IPO大手監査法人から準大手へ、PwCジャパン木村代表が語るリーダー論、不正会計過去最多の70件など3件:今月の会計士業界ニュース(2020年1月その3)

2020年1月の監査法人関連ニュースをまとめました。

2020年1月23日、24日、30日にリリースされた「監査契約長期化の実態が判明」「PwCジャパン木村代表が語るリーダー論」「不正会計過去最多の70件」の3件のニュースをご紹介します。

IPO大手監査法人から準大手へ

上場直後の不祥事発覚や監査法人の人手不足などを理由に、四大監査法人ではIPO監査の引受けが減少しています。昨年のIPOのシェアを見ると、四大監査法人が減る一方で、準大手監査法人はシェアを伸ばしています。

先日、公認会計士ナビでも以下の記事で特集させて頂きました。

今回、四大監査法人のIPO敬遠に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

新規株式公開(IPO)の監査業務で「ビッグ4」と呼ばれる四大監査法人のシェアが低下している。2019年の四大法人のシェアは前年比9ポイント減の78%と過去10年で最低になった。

引用元:4大監査法人、IPO敬遠 昨年のシェア78% 10年で最低 リスク高く、人手も足りず(日本経済新聞 2020年1月23日付)

記事によると、2019年にIPOした86社のうち四大監査法人が監査を手掛けたのは67社で昨年と比べて11社減少しており、時価総額の大きい企業の引き受けがされているということです。

活気ある資本市場を維持するためには、IPO監査難民は避けては通れない問題です。記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

PwCジャパン木村代表が語るリーダー論

PwCジャパングループの木村浩一郎代表は、2016年に50代前半という若さで代表に就任された方です。

今回、組織を導くリーダー論についての木村代表へのインタビュー記事が、1月23日と30日の2日間に渡り日本経済新聞よりリリースされています。

世界4大監査法人グループのひとつPwCグローバルネットワーク。その日本でのトップを務めるのがPwCジャパングループの木村浩一郎代表だ。(中略)木村代表は「しっかり理解して、納得してもらうために、リーダーには全力を尽くす義務がある」と話す。

引用元:「理路整然・分かりやすく」で組織導く 説明に全力 PwCジャパングループ 木村浩一郎代表(上)(日本経済新聞 2020年1月23日付)

1月23日付けの記事によると、木村代表は、「自分で全部をやろうとしてはいけない」、「組織の結論を出すときはPwCにとって正しいかを判断基準とする」、「方向性を明確に示す」ことがリーダーに必要だと考えているそうです。また、米シカゴでの駐在経験から、「理路整然と分かりやすく伝える」ことがリーダーには必要だともおっしゃっています。

監査法人トップからグループ代表に就いた木村浩一郎代表は、多様な法人で構成される企業集団を率いるうえで「ケンカも反対意見も大切」と強調。「その中で落としどころを見つけて決断するのがリーダーの役目」と説く。

引用元:「理路整然・分かりやすく」で組織導く 説明に全力 PwCジャパングループ 木村浩一郎代表(上)(日本経済新聞 2020年1月23日付)

また、後編となる1月30日付けの記事では、代表就任当初にPwCジャパングループとして連携を強めていく過程であった苦労談や、次世代リーダーの育成に対する考え方がまとめられています。

監査法人にいながらリーダー論を学びたい方にとって、木村代表のリーダー論は参考になるのではないでしょうか。記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

不正会計過去最多の70件

IPO直後に不正会計が発覚する事件が起きていますが、IPO直後に限らず、不正会計はどのぐらい発生しているのでしょうか。

今回、東京商工リサーチが調査した「不正会計」件数に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

東京商工リサーチは24日、2019年に不適切な会計や経理処理を開示した企業が前の年より3割多い70社だったと発表した。16年(57社)を上回り、調査を始めた08年以降で最多となった。

引用元:2019年「不正会計」70件で過去最多に 前年比3割増(日本経済新聞 2020年1月24日付)

記事によると、大和ハウス工業や、藤倉コンポジット、イオンフィナンシャルサービスなどの事例を挙げて、中国など海外を舞台にして不正会計が増えていると伝えられています。

ボーダーレスの企業が増える一方で、日本の親会社から目が行き届かない海外で不正が起きており、海外拠点の管理の重要度が増していることが分かります。記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士 男女

    公認会計士の年収ってどれくらい?統計データから見る会計士の年収

  2. 公認会計士業界時事ニュース

    会計士の婚活パーティーを協会が主催!?など3件まとめ:今月の会計…

  3. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1

    会計ソフトは消え、コマースソフトへと進化する!?会計士や税理士…

  4. 今年の公認会計士試験合格者は数年後のキャリアをどう考えればよい…

  5. CaN Internationalオフィス訪問サムネイル2

    会計士が国際業務で独立!わずか4年で急成長した会計事務所はどんな…

  6. onlive5_第5回_公認会計ナビonLive!!

    監査法人の中には実はライバルは少ない!?20代でPwCのマネージャー…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント