PwCコンサルティング、「データマネタイゼーション実態調査2022」を公開【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

データマネタイゼーションという取り組みを76%が認知しているが、事業化に至ったのはそのうち9%
現時点でデータマネタイゼーションを未検討の方のうち89%が、今後積極的に取り組みを推進していきたい意向を示す

2022年3月8日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は、本日、「データマネタイゼーション実態調査2022」を公開しました。

近年、データマネタイゼーション(データを資産として活用し、事業活動に付加価値を創出するための活動)への関心は高まっており、その市場規模は2026年までに全世界で74.7億米ドルに達すると言われています*1。しかし、データマネタイゼーションを実現できている企業は一部の大企業に限られており、日本企業におけるデータマネタイゼーションに対する取り組みの実態は明らかにされていませんでした。本調査は、データマネタイゼーションの認知度や検討状況、認識している課題や今後のデータマネタイゼーションへの取り組み意向などについて調査/分析したもので、521人の有効回答を得ました。

*1 Mordor Intelligence, 2020, Data Monetization Market – Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2021 – 2026)

本調査結果によると、データマネタイゼーションという用語を耳にしたことがある、または内容を知っていると答えた方は全体の76%に達しましたが、事業化に至っていると答えた方はそのうち9%と極めて少数であることが分かりました。一方で、データマネタイゼーションの検討に着手できていないと回答した方の89%は、今後データマネタイゼーションの取り組みを積極的に推進していきたい意向であることが明らかになりました。また、データマネタイゼーションを推進する上では、データ利活用を推進する際の要となる組織体制の構築や社内人材のスキル育成などに加え、「マネタイズアイデアの創出」や「データ価値の評価」といったデータマネタイゼーション特有の課題にも対応する必要があることが分かりました。

「データマネタイゼーション実態調査2022」主な調査結果

1.76%は「データマネタイゼーション」という取り組みを認知しているが、実現に至っているのはそのうちわずか9%に留まる

「データマネタイゼーション」という用語を耳にしたことがある、または内容を知っていると答えた方は全体の76%に達しており、取り組みそのものはある一定の認知を得ていることが分かりました。しかし、事業化に至っているのはそのうちの9%と極めて少数でした。データマネタイゼーションへの関心はある一方で、具体的な検討に至ることができていない現状が明らかとなりました。

図1  データマネタイゼーションの認知と取り組み状況

2.現時点でデータマネタイゼーションに取り組めていない企業も、今後は積極的に検討していきたい意向

現時点でデータマネタイゼーションの検討に着手できていないと回答した方(136人)に対して、今後の検討意思を質問したところ、56.6%が「きっかけがあれば取り組みたい」、次いで32.4%が「必要性を感じており、積極的に検討したい」と答えました。「今後も取り組む予定はない」と回答した方は9.6%であり、現時点で検討に着手できていない企業も今後は前向きに検討していきたい意向であることが示されました。

図2  今後のデータマネタイゼーションへの取り組み意思

3.データマネタイゼーションの実現に向けては、データ利活用全般の課題に加え、データマネタイゼーション特有の課題をクリアする必要がある

既にデータマネタイゼーションの検討を開始している・または事業化できていると回答した方(225人)に対して、これまでに課題と認識した点について質問したところ、回答数を集めたのは以下3つでした。

  • データを扱えるスキルを持った社員がいない…11.9%
  • 自社のどのデータがマネタイズに適しているのか分からない…9.8%
  • データをマネタイズするためのアイデアがない…9.6%

データマネタイゼーションの取り組みを推進する上では、社員のスキル育成といったデータ利活用全般の課題だけでなく、データマネタイゼーション特有の「マネタイズアイデアの創出」や「データの価値の判断」といった課題をクリアする必要があることが示されました。

図3  データマネタイゼーションに取り組む上での課題

「データマネタイゼーション実態調査2022」概要
調査目的 企業におけるデータマネタイゼーションの認知・検討・実行状況と課題を把握する
調査方法 調査会社パネルを活用したインターネットモニター調査
調査期間 2021年12月15日(水)~12月17日(金)
調査対象 売上高500億円以上の企業に勤務しており、データマネタイゼーションに対する意思決定、方針検討、企画・検討・立ち上げ、情報収集・アドバイスを行う立場の方
有効回答 521件
ダウンロード先URL https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/data-monetization-survey2022.html

*図表は四捨五入により合計が100%にならない場合があります。

PwCコンサルティングは、クライアントのデータマネタイゼーションを実現するためのソリューションである「データマネタイゼーション支援ソリューション」を提供しています。本ソリューションでは、目指すゴールと優先すべき観点に基づき、クライアントのデータマネタイゼーションを以下の4つの方向性に整理し、実現するためのアプローチならびに各種アセットを提供しています。

  1. データの見える化による現状の把握
  2. データの外部提供
  3. データの高度分析によるインサイト発見
  4. データ利活用による新規ビジネスの開発

企業が保有するデータのマネタイズポテンシャルのアセスメントや、実行計画の策定、プロジェクト実行の3ステップを通じて、データマネタイゼーションの実現を支援します。これにより、各社が陥りやすいデータマネタイゼーション特有の課題に対して効果的にアプローチし、クライアントのデータマネタイゼーション実現を支援します。

データマネタイゼーション支援ソリューションの詳細は以下をご覧ください。
https://www.pwc.com/jp/ja/services/consulting/analytics/data-monetization.html

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界156カ国に及ぶグローバルネットワークに295,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,400人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用:PwCコンサルティング、「データマネタイゼーション実態調査2022」を公開 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士業界時事ニュース

    【2022年2月更新】東芝事件の全貌とは?事件の経緯と関連ニュースを…

  2. 青山綜合会計事務所記事サムネイル

    会計士のポテンシャルを最大限に発揮できる!?証券化のキャリアや…

  3. 公認会計士の独立や会計事務所・監査法人経営を成功させるのはマニ…

  4. 関西の会計士こそ独立すれば自由に多様な業務を楽しめる?!大阪で成長中のユナイテッドが監査法人出身者を募集中!

    関西の会計士こそ独立すれば自由に多様な業務を楽しめる?!大阪で…

  5. 公認会計士のための独立・開業勉強会【第1回】

    会計士の独立を成功させるには!?第1回・公認会計士のための独立・…

  6. Kepple会計事務所 代表・公認会計士・税理士・行政書士・神先 孝裕

    会計士は何歳で独立するのが良い?3人の会計士が語った独立の適齢期…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント