ベトナムで電子インボイス関連サービスを展開するBizzi社へ出資:マネーフォワード【PR】

【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

東南アジアにおけるSaaS企業とのパートナーシップを通じ、今後の海外展開を加速

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、当社が運営するマネーフォワードファンドを通じて、ベトナムで電子請求書受領管理サービスなどを提供するBIZZIBOTS PTE. LTD.(本社:シンガポール、以下「Bizzi社」)への出資を実行しました。

べトナムは、2022年7月に電子請求書の発行を義務化する法令※1が施行予定であるなど政府主導でデジタル化の取り組みが進む一方で、電子請求書処理における課題(受領者側のペイン)を取り除くサービスはまだ少なく、成長のポテンシャルが高い市場となっています。
Bizzi社は、ベトナムにおいて主に電子請求書受領管理サービスを開発・提供しており、これらのサービスを通じて企業のバックオフィス業務のデジタル化および自動化を進めています。
この度当社は、Bizzi社が2021年9月に実施したプレシリーズAラウンドに、リード投資家として参加しました。今後当社は、『マネーフォワード クラウド』事業で培ったノウハウを共有することで、Bizzi社がベトナム国内で電子請求書受領管理サービスを拡大し顧客企業の電子請求書対応を推進できるよう、サポートしてまいります。なお、Bizzi社の取締役として当社執行役員CSOである菅藤達也が就任する予定です。

マネーフォワードの海外出資方針

当社は2018年より、SaaS×Fintech領域にて、アジアにおける現地企業とのパートナーシップを拡大してきました。今年に入ってからは、インドネシア・Mekari※2への追加出資、タイ・FlowAccount Co., Ltd.(以下「FlowAccount」)および今回のベトナム・Bizzi社への新規出資を実行しています。
今後も、当社の『マネーフォワード クラウド』事業で培った日本国内でのノウハウやネットワークを出資先の企業へ還元するとともに、東南アジアにおける先行事例を日本へ輸入するなど、双方にとって有益な戦略的パートナーシップ関係を築いてまいります。

2021年の海外出資実績

1.Mekari(インドネシア)

Mekariは、インドネシアで中小企業向けクラウド会計・HRサービスを提供する企業で、2021年に顧客コミュニケーション・管理ツール『Qontak』の運営会社がグループジョインするなど事業領域を拡大させています。
当社はMekariに対して、2018年のシリーズAラウンドを皮切りに複数回出資を行い、2021年3月のシリーズDラウンドではリード投資家として参加しました。現在、当社代表取締役社長CEOである辻庸介がMekariグループの取締役を務めており、また、Money Forward Vietnam Co., Ltd.とMekariとの協業も進んでいます。

2.FlowAccount(タイ)

FlowAccountは、タイで中小企業向けに請求書・会計・給与計算のクラウドサービスを提供する企業です。タイ国内の銀行やEコマースサービスと連携しながらシームレスなユーザー体験を提供しており、現在約5万にのぼるユーザーにご利用いただいています。
当社は、2021年6月のシリーズAラウンドに参加しています。

※1 出典:ベトナム社会主義共和国「請求書および文書に関する法律
※2 “Mekari”は、グループのブランド名。当社は、シンガポールに登記しているSleekr Pte Ltd.の株式を保有しています。

BIZZIBOTS PTE. LTD.について

持株会社:BIZZIBOTS PTE. LTD.(所在地:シンガポール)
サービス運営会社:BIZZI VIETNAM CO., LTD
所在地 :A2.06.12A, Goldview 346 Ben Van Don, District 4, HCMC, Vietnam
代表者 :代表取締役CEO Vu Trong Nghia
設立  :2019年9月
事業内容:電子請求書受領管理および経費精算サービスの開発・提供
URL  :https://bizzi.vn/
主要サービス:請求書受領管理サービス『Bizzi』

「マネーフォワードファンド」概要

「マネーフォワードファンド」は、SaaS×Fintech領域でビジネスを展開する企業への以下の支援や連携などを行うことを目的に当社が自ら出資を行うプロジェクトの呼称です(当該出資の主体は当社であり、出資を目的とする子会社やファンドを組成するものではありません。)。本プロジェクトを通じて、国内外問わず当社とのシナジーが見込めるSaaS×Fintech企業に対する出資を含めた提携をさらに加速し、”すべての人のお金の課題解決”を目指してまいります。
(1)資金面での支援
(2)ノウハウの共有
(3)ユーザー送客、事業やサービスの連携
(4)ネットワークの活用
(5)資本政策およびIPOの支援
お問い合わせ:mf-fund@moneyforward.co.jp

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

*記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード 
広報担当:早川
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

会計事務所の業務改善と収益増加を実現するマネーフォワード クラウド会計

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFコーポレート

マネーフォワードは、会計事務所の皆様の専門性が最大限に発揮できる環境をサポートする事により、中小企業の抱える課題を共に解決するパートナープログラムをご用意しております。オンライン無料相談を承っておりますので、お気軽にご予約ください。

オンライン無料相談のご予約はこちら

引用元:ベトナムで電子インボイス関連サービスを展開するBizzi社へ出資|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 宮本 翔氏 Fanatics Japan G.K. Financial Controller/公認会計士

    好きなことを仕事にした会計士 -スポーツビジネスを本業にした会計…

  2. 監査法人が処分を受けた理由は?TOP・サムネイル画像

    監査法人が処分を受けた理由は?金融庁の監査法人への行政処分を流…

  3. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル

    会計士資格を“活かす”のではなく“忘れろ”-経営コンサルで活躍する…

  4. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第7回:業務日報は作成している?【会計事務所が知っておきたい税理…

  5. 新日本監査法人の業績ってどうなの?過去8年間の決算書を分析!

  6. 2019年監査法人IPOランキングサムネイル

    2019年 監査法人IPOランキング!EY新日本が2年連続で首位!BIG4から…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント