人事労務freee、複数時給対応機能をリリース 時間帯ごとの時給設定が可能【PR】

【PR:freee様】freee株式会社

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木 大輔、以下「freee」)は「人事労務freee」において、1人の従業員に対して複数の時給を設定することができる複数時給対応機能をリリースしました。
今回のリリースにより、曜日・時間の違いに複数の時給で対応している事業者が、従業員に付与する時間帯ごとの時給を設定することが可能となります。給与明細画面

複数時給について

曜日・時間などに応じて設定している、基本時給とは異なる時給を指します。人事労務freeeの複数時給は通常の所定内労働に対する時間のみに適用され、残業や時間外労働などは基本時給を元に計算されます。
以下の例のように、曜日・時間によって複数の時給がある場合、人事労務freeeでは従業員に付与する時間帯ごとの時給を設定することができます。

<例>

  • 平日と比較して週末は忙しいため、土日の時給を高く設定するケース
  • 夕方勤務希望の従業員を募集してもなかなか集まらないため、17:00~21:00の時給を高く設定するケース

複数時給の設定方法について

複数時給の設定画面

人事労務freeeの管理者が時給の異なる時間帯を登録し、従業員ごとに時給を設定することができます。勤怠登録内容を元に給与が自動計算されます。

登録方法の詳細

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/900004227543

本件に関するお問い合わせ先

freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp

会計事務所の強みになるクラウド会計ソフトfreee

クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_new

freeeを活用する会計事務所が増えているのには理由があります

スモールビジネスと向き合い、唯一無二の強みを一緒に作りませんか?無料のオンライン説明会実施中。
まずは気軽にご参加ください。

オンライン説明会のお申し込みはこちら

引用元:人事労務freee、複数時給対応機能をリリース 時間帯ごとの時給設定が可能に | プレスリリース | corp.freee.co.jp

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 第10回公認会計士ナビonLive!!登壇者

    【開催報告】第10回 公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

  2. 【開催報告】会計士にブルーオーシャンはあるのか!?第7回・公認会…

  3. 平成29年度_修了考査_2017_thumb

    1,065名が合格!平成29年度・修了考査合格発表に関する速報と考察 …

  4. BridgeConsulting 取締役COO・公認会計士・税理士・大庭 崇彦

    会計士はライバルから仕事を貰える!?会計士は独立後も仕事に困り…

  5. 公認会計士業界時事ニュース

    トーマツが作業専従の部隊を設立、教材不正コピー事件など2件:今月…

  6. 公認会計士試験 合格者数

    平成24年(2012年)公認会計士試験 合格発表に関する考察

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント