三大監査法人を比較する(規模・業績編)

  • 2013/4/17

本記事の最新版はこちら

四大監査法人を比較する:規模・業績編【2016年4月版】

今回、三大監査法人(あずさ・新日本・トーマツ)を「規模(人員)」「クライアント」「業績」の3点から簡単に比較してみました。

『BIG4監査法人』『四大(三大)監査法人』などと呼ばれる大手監査法人ですが、そこにはどれくらいの差があるのでしょうか?3つの視点から少し具体的に見てみたいと思います。

なお、今回、あらた監査法人も含めた「四大監査法人」で比較できるとベストでしたが、数字の正確性を帰すため「業務及び財産の状況に関する説明書」を参考に検証しているため、三大監査法人(あずさ・新日本・トーマツ)のみでの比較となっています。(あらた監査法人は有限責任監査法人ではありませんので、「業務及び財産の状況に関する説明書」を公開しておりません。)

※各法人について下記の期の説明書を参考としました。

三大監査法人を『人員』で比較する

三大監査法人の人員数

それでは、まずは三大監査法人を『人員』から比較してみましょう。

  あずさ 新日本 トーマツ
人員総数 5,744名 5,723名 5,307名
パートナー数 616名 639名 659名
パートナー比率 10.7% 11.2% 12.4%
公認会計士数 2,842名 3,060名 2,583名
公認会計士比率 49.5% 53.5% 48.7%

総人員数は、トーマツがあずさ・新日本と比較して400名ほど少ないもののほぼ同数です。

パートナー(社員・代表社員)数に関しては、各法人とも600~700名程度ですが、人員の総数にパートナーが占める比率は、あずさの10.7%とトーマツの12.4%で2%近い差があります。

公認会計士数(試験合格者・会計士補含まず)に関しては、新日本が頭ひとつ抜けており、3,060名の公認会計士を有しています。また、人員総数のうち公認会計士が53.5%を占めるなど、過半数が公認会計士資格者となっています。

このように人員に関しては、三大監査法人の間で多少の差は見られるものの、特別に大きな差は見られないようです。

ただし、あずさ監査法人に関しては、この決算後に希望退職の募集を行い、数百人の従業員が退職していますので、次回の決算では人員数や収益に反映されてくると思われます。

また、参考までに、あらた監査法人に関しては、ホームページの情報(2013年4月17日現在)によると、総人員数は1,990名と三大監査法人の約3分の1となっています。一方、パートナー数は104名であり、パートナー比率は5.2%と三大監査法人の半分となっています。

「パートナー数が少ない=パートナーになりやすい」とは単純に考えられないかもしれませんが、パートナー比率の高低は将来の昇格にも影響があるかもしれません。 

三大監査法人を『クライアント数』で比較する

三大監査法人のクライアント概要

次に、三大監査法人をクライアント数から比較してみましょう。

  あずさ 新日本 トーマツ
監査証明クライアント総数 3,308社 3,960社 3,599社
金商法・会社法 731社 1051社 931社
金商法 52社 59社 22社
会社法 1,339社 1,405社 1,136社
金商法クライアント比率※1 23.7% 28.0% 26.5%
非監査証明クライアント数 1,981社 2,882社 3,216社
非監査証明クライアント比率※2 0.60 0.73 0.89

※1:{(金商法・会社法)+金商法}クライアント数/監査証明クライアント総数で計算。
※2:非監査証明クライアント数/監査証明クライアント数で計算。

監査証明クライアントに関しては、新日本が3,960社と最も多く有しており、金商法クライアントの比率も28.0%と最も高くなっています。(23.7%のあずさとは4.3%もの差があります。)

また、非監査クライアントに関しては、3,216社とトーマツが最多となっており、監査クライアント数に対する非監査クライアントの比率も0.89と、あずさの0.60と比較するとかなり高いものとなっています。(トーマツの非監査業務比率が高いことに関しては、クライアントや案件の詳細がわからないため理由に関しては何とも言えませんが、TS部門の存在や、多数の連結子会社を有する総合商社クライアントが多いことなども影響しているかもしれません。)

三大監査法人を『業務収入・利益』で比較する

三大監査法人の業務報酬・当期純利益 (単位:円)

それでは、最後に業務収入や利益を比較してみましょう。

  あずさ 新日本 トーマツ
業務収入 82,871,718,000 92,975,000,000 82,443,000,000
構成員ひとりあたり業務収入 14,427,528 16,245,850 15,534,765
パートナーひとりあたり業務収入 134,532,010 145,500,782 125,103,187
経常利益 3,730,089,000 2,689,000,000 5,403,000,000
構成員ひとりあたり経常利益 649,389 469,858 1,018,089
  パートナーひとりあたり経常利益 6,055,339 4,208,138 8,198,786
経常利益率 4.5% 2.9% 6.6%
当期純利益 202,699,000 507,000,000 2,231,000,000
構成員ひとりあたり当期純利益 35,289 88,590 420,388
  パートナーひとりあたり当期純利益 329,057 793,427 3,385,432
純利益率 0.24% 0.55% 2.71%

業務収入に関しては、新日本が最も大きくなっており、構成員ならびにパートナーひとりあたりの売上も新日本がトップとなっています。

あずさとトーマツに関しては、業務収入はほぼ同じ水準ですが、あずさ監査法人のほうがトーマツより400名ほど人員が多いため、構成員ひとりあたりの業務収入はトーマツのほうが高くなっています。一方で、パートナーひとりあたりの業務収入ではあずさがトーマツを上回っています。

また、経常利益率・純利益率に関しては、トーマツがトップとなっており、これは2011年のリストラ効果が出ているのではとも推測できます。一方、売上など規模は大きいものの、2010年にいち早くリストラを終えている新日本の利益率が低い点は気になるところです。(興味のある方はさらに分析してみて下さい。当サイトでも機会があれば改めて分析して取り上げます。)

なお、前述のとおり、あずさ監査法人は今回取り上げた決算後に希望退職を行なっていますので、上記の数字よりも利益率は改善していると考えられます。

そういった点も踏まえると、2013年の決算は、三大監査法人全てがリストラを終えてから初の決算となるため、今後の業界の勢力図を予想するにあたって大きく参考になりそうです。

圧倒的なノウハウでBIG4監査法人への転職サポート

公認会計士ナビの転職エージェントサービスでは、BIG4監査法人への転職をサポートしています。

公認会計士(試験合格者含む)、USCPA、CIA、CISAなどの資格者の方や、会計監査、経理や内部監査などの経験者の方を対象に、監査法人業界に詳しい転職エージェントが応募書類の添削から面接対策までBIG4監査法人へのご応募をしっかりとサポート致します。ご興味のある方は下記よりお申込みください。

公認会計士専門の転職エージェント

※公認会計士ナビの運営会社「株式会社ワイズアライアンス」のWEBサイトに遷移します。

※「公認会計士ナビの転職エージェントサービス」の詳細についてはこちら


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. books
    みなさま、新年明けましておめでとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 公認会計士ナビでは公…
  2. igpi8
    様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  3. h26kousa
    本日、平成26年度修了考査の合格発表が行われました。 本年の合格発表に関する概要は下記の通りです。…
  4. onlive3_5
    来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4…
  5. kuwaemon_onlive2_4
    来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  6. MBA
    公認会計士はどのように英語力を高めているのか? PwC出身の宮地俊充氏が起ち上げた…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための求人情報

公認会計士のための求人情報

公認会計士ナビ・スポンサー募集のご案内

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

IPO・J-SOX・M&Aコンサルの汐留パートナーズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る