平成24年(2012年)公認会計士試験 合格発表に関する考察

去る、平成24年11月12日(月)、平成24年公認会計士試験の合格者が発表されました。今年度の合格者に関する概要は下記の通りです。

合格者数と合格率

本年の公認会計士試験における合格者数は平成18年の新制度移行後、最少の1,347名となりました。また、合格率も7.5%と昨年を1%上回ったものの、旧制度の最後の3年間の平均(8.5%程度)よりも低い合格率となりました。全体的な傾向としては、合格者数・合格率共に旧制度とほぼ同じ水準に戻ったと言えます。

平成24年 公認会計士試験 合格者の概要

【総受験者数】 17,894名(前年比22.7%減
【合格者数】 1,347名(新制度移行後、最少
【合格率】 7.5%(昨年の6.5%からアップ)
【合格者最高年齢】 59歳
【合格者最低年齢】 18歳

 ※女性合格者:249名、女性比率:18.5%
 ※20代の合格者比率77.5%
 ※大学(および短大)在学中の合格者22.1%

【公認会計士試験 過去10年間の合格者数と合格率】

公認会計士試験の受験者数

今回の公認会計士試験では、受験者数が前年比22.7%減の17,894人と激減している点も特徴的です。

一方で、過去の公認会計士試験の受験者数を振り返ってみると、旧制度最終年の平成17年の受験者数は15,322人となっています。公認会計士試験の受験者数自体はここ数年、減少傾向にあるものの、今年の17,894人という数字は過去の受験者数と比較するとわずかながら多い状況にあります。

【過去10年間における公認会計士試験受験者数の推移(単位:人)】

平成24年 公認会計士試験 受験者数

このように、公認会計士試験は「受験者数」「合格者数」「合格率」ともに過去の水準へと戻りつつあります。このことから“公認会計士試験はかつてのような「難関試験」に戻りつつある”とも言えるでしょう。一方で、長引く不況や日本経済の低迷などから、疲弊した監査法人の体力もまだまだ戻りきっておらず、公認会計士業界が活気を取り戻すにはまだ時間がかかると言えそうです。

 ※本文中のデータは全て「平成24年公認会計士試験 合格者調」より作成。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 汐留パートナーズ_PKF_サムネイル

    会計業界の勢力図が変わるか!?汐留パートナーズが創業わずか10年…

  2. ケップルアカデミー_サムネイル2

    CFOやキャピタリストを目指す会計士必見!スタートアップ実務を高度…

  3. 監査法人 会計事務所 ランキング

    世界の監査法人・会計事務所 売上ランキング(2011年版)

  4. あずさ監査法人の業績ってどうなの?過去6年間の決算書を分析!

  5. 第11回 公認会計士ナビonLive!!登壇者集合写真

    【開催報告】第11回 公認会計士ナビonLive!!が開催されました!

  6. 「築地銀だこ」のIPOを支えた公認会計士たちの話 -IPO準備にとっ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援