スタートアップに行くならインチャージを経験すべき?CFO会計士でエンジェル投資家・石倉氏が語ったキャリア論【第8回・公認会計士ナビon Live!!(3)】

  • 2018/8/21

来る2018年9月1日(土)に東京・茅場町にて「会計士とスタートアップの関わり方」「“フリーランス会計士”というキャリア」をテーマに第9回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。 

本記事では第9回の開催に向けて、今年1月に開催された第8回・公認会計士ナビonLive!!の内容を振り返ります。 

第8回 公認会計士ナビonLive!!のトークセッションでは、「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」をテーマに、事業会社とコンサルティングファームで活躍する5名の公認会計士と、会計業界に精通した転職エージェントでもある公認会計士ナビ編集長が、公認会計士のキャリアについて語りました。 

※本記事はセッションでの発言を一部補足・編集した記事となっております。

第8回 公認会計士ナビ on Live!!

~公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?~

【日時】 2018年1月27日(土)13:30~16:30
【場所】 野村コンファレンスプラザ日本橋6階
【トークセッション テーマ】公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?
【登壇者】
・東 陽亮(株式会社GameWith 取締役管理部長 公認会計士)
・石倉 壱彦(株式会社3ミニッツ 取締役CFO 公認会計士)
・長田 新太(グローウィン・パートナーズ株式会社 シニアヴァイスプレジデント 公認会計士)
・武地 健太(freee株式会社 専務執行役員CPO(Chief Partner Officer) 公認会計士)
・渡辺 匡章(株式会社エスネットワークス マネージャー 公認会計士)
【モデレーター】
・手塚 佳彦(公認会計士ナビ編集長/株式会社ワイズアライアンス 代表取締役 CEO)

※登壇者の役職、肩書等はイベント開催時のものです。

本記事では、トークセッション「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」より、株式会社3ミニッツ 取締役CFO 石倉壱彦 氏のコメントをご紹介します。

登壇者

石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

石倉 壱彦
株式会社3ミニッツ
取締役CFO/公認会計士

2005年、公認会計士2次試験合格。KPMGあずさ監査法人において、国際部にてSEC監査クライアントをはじめ、国内外の大手企業等、数多くの会計監査業務やアドバイザリー業務等に従事。2012年よりジオンコンテルティング株式会社取締役就任し、株式会社サイバーエージェントを含む複数のベンチャー企業の経営コンサルティングに従事。2013年より株式会社アカツキにおいて、経営管理部長として、大型ファイナンスやIPO業務を担当後、2014年に監査役に就任。2016年に東証マザーズ上場へ貢献。 2015年より株式会社3ミニッツの取締役CFO兼経営管理部長に就任。創業時からコーポレート部門の統括の他、事業の立上や組織設計の構築に従事。2017年にグリー株式会社との大型M&Aのディールを成功させる。M&A後は、PMIに従事。エンジェル投資家としてスタートアップへの投資活動も行っている。

※所属企業・役職等はイベント登壇時のものです。

スタートアップで得られた知識、経験、人脈、そして未来をつくる体験

あずさ監査法人から独立し、サイバーエージェントなどのベンチャー企業の会計コンサルティングに従事していた石倉氏。

その過程で知り合ったアカツキのIPOを経営管理部長、監査役としてリードし、現在は、自身も共同出資した3ミニッツの取締役CFOを行いながら、エンジェル投資家としてスタートアップへの投資活動も行っている。

3ミニッツのCFOとしての仕事に従事しながら、常にチャットやメッセンジャーでも投資先とコンタクトを取り続ける、会計業界を飛び出しスタートアップ業界の住人として日々、熱く働く会計士だ。

そんな石倉氏だが、これまでのスタートアップ業界での経験から4つの魅力的な体験を得たと語った。 

知識と経験-会計以外の仕事が経験値を上げた

石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

スタートアップでは知識経験人脈、そして、自分の好きなことで未来を作るということの4つを経験することができたのが大きな財産になっています。

知識に関しては、経理など会計に関する経験ができたのはもちろんですが、資金調達やM&Aにおいて修羅場経験を積めたというのは大きいです。

例えば、種類株や優先株がまだ一般的でない中でのファイナンスを経験できましたし、M&Aでも資金調達でも、IPOでもそうですが、金融機関やVCの方々と働くということは彼らと交渉を行わなければならない。今の自分は交渉事にも自信を持っていますが、最初は交渉相手が何を求めているかも手探りで、厳しい交渉をこなす中でひとつひとつ学んで、交渉に強くなることができました。

ふたつめの経験で言うと、今はCFOとしては、経理や財務の実務はチームのメンバーに任せていて、人事や採用、広報、法務、それに伴う組織づくりをメインで行っています。

3ミニッツはゼロから会社を作ったので、どうやったらまだ無名の会社に人が集まってくれて、魅力的な組織を作れるのか、また、どうやれば3ミニッツで働く意義や魅力が伝わるのか、経営する立場になってそういったことを考える機会が増え、人として自分を成長させる良い経験になったと思います。

業界のキーマンに出会えるチャンス、未来を決める面白さ

石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

現在、エンジェル投資家としても活動し、起業家や投資家とのつながりも有する石倉氏。その人的ネットワークをどのように作ってきたかも語ってくれた。

みっつめの人脈に関しては、アカツキも3ミニッツもマーケットが出来上がる前にチャレンジしたため、その過程でネット業界のキーマンの方々との信頼関係を築くことができました。

3ミニッツの場合、動画事業のマーケットが成長している中、急速に会社が成長していたので、ファイナンスや事業提携を進める際に、各業界でご活躍されてる方々と一緒に仕事ができる環境が自然とできました。

新しいビジネスにチャレンジするということにはこういった人脈を得るチャンスもあります。私自身、現在はエンジェル投資家として活動を行っていますが、そちらにおいても自ら投資先を探すのではなく、紹介によって投資機会を頂いています。

そして、最後の未来をつくる経験ですが、やはり自分たちで意思決定して決めていけるところは大きな魅力です。

コンサルの仕事ではクライアントのニーズを聞いて業務を行いますが、スタートアップの場合は何もないところからやりたいことを決めて、戦略を決め、メンバーを集め、勝ちに行く。事業会社は成長し続けなければならない大変さもありますが、そこを自分たちの責任で決めて実行していける、自分たちや新しい業界の未来を作っていけるところに面白さがあると思います。

監査法人での経験はスタートアップで活きたのか?

スタートアップでは何を意識して働くと良いのか?

石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

スタートアップへの転職に興味のある会計士であれば、IPO準備や資金調達などの経験を積みたいと考えるだろう。しかし、石倉氏は「スキルや作業ではなく、その先にある価値を意識すべき」とアドバイスを送る。

IPO準備や決算などの作業はとても大事ですが、それらはあくまで会社を運営していく上での手段で、事業に活かせてはじめてバリューが出ると考えて取り組むのが良いと思います。

例えば、決算を早く締められることは非常に大事ですが、早いことに自体に価値があるのではなく、会社としてのバリューはそれができた上で更に何ができるかというところにあります。決算が早く締まれば経営判断も早くできますし、早くIRを行える、早く調達ができる。そういったところが根本的なバリューなので、バックオフィスの仕事の価値はどこにあるのかを考えることが大事だと思います。

監査法人での経験、役に立ったのは意外にも…!?

また、石倉氏は監査法人での経験で役に立ったこととして「内部統制」を挙げた。

監査法人の仕事では、内部統制の経験がスタートアップで最も活きたと思っています。正直、内部統制の仕事は好きではなかったのですが、それが一番役に立ちました。

内部統制の仕事では会社がどういったフローやルールでまわっているかを知ることができ、その知見が大きく活きています。私の場合、東証一部上場の大企業の監査を担当していましたので、いわゆる教科書的な、内部統制のあるべき姿を見ていました。

スタートアップは事業を速くに進めていかなければならないので、杓子定規に内部統制を適用していては事業がまわらないのですが、大企業のあるべき内部統制を見ているので、スタートアップではどこに優先的に統制を効かせていくのかを判断するのに役立ちました。

あとは、自分でも勉強できることなので、必ずしも監査法人での経験がというわけではないですが、スタートアップはキャッシュが大切で、納税で大きくキャッシュが減ってインパクトがあるので、税額計算の経験もよかったとも思います。

スタートアップに行くならインチャージを経験すべき?石倉氏の答えとは

監査法人から転職を考える公認会計士の多くが気になるであろう「監査法人ではインチャージまで経験しておくべきか」という疑問。その問いに石倉氏はこう答えた。

スタッフだから、インチャージだから、と言うのはあまり関係がないと思っています。

と言うのが、スタッフだから見ることができず、インチャージだから見ることができるものがあるかというとそうではなく、スタッフでもインチャージと同じものを見ることができます。重要なのはそこの好奇心を持って仕事をするかどうか。

私もスタッフ時代は、先輩や上司と一緒に作業をしながら見ることのできる資料は積極的に見ていました。

リスクを意識しすぎず、目的をはっきりさせよう

後輩会計士からのキャリア相談でよく聞かれる内容は…

石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

石倉氏は会場の会計士に対して「転職の際には目的をはっきりさせることが大事」とアドバイスを送った。

会計士が転職する時に一番考えるのがリスク。キャリア相談に来た若手会計士から一番聞かれるのは、心配じゃなかったですか?ということ。ただ、会計士は資格があるし、学歴が良い人も多いので、もっとチャレンジするべきだと思っています。

私の周りのスタートアップの経営者の人たちを見てると、もちろん会計士でもないし、高学歴でなくても、リスクをとっている人、活躍している人、成功している人、素晴らしい人たちがたくさんいます。会計士資格があれば少なくとも食いそびれることはないと思うので、チャレンジして欲しいですね。

あとは、目的をはっきりさせること、自分が何をしたいのかをしっかりと考えたほうが良いです。

自分も転職活動をした時にはコンサルや金融の内定も貰っていましたが、事業会社で経営に携わることが目標だったので、それに早く取り組もうと事業会社を選びました。

やはりコンサルは給与も良いのでそういった理由で受けていた部分もあったのですが、自分にとっての一番大事な部分はそこではなかった。転職ではいろいろ気になると思いますが、目的をはっきりすることが大切だと思います。

スタートアップ業界で多くの実績を出してきた石倉氏。会場ではその裏ではたくさんの苦労もしてきたとも語ってくれたが、そんな石倉氏が送ったアドバイスは本質的なものばかりだった。

リスクではなく目的を意識する、スタートアップにチャレンジしたい公認会計士にとって大切なマインドセットが伝わったセッションだった。

公認会計士ナビの転職エージェントサービス

公認会計士に専門特化した転職エージェント

公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、公認会計士を専門とした転職エージェントサービスを行っております。業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。転職活動やキャリアプランの作成を親身に、かつ、論理的にサポートします。

本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。ご希望の方は下記よりお申込みください。

転職エージェントサービスを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  2. 先日の記事では、大手監査法人を規模や業績の面から比較しましたが、今回は少し視点を変えて、WEBの世界…
  3. ERP講座導入事例編_サムネイル
    本記事は、東証マザーズ上場の株式会社ビーブレイクシステムズ様のご提供で、クラウドERPパッケージ…
  4. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1
    会計業界やスタートアップ業界を驚かせた会計ソフトシェアNo.1「弥生」によるクラウド請求書サービス「…
  5. レアジョブ英会話・本気塾ロゴ_thumb
    平素より公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、レア…
  6. グローウィン・パートナーズ株式会社_ロゴ_thumb
    平素より公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、グロ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る