米国公認会計士(USCPA)の転職とその市場価値/第2回:米国公認会計士とシナジーのある経験とは?

  • 2016/10/30

前回からお送りしていますコラム『米国公認会計士の転職とその市場価値』の第2回は『米国公認会計士とシナジーのある経験とは?』と題して、米国公認会計士資格を取得すると転職市場での評価が高まりやすい職種や経験について解説します。

第1回はこちらをご参照ください。

前回のコラムでは、「資格はそれだけでは効果がなく、資格とシナジーのある経験と合わせることが重要である」と言うことをお伝えしました。

それでは、どのような経験が米国公認会計士資格とのシナジーが高いのでしょうか?

もう少し詳しく見てみましょう。

米国公認会計士の構成要素:「会計・財務・金融」と「英語」

米国公認会計士の資格は主に「会計」「財務」「金融」の3分野で評価されます。

また、「英文会計」や「英語」の要素も含んでいますので、その両方(または、いずれか)と接点が多い経験をしているほど、資格と経験のシナジーは高くなります。

そのため、例えば、経験面では、下記のように経理や会計監査と言った会計系の職種を筆頭に、財務やM&Aアドバイザリー、内部監査などの財務や金融に関連する経験を有している人が米国公認会計士資格を取得すると、シナジーが高く、キャリアアップにつながりやすい傾向にあります。

米国公認会計士とシナジーの高い職種の例

  • 経理経験
  • 監査法人での会計監査経験
  • 財務、または、会計系コンサルティング経験
  • 金融機関やコンサルティングファームでのM&Aアドバイザリー経験
  • 内部監査経験 等

また、米国公認会計士資格には、『英文会計』『英語』の要素も含まれていますので、下記のように海外の子会社が多い企業や外資系企業、海外の会計基準に基づいた決算業務を行なっている企業、クロスボーダーの(海外企業の)M&Aアドバイザリーを行なっている金融機関やコンサルティングファームなどで評価されやすい傾向にあります。

米国公認会計士が評価されやすい企業の例

  • 海外連結子会社の多い企業
  • 海外市場に上場している企業
  • 外資系企業
  • 米国会計基準(US GAAP)や国際財務報告基準(IFRS)での決算を行なっている企業
  • クロスボーダーM&A(海外企業のM&A)のアドバイザリーを行なっているコンサルティングファームや金融機関 等

このように、「海外展開する企業や外資系企業」などで「会計・財務」などの経験があると米国公認会計士資格とのシナジーは最大になります。

また、例えば、前述のような経理や財務、コンサルティングなどの経験があっても

「英語を使わない国内業務や日本基準の会計業務の経験しかない人」

もおられるかと思いますが、そう言った人の場合、米国公認会計士資格とのシナジーは小さくなりますので、取得したときのキャリアアップ効果もやや小さくなります。

ただし、取得して意味が無いのではなく、あくまで「シナジーが小さい」ということですので、前述のような

「英語を使う経理職」

「英文会計や海外の会計基準に関する知識を必要とする職種」

への転職を考えている場合は評価につながります。「もっと国際的な会計業務にチャレンジしたい!」と考えている方は米国公認会計士の取得にチャレンジしてみるのも効果的です。

第2回は以上です。

次回に続きます。

第3回はコチラ

 第3回:実務未経験の米国公認会計士が転職で評価されるポイント(米国公認会計士の転職とその市場価値

BIG4監査法人への就職・転職を希望するUSCPAや科目合格者をサポート!

公認会計士ナビでは、BIG4監査法人への転職を希望するUSCPAや科目合格者の方の就職・転職をサポートしています。

現在、BIG4監査法人が若手USCPAや科目合格者を積極的に募集中です。主な目安は下記になります。

  • 20代後半くらいまでの方:USCPA3科目以上の合格者(会計実務未経験も可、英語力上級の方歓迎!)
  • 30歳くらいまでの方:USCPA試験合格者(会計実務未経験も可、英語力上級の方歓迎!)
  • 30歳~35歳くらいの方:USCPAの試験に合格されており、経理、税務、財務、金融などの実務経験をお持ちの方

BIG4監査法人への転職にご興味のある方は、公認会計士ナビの転職エージェントサービス(運営:株式会社ワイズアライアンス)からお問合せください。書類選考通過率90%以上、会計業界に精通し、BIG4監査法人への紹介実績が豊富な転職アドバイザーが、あなたのBIG4監査法人への転職をサポートします。

監査法人への転職【公認会計士ナビのエージェント】


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 今回は、今、最も注目されているスタートアップのひとつであり、公認会計士ナビのスポンサーでもあるクラウ…
  2. 次世代の公認会計士コミュニティ「NEXT C.P.A」Vol.1サムネイル
    先日、経営コンサルタント 大前研一氏が語った「エストニアから会計士税理士が消滅した」という記事が…
  3. 監査証明
    2012年の監査法人IPOランキングです。 その他の監査法人ランキング記事一覧はこ…
  4. 近年、日本企業の海外進出の増加に伴い、公認会計士を始めとした士業にもグローバルな知見が必要とされるよ…
  5. 来る2016年2月20日(土)に第5回・公認会計士ナビonLive!!in大阪が開催されます。 本…
  6. 求人情報_画像_求人用thumb
    2015年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2015年のI…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る