PwCあらた、「クラウド・リスク・マネジメント 新版」を発刊【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

経営層や現場担当者が理解すべきリスクについて、最新トレンドも含めて解説。初版より全面刷新

2021年9月10日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:井野 貴章)は本日、「クラウド・リスク・マネジメント 新版」を同文舘出版より発刊しました。2016年に発行した初版は、クラウドを利用している、または導入を検討している企業の皆さまにご好評いただいており、このたび5年ぶりに新版を発行する運びとなりました。

新版では、当法人でシステム監査に携わる第一線のメンバーが中心となり、過去の監査やアドバイザリーの経験、PwCのグローバルネットワークが保有する知見などを基に、クラウドを利用する企業が理解すべきリスクについて網羅的に記述しています。加えて、クラウドサービスプロバイダーに関係する認証や外部監査のスキームについても詳述しています。また、2020 年 6 月から開始された政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)の制度概要を説明しています。最後に、本改訂版における新しい試みとして、経営層が理解すべきリスクを分かりやすくまとめました。

本書の構成「クラウド・リスク・マネジメント 新版」【書籍】

第1章 クラウドコンピューティングの動向
第2章 クラウド関連の事故事例
第3章 クラウドサービス利用におけるリスク
第4章 クラウドサービス利用時のコントロール
第5章 クラウドサービス事業者のリスク対策・情報公開について(評価・監査・認証制度)
第6章 クラウドサービス利用事例紹介
第7章 経営層が理解すべきリスク

書籍情報

  • 書名:クラウド・リスク・マネジメント 新版
  • 出版社:同文舘出版
  • 定価:2,090円(本体1,900円+税10%)
  • 執筆者:PwCあらた有限責任監査法人
  • 仕様:186ページ/A5版

書籍の予約・購入はこちら

本書の概要

  • クラウド・バイ・デフォルトの時代*が訪れています。かつてはセキュリティリスクの観点から導入を懸念する企業が多かったものの、現在では事業継続や競争力の向上のためには、リスクに対応したうえで戦略的に利用することが求められています。
  • 企業はクラウドサービスを利用するうえで、そのリスクを把握する必要があります。実際に起きたインシデント事例から、過去にどのようなリスクが企業に影響を与えたのかを振り返ります。
  • 従来のシステムの外部委託に係るリスクに加え、クラウド特有のリスクも留意しなければなりません。そのために、クラウドサービスの特徴を基に対応策について解説します。
  • クラウドサービスの利用に係るリスクへの対応は、全社的に実施する必要があります。マネジメントレベルで実施すべき取り組みと、ライフサイクルごとの取り組みに分けて紹介します。
  • クラウド事業者のリスク対策・情報公開――2020年に制度化されたISMAPも取り上げ、国内およびグローバルの各種評価・認証制度の解説、クラウドサービス事業者における各評価・認証制度の利用動向も分析しています。
  • 経営戦略とクラウド、クラウド投資の方針、人材の最適化など、経営層が理解すべきリスクや機会について、よくあるケースを想定し、会話形式でお伝えします。

*各府省で政府情報システムを整備するにあたって、クラウドサービスの利用を第一候補として検討するという方針「クラウド・バイ・デフォルト原則」から、民間企業も指針に則る時代になるという意味で使用。

以上

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。
詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。
詳細はこちら

引用元:PwCあらた、「クラウド・リスク・マネジメント 新版」を発刊 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_監査経験はスタートアップで活きる?ふたりの若手会計士がスタートアップへの転職を語る:監査法人からスタートアップへの転職

    監査経験はスタートアップで活きる?ふたりの若手会計士がスタート…

  2. 弥生PAPカンファレンス2019秋後編_サムネイル

    会計事務所の生産性はどうすれば向上するのか?:弥生PAPカンファレ…

  3. エスネットオフィス画像11

    会計コンサルタントってどんなところで働いてるの?エスネットワー…

  4. 会計士はどんな本を読んでいるのか?2015年に公認会計士ナビで売れ…

  5. 会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務の未来図とは?:弥生PAPカンファレンス2019秋・東京レポート(前編)

    会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務…

  6. 公認会計士のリアル_4_山田一也氏_サムネイル

    26歳の公認会計士がベンチャーに飛び込んだ話(公認会計士のリアル …

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント