プライスウォーターハウスクーパース、 クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、 コミュニケーション改革支援サービスの提供を開始【PR】

【本記事はPwCあらた監査法人様からのプレスリリースです】

Sansan、DMM.comとソリューション開発において協業

2016年2月23日
プライスウォーターハウスクーパース株式会社
Sansan株式会社
株式会社DMM.com

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:鹿島 章、鈴木 保晴、以下、PwC)とSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田 親弘、以下、Sansan)、株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役:松栄 立也、 以下、DMM.com)は、2月23日、スマートロボットを活用した企業内コミュニケーションの改革を支援するための協業を開始します。

本サービスでは、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、高機能AIを搭載したスマートロボットを機能連携させます。スマートロボットがユーザーインターフェースとなり、音声会話やメールなどで情報の受け渡しを行うだけでなく、職場のコミュニケーションを活性化させる潤滑油としての役割も担います。顔認識機能により、担当顧客に関連する情報や訪問時に役立つナレッジなど、利用者の趣向に合わせた情報発信を、ロボット側から行うことも可能です。利用者とロボットの接触回数が増えれば増えるほど、データの蓄積が進み、Sansanが本来持つ顧客データベース管理と情報共有機能をより効果的に活用できる環境が整います。

PwCは、こうしたスマートロボットを活用した次世代情報基盤の構築に関し、企画検討から導入・運用までトータルに支援するコンサルティングを提供します。スマートロボットは、DMM.comのロボティクス部門「DMM.make ROBOTS」がラインナップする高機能AIスマートロボットを、企業のオフィス環境に合わせ、カスタマイズをして提供します。

なお、本ソリューションの基盤にはマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure、 統合型 CRM アプリケーション サービスMicrosoft Dynamics CRM Online、統合型情報共有クラウドサービスOffice 365を活用し、日々の企業活動における情報利活用、業務効率化の促進が可能となります。

社内のコミュニケーションが硬直化し、人や情報を有効活用できていない企業は少なくありません。顧客情報やナレッジを活かせず、営業機会を逸することもあります。こうした課題を解決するために、スマートロボットをインターフェースとしたコミュニケーションを変革するサービスをご提供します。本協業により、企業が抱えるコミュニケーションの課題を解決に導き、テクノロジーを活用した次世代の働き方を企業に浸透させることを目指します。

日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパーエバンジェリズム統括本部長 伊藤 かつら氏は、次のようにコメントしています。

「日本マイクロソフトは、このたびのプライスウォーターハウスクーパース株式会社様、Sansan株式会社様、株式会社DMM.com様によるクラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、コミュニケーション改革支援サービスの提供開始を心から歓迎いたします。今回の協業を通じて、いままで各社がそれぞれに提供していたサービスやデバイスが、マイクロソフトのクラウドプラットフォームを介して有機的に接続、連携することで、ワンストップソリューションとして職場のコミュニケーションの変革におけるあらたなユーザー体験と、さらなる付加価値がご提供できるものと確信しております。

日本マイクロソフトは引き続き3社と連携し、クラウドを中心とした製品、サービスの提供をおこなっていくと共に、お客様環境におけるワークスタイル変革と生産性向上に努めてまいります。」

<今後の予定>
2016年3月1日より、予約の受付を開始します。
トライアル実施などのご要望にも随時対応いたします。

【図1】本協業における3社の役割

 

 

 

【図2】提供機能一覧

 

 

以上

プライスウォーターハウスクーパース株式会社について

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、コンサルティングサービスとディールアドバイザリーを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。M&Aや事業再生・再編、インフラの専門家であるディールアドバイザリー部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。世界157カ国、208,000人以上のスタッフを有するPwCのネットワークを活かし、国内約1,700名のプロフェッショナルが企業の経営課題の解決を支援しています。

Sansan株式会社について

Sansan株式会社は、「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」をミッションに掲げ、クラウド名刺管理サービス『Sansan』と『Eight』を提供しています。『Sansan』は「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに、社内に眠る名刺を営業活動に使える資産に変える世界初の法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナやスマホアプリで読み取るだけで、入力オペレータにより名刺情報が正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できます。さらにその名刺情報を元にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、効率的に営業力強化を実現。導入企業は4,000社を超え、名刺管理サービス市場シェアは約8割です。

株式会社DMM.comについて

株式会社DMM.comは、Webを通じてさまざまなコンテンツを提供する事業会社です。AKB48グループなどの動画配信や電子書籍、DVDレンタル、オンラインゲーム、FX、太陽光発電、英会話、3Dプリント、格安スマホ、ロボットなど、幅広いサービスを時代に合わせ柔軟に展開することにより、常にユーザーへ価値を提供しています。
名称:株式会社DMM.com
本社:東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号恵比寿ガーデンプレイスタワー21階
代表者:代表取締役社長 松栄 立也

引用元:プライスウォーターハウスクーパース、 クラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、 コミュニケーション改革支援サービスの提供を開始

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 四大監査法人を比較する【2017年10月版】トップ画像

    四大監査法人を比較!PwCあらたも決算書公開でBIG4の業績が出揃う:…

  2. 【開催報告】FAS・コンサルやスタートアップで活躍する会計士たちが…

  3. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    最終回(第7回):崩壊に向かって突き進んだ証券化市場、そして、こ…

  4. 藤田耕司氏・経営心理士・公認会計士

    会計士はAIには負けない。会計士・税理士の能力を最大化する「経営…

  5. 2018年監査法人IPOランキングサムネイル

    2018年 監査法人IPOランキング!EY新日本が首位!あずさ躍進、トー…

  6. 石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    スタートアップに行くならインチャージを経験すべき?CFO会計士でエ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援