米国公認会計士(USCPA)の転職とその市場価値/第1回:米国公認会計士を取得するべきかどうか判断するには?

  • 2017/10/30

USCPA・米国公認会計士

当サイト『公認会計士ナビ』は、会計業界の活性化を目的として、主に日本の公認会計士資格取得者や会計・監査法人業界で働く人をターゲットに情報提供をさせて頂いているサイトです。

しかしながら、このサイトをご覧になっている方々の中には「これから会計業界を目指そうと思っている人」もおられるかと思います。

そして、そのような方々に、会計業界や会計関連の資格について理解を深めて頂くことによって、資格を正しく取得し、効果的なキャリアアップを実現して頂いたり、より優秀な方に「会計業界で働きたい!」と思って頂いたりすることも会計業界の活性化につながるのではないかと思っています。

という訳で、今回より3回に渡って、会計業界未経験の方これから会計業界を目指そうと思っている方向けに米国公認会計士の転職とその市場価値』をテーマにしたコラムを連載していきたいと思います。 

第1回は『米国公認会計士を取得するべきかどうか判断するには?』です。

米国公認会計士(USCPA)を取得すればキャリアアップできるの?できないの?

2011年、日本での『米国公認会計士(USCPA)』の受験が解禁されました。また、徐々に適用が進みつつあるIFRS財務報告基準(IFRS)の影響や、日本企業の海外進出の進展などから、転職マーケットにおいてこれまで以上に「会計」と「英語」が重視されるようになってきています。

このような背景に伴い『米国公認会計士』の注目度も高まってきていますが、米国公認会計士を目指す方々にとって、資格取得前に手に入る情報は非常に限られています。

例えば、会計系資格の専門学校などは積極的に

『これからは国際会計の時代!』

『グローバルなビジネスパーソンには会計知識が必要!』

『USCPAを取得してキャリアアップ!』

と言った情報を発信しています。

一方で、webを検索すれば、

『米国公認会計士は日本の公認会計士より取得が簡単』

米国公認会計士は市場価値がそれほど高くない』

などと言った情報も見受けられることもあります。

また、米国公認会計士資格を取得して、

 『キャリアアップに成功した!』

 『希望の職種に転職できた!』

 と言う人もいれば、残念ながら

 『苦労して米国公認会計士試験に合格したのに、転職の際にあまり評価されなかった…』

 という人もおられます。

実際、米国公認会計士の実際の市場価値や資格の有効性はどの程度なのでしょうか?

米国公認会計士を取得することはキャリアアップにつながるのでしょうか?

今回、webなどで見られる一般論からさらに一歩踏み込んだ形で、米国公認会計士資格の有効性取得の際の注意点、そして、取得後のキャリアアップのポイントを解説していきます。

自分のキャリアとシナジーのある資格が何かを考える

まず、米国公認会計士に限らず、資格全般に言えることなのですが、そもそも資格の取得を目指す歳には、

「その資格を取得したら、自分のキャリアアップや転職に効果があるのか?」

と言うことを判断しなければなりません。

その際に基準となるのが、資格取得を目指すあなた自身が

「これまでに“その資格とシナジーのある経験”を積んでいるのか」

と言うことです。

世間には資格取得に関して、

「資格を取得すればキャリアアップできる!」
「資格を取得すれば安心!」
「難関資格を取得して人生逆転!」

と言ったイメージを持たれている方も少なくないかと思いますが、実は資格というのは資格だけで大きな効果を発揮するものではありません。

資格とは、

『資格』と『実務経験』の両方が揃って、初めて効果が最大となる

ものなのです。

つまり、資格取得を考える場合には、これまでの経験と全く関係のない資格を取得するのではなく、

「これまでの経験とシナジーのある資格を取得する」

もしくは、

「資格を取得した後に、その資格に合った実務経験を積む」

ことがキャリア形成において重要となるのです。

 

では、わかりやすく例を挙げて見てみましょう。

ここにAさんとBさんのふたりがいたとします。

ふたりとも30歳で、それぞれのキャリアは下記の通りです。

  • Aさん(30歳)…22歳で大学を卒業し、その後「経理」を8年間経験
  • Bさん(30歳)…22歳で大学を卒業し、その後「人事」を8年間経験

この時、AさんとBさんの両方が『米国公認会計士』の資格を取得したとします。

Aさんの場合、米国公認会計士とシナジーのある「経理」の経験を有していますから、会計系の「資格」と「実務経験」がシナジーを生み、市場価値のアップにつながります。

一方で、Bさんの場合、「人事」の経験は会計系の職種ではないため、米国公認会計士の資格とはシナジーを生みません。

そのため、もし、Bさんが米国公認会計士の資格を取得した場合、転職市場においては、

「米国公認会計士の資格は持っているが会計の経験がない人」

または、

「人事経験はあるが、人事とは関係のない米国公認会計士の資格を持っている人」

と言う評価になります。

つまり、Bさんのように、米国公認会計士とシナジーのある経験を積んでいない人が米国公認会計士の取得を目指す場合は、

「資格でキャリアアップする!」

ではなく、

「今までの経験をリセットして、会計分野にチャレンジをする」
「米国公認会計士を取得して、会計分野にキャリアチェンジする」

と言うふうに考える必要があるのです。

そのため、「米国公認会計士の取得をした後に、会計の仕事に転職できるかどうか」を把握しておくことが重要です。

もしくは、Bさんのように『社会保険労務士』など人事関連資格の取得を目指すのがキャリアップのセオリーとして適切と考えられるのです。

資格の持つ“イメージ”や“幻想”にまどわされないことが大切

このように、米国公認会計士資格の取得によってキャリアアップするには、まずは自分のキャリアが米国公認会計士資格とシナジーがあるのかどうかを判断しなければなりません。

現在、会計業界で働いている人や経理など会計関連の仕事に従事している人であれば、米国公認会計士の資格がキャリアアップにつながる可能性は比較的高いと考えられます。

しかしながら、会計業界での経験や経理職としての経験がない人の場合は一考が必要です。

特に、会計業界での経験がない人が『米国公認会計士(USCPA)』と聞くと、グローバルかつ専門性がありそうな響きから、「USCPAってかっこいい!すごい!」と感じてしまいがちです。

さらに、

「米国公認会計士は日本の公認会計士資格と比較すると取得難易度が低いですよ」

「頑張れば貴方も取得できますよ」

などと言われてしまうと、

「自分にも取得できそう!」

「USCPAを取得すれば、新たなキャリアが開けるのではないだろうか!?」

というふうに思ってしまう方も少なからずおられるでしょう。

けれども、そこは少し冷静になって、まずは

「米国公認会計士の資格は、今までの自分のキャリアにシナジーがあるのだろうか?」

と言うことを考えてみて下さい。

資格の持つ“イメージ”や“幻想”にまどわされず、自らのキャリアを冷静に見つめることが重要なのです。

それでは、次に「米国公認会計士とシナジーのあるキャリアって何?」と言うことになるのですが、それについては後日、解説させて頂きます。

次回に続きます。

第2回はこちら

第2回:米国公認会計士とシナジーのある経験とは?(米国公認会計士の転職とその市場価値) 

BIG4監査法人への就職・転職を希望するUSCPAや科目合格者をサポート!

公認会計士ナビでは、BIG4監査法人(PwCあらた・トーマツ・あずさ・EY新日本)への転職を希望するUSCPAや科目合格者の方の就職・転職をサポートしています。

現在、BIG4監査法人が監査部門やアドバイザリー部門にて、USCPAや科目合格者を積極的に募集中です。主な目安は下記になります。(あくまで目安です)

  • USCPA全科目合格:会計・金融・コンサル実務の経験者は30代後半くらいまで、未経験者であれば30代前半くらいまでの方
  • USCPA科目合格:会計・金融・コンサル実務の経験者は30代後半くらいまで、未経験者であれば20代後半くらいまでの方

BIG4監査法人への転職にご興味のある方は、下記より転職サポートにお申込みください。

※公認会計士ナビの運営会社である株式会社ワイズアライアンスが提供するサービスです。

書類選考通過率90%以上、会計業界に精通し、BIG4監査法人への紹介実績が豊富な転職アドバイザーが、あなたのBIG4監査法人への転職をサポートします。(USCPAの科目合格者の方からご相談を受付けさせて頂いております。)

監査法人への転職【公認会計士ナビのエージェント】

また、「まずは相談したい、詳しく話を聞きた」という方には転職アドバイザーに相談できる個別形式の転職セミナーも開催しております。下記よりお申込みください。

※公認会計士ナビの運営会社である株式会社ワイズアライアンスが提供するセミナーです。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 去る3月1日(土)、東京・丸の内にて公認会計士ナビ初の大型リアルイベント・公認会計士ナビ on Li…
  2. 近年、公認会計士にも英語力が必要とされる時代となってきています。若手会計士のみなさんはどのように英語…
  3. 公認会計士業界時事ニュース
    東芝の不正会計問題を巡り、各メディアが毎日のように報道しています。 膨大な記事の中から、東芝事件の…
  4. TACの業績を分析してみた_財務・会計分野編_サムネイル画像
    前回に引き続き、株式会社TACの業績分析を行います。 前回の記事はこちら →会計士なら気にな…
  5. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1
    会計業界やスタートアップ業界を驚かせた会計ソフトシェアNo.1「弥生」によるクラウド請求書サービス「…
  6. 本日、平成26年11月14日(金)、平成26年公認会計士試験の合格者が発表されました。 合格者…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る