MFクラウド経費が「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」の認証取得 ~経費精算ソフトで第1号認証に~【PR】

【本記事は株式会社マネーフォワード様からのプレスリリースです】

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介、以下「当社」)は、クラウド型経費精算ソフト「MFクラウド経費」において、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認証する「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」(以下「本認証」)を取得いたしました。経費精算ソフトでは、第一号の認証となります。

 電子帳簿保存法(以下「電帳法」)スキャナ保存制度は、紙での保存が義務づけられていた国税関係書類について一定の要件をもとに電子データによる保存を認めた制度です。これまでは、スキャナ保存が認められる要件が厳しかったことから長らく普及が進んでおりませんでしたが、平成28年の税制改正により、国税関係書類をスマートフォン等で読み取ることができるようになり、今後の利用拡大が見込まれています。
 もっとも、電帳法で定められている要件はわかりにくい点も多く、市販の電帳法対応ソフトの中には法的要件を満たさず、電帳法スキャナ保存制度を利用する企業等が税務調査時に不備を指摘されるリスクが顕在化しています。本認証は、公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が、「MFクラウド経費」の機能仕様を個別チェックし、法的要件を満たすと判断し認証を受けたものです。今回の認証取得により、お客さまは、電帳法に対応する経費精算ソフトとして「MFクラウド経費」をより安心してご利用いただけるようになります。

  • 取得日  2017年2月3日
  • 認定機関 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIMA)

株式会社マネーフォワードについて

2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

≪提供サービス一覧≫

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
広報担当:柏木、青木
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:MFクラウド経費が「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」の認証取得 ~経費精算ソフトで第1号認証に~

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生PAPカンファレンス2020秋_弥生_岡本浩一郎氏

    年末調整や電子インボイスなど「社会的システムのデジタル化」を弥…

  2. Googleで比較する監査法人 その1:検索数で比較

  3. 第11回 公認会計士ナビonLive!!登壇者集合写真

    【開催報告】第11回 公認会計士ナビonLive!!が開催されました!

  4. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    独立を成功させたい!富裕層や資産家との人脈を作るにはどうしたら…

  5. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第4回:SPC法の登場による不動産と金融の融合【連載:不動産金融の…

  6. クラウド請求書管理サービス Misoca(みそか)が描くペーパーレスの…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント