が多くなると考えています。

PwCアドバイザリーは、企業のM&A、事業戦略・開発、SDGsへの豊富な支援実績があり、官民連携パートナーシップ・インフラ構築において比類なき経験を持つほか、スマートシティ関連プロジェクトにも多数関与してきました。企業側、インフラ側双方の目線を併せ持つPwCアドバイザリーが、意欲ある企業の事業化支援を本格的に展開することにより、社会や当事者すべてにとって有益な街づくりに貢献し、「サステナブル・スマートシティ」自体のバリューアップにつながることを目指します。

PwCアドバイザリーは、「Value Creation Office」部門と「インフラ・PPP」部門を統合し、2021年1月1日付で「Value Creation Infrastructure & Urban Renewal(VCIU)」を設立しました。今後この取り組みを、VCIUを中心に、PwC Japanグループの知見を活かし、強力に推し進めていきます。

以上

PwCアドバイザリー合同会社について

PwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCアドバイザリー、「サステナブル・スマートシティ」参画企業の事業化支援を本格展開 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 青山綜合会計事務所記事(大野氏)サムネイル

    専門性をかけ合わせながら知識が深まっていく、監査法人を辞めて証…

  2. 若手会計人サミット_サムネイル

    【再掲載】立ち上がった4人の会計士たち!新進気鋭の会計士が考える…

  3. 弥生の記帳代行サービスで業務量を削減、補助金の申請代行にも余裕を持って対応-税理士法人阪神税務総合事務所 様

    弥生の記帳代行サービスで業務量を削減、補助金の申請代行にも余裕…

  4. 弥生の記帳代行支援サービスでコスト構造を改善、会計事務所の経営効率アップ -税理士滝沢淳事務所 様

    弥生の記帳代行支援サービスでコスト構造を改善、会計事務所の経営…

  5. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    最終回(第7回):崩壊に向かって突き進んだ証券化市場、そして、こ…

  6. 会計士のキャリア小六法_第6回サムネイル

    【第6回】同期や上司とどこで差がつく?会計士の転職に影響する要素…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント